製品ガイド

あなたが求めている製品はどれ?

Arcserve Backup -データ保護にもとめられる高信頼性とパフォーマンス-

データ重複排除機能によってバックアップデータやストレージの無駄を省いたり、標準搭載機能でバックアップを高速化できるソフトアップです。さらに、ディスクからディスク、ディスクからテープへのバックアップ多様な方法でのバックアップが可能です。

こんな方におすすめ
  • バックアップを短時間で終わらせたい
  • アプリケーション特有のデータも止めずに保護したい
  • 混在するWindows、Linux、UNIXもまとめてバックアップしたい

特長

Point1 多様なバックアップ方法と確実な復旧環境を実現

Arcserve Backupはバックアップ先を選びません。
安価で汎用性の高い「ディスク」搬性と保管に優れる「テープ」、そして二次保管先として柔軟性と拡張性に優れ、初期コストを抑えることができる「クラウド」のすべてに対応しています。企業やデータによって異なる最適なバックアップ環境、そのあらゆるシーンのデータ保護にご活用いただけます。また、データの復旧時も、自動的に最適な復元元を選ぶ「スマートリストア」などによって、簡単かつ確実に元に戻すことができたり、数多くの機能を備えています。

Point2 ディスクを無駄なく活用できる「データ重複排除」機能を搭載

増え続けるデータを効率的にバックアップするのが「データ重複排除(データデデュプリケーション)」機能です。

作成済みの文書の一部だけを改変して別名で保存したり。また、社内で複数の社員へ配布されたファイルをそれぞれ別の場所に保存した場合、重複したファイルが存在します。そのような場合、Arcserve Backupでは内容が重複したファイルは1度しか保存されないよう「データ重複排除」機能を使ってストレージを大幅に節約できます。

つまり、既にバックアップされたファイルは、同じデータが2度保存されることはないということです。

従来の手法では、問題が生じた際にまずフルバックアップを復旧させ、それまでの差分データを数回復旧させる必要があります。この復旧に要する手間や時間は企業の大きな課題です。また、週に1度はフルバックアップを行わないと復旧の手間が増え、即時復旧が難しくなってしまいます。

データ重複排除のバックアップなら、毎回フルバックアップとなるので、復旧も高速に簡易化できます。

Point3 単純バックアップから長期保存まで標準で対応

基本的なバックアップであるD2D(Disk to Disk)やD2T(Disk to Tape)はもちろん、D2D2T(Disk to Disk to Tape:ステージング)、D2D2C(Disk to Disk to Cloud:ステージング)といった高度なバックアップ機能を備えています。ディスクの持つパフォーマンスとテープの持つ耐久性を使い分けることができ、堅牢なバックアップ体制を実現します。
また、監査証跡の保管をはじめ、法令遵守にも活用できるアーカイブ機能も備えています。この機能により、業務効率の向上を図りながら、ストレージ効率を高めてコスト低減を実現します。いずれの機能も追加オプションは不要です。お客様の要件に応じたバックアップが、本体製品だけで実現可能です。

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談・資料請求はこちら

導入前のお試しはこちら

Arcserve UDP –一瞬も止めることが許されないビジネスの要件に確実に応えることができる次世代の統合バックアップ/リカバリソリューション-

イメージバックアップ、レプリケーション、HA(ハイアベイラビリティ)の機能を統合した豊富な機能を提供します。とにかく簡単な導入、操作と運用管理がオンプレミスやクラウド、仮想・物理環境などの混在環境で実現できます。

こんな方におすすめ

  • 手間をかけずに仮想化共通基盤をバックアップしたい
  • 低コストで災害対策を実施したい
  • 専門知識がなくても簡単に使えるイメージバックアップソフトを探している

特長

Point1 誰でも手軽に、簡単に

OS、アプリケーション、データとシステム全体を簡単に「丸ごととって」、「丸ごと元に戻す」ことが可能です。専門的な知識や特別な設定は一切必要ありません。
ファイル・フォルダ単位でリストアする機能も備えています。慣れ親しんだエクスプローラ画面で、ドラッグ&ドロップするだけで誰でも消えてしまったデータを簡単に戻せます。

Point2 業務継続、災害対策

バックアップ対象サーバー(エージェント)側でデータの重複を排除してバックアップします。またエージェント間でも重複が排除されます。少ないデータ容量でバックアップデータを保存できます。
Arcserve UDPには、標準でバック アップデータの遠隔転送機能が備わっているため、特別なコンポーネントは不要で、大切なデータを遠隔保管できます。

Point3 分かりやすいインターフェイス

初心者でも分かりやすいと好評いただいていたArcserve D2Dを踏襲し、だれでも使える管理画面になっています。さらに、仮想/物理、Windows/Linuxを同じ画面で管理できる統合管理コンソールやレポートで大規模環境のIT 管理者も負担を軽減します。いずれの画面もWEBインターフェイスなので、操作する場所を選ばないこともポイントです。

Arcserve UDP 7300 アプライアンス -中規模環境のバックアップ/リカバリをもっと「簡単」「シンプルに」-

イメージ バックアップ ソフトウェアArcserve Unified Data Protectionがプリインストールされたバックアップ専用サーバーです。搭載したHDD 12TB内に保存できる分だけ利用可能、保護対象台数が無制限のライセンスとバックアップ/リカバリ用に最適化されたハードウェアで、Arcserve UDPの使い勝手をそのままに、中規模環境のバックアップ/リカバリをより簡単かつシンプルに実現します。

こんな方におすすめ

  • 利用するまでのセットアップ作業に極力手間をかけたくない
  • データ容量数十TBまでの中規模バックアップ
  • 仮想環境や、クラウドへ移行を検討している

特長

Point1 インストール不要の簡単セットアップ

バックアップ/リカバリに必要な管理コンポーネントはすべてインストール済。 ウィザードに従い基本的な設定をするだけですぐに使えます。

Point2 メモリ/SSDのサイジングが必要なし

重複排除機能用のSSD(240GB)を標準搭載し、バックアップ用に最適化されたハードウェア。
メモリ/SSDのサイジングが必要なくなりました。ディスク容量もたっぷり12TBあります。

Point3 Arcserve UDP のライセンスを使い放題

バックアップ対象の数や容量に関わらず、Arcserve UDP Advanced Edition のライセンスが使い放題。
後からサーバ台数が増えても安心です。

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談・資料請求はこちら

導入前のお試しはこちら

Arcserve Replication r16.5/Arcserve High Availability r16.5 -リアルタイムでデータを複製-

データ保護・災害対策になぜ「レプリケーション」?

簡単・手軽なレプリケーション。運用管理者の手間がかかりません。
ほぼリアルタイムで複製サーバーにも本番サーバーの変更が反映されるので、万が一障害が発生した場合も本番から複製サーバーへ切り替え、復旧後は本番サーバーから複製サーバーへスムーズに切り替えし、ユーザの仕事を止めることがありません。また、曜日や時間帯でネットワークの帯域幅を調整して、遠隔地にも安全に転送ができます。

こんな方におすすめ
  • テープ搬送で災害対策を行っているが、運用コストをさらに抑えたい
  • 手間をかけずに最新のデータをバックアップしたい
  • 災害時に遠隔サイトでサーバーを復旧したい

特長

Point1 使いやすさに徹底してこだわった管理画面

Arcserve Replication/High Availabilityには、レプリケーションの状況がひとめでわかる各種の管理画面が備わっています。すべて日本語化されており、理解しやすい画面によって、管理者にストレスを与えず、スムーズな操作を実現できます。

Point2 Arcserve Backupと連携し、業務に影響を与えずバックアップ

Arcserve Replicationは、バックアップソフト、Arcserve Backupと連携する機能が備わっています。複製サーバーからテープにバックアップできるので、災害対策拠点へテープを転送する手間を省くことができます。この場合、ユーザは本番サーバーでバックアップを行う必要がないので、本番サーバーへの負荷も軽減されます。

Point3 圧倒的なコストパフォーマンス

災害時は、複製サーバーへスムーズに切り替えができます。
手頃な投資で簡単にデータ保護・災害対策を実現します。中小企業や部門内での利用が可能です。

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談・資料請求はこちら

導入前のお試しはこちら

クラウドバックアップ・Arcserveお役立ち資料ダウンロードはこちら

Arcserve 製品カタログ・ご紹介資料

イメージ:Arcserve 製品カタログ・ご紹介資料

短時間でバックアップ、仮想マシンもバックアップをしたい。災害時の対策も低コストで実施したい。
Arcserve製品のカタログや、お客様への提案にそのまま活用できる製品紹介資料です。

導入事例紹介

イメージ:導入事例紹介

Arcserve製品の導入事例をご紹介します。
Microsoft Azure と連携しバックアップ運用を統一化した事例や、遠隔地へのファイルサーバーリプレースを実現した導入事例をご紹介します。