1. 株式会社ドン・キホーテ-Arcserve UDP 7300 アプライアンス導入編-

株式会社ドン・キホーテ

バックアップ環境の統合で数百万円ものコストを削減

概要

  • 業種:小売業
課題
複数のバックアップソフトウェアが存在していること、運用の属人化とレベルのバラつきがあることに大きな問題を感じていた。
効果
  1. バックアップ時間が5時間から25分に激減、バックアップ確認作業が瞬時に完了
  2. 今後はシステム構築の度に、バックアップ環境を用意したり、設計作業を行わなくてすむため、将来的に数百万円もの節約が可能と確実視している

ドン・キホーテ

導入を検討したきっかけ

おりしも資産管理システムがリプレース時期を迎えた。いままでバックアップに5時間もの時間を必要とし、ときには異常終了することがあった。

リスクを抱えたままの運用が続くことに同社は危惧し、これを機にバックアップソフトウェアを抜本的に選定し直し、物理環境すべてのデータ保護を統合しようと方針を固めた。

Arcserve UDP 7300 Applianceに決めた理由

情報システム部は複数の候補から、OSやDB対応、コストパフォーマンスでArcserveブランドに絞りこみ、最終的にArcserve UDP 7300Applianceを選択した。その理由は…

続きは完全版PDF(無料ダウンロード)よりご覧いただけます!

インタビュー完全版インデックス
  • OSやDB対応、コストパフォーマンスでArcserveブランド絞りこんだ
  • Arcserve UDP 7300Applianceを選択した。理由は、運用とストレージ統合を図ることが可能
  • 対象システムが増えても追加ライセンスは不要で、コストをかけずにデータ保護統合環境の実現が可能

お問い合わせ・資料請求

製品に関するご相談・資料請求はこちら

導入前のお試しはこちら

クラウドバックアップ・Arcserveお役立ち資料ダウンロードはこちら

Arcserve 製品カタログ・ご紹介資料

イメージ:Arcserve 製品カタログ・ご紹介資料

短時間でバックアップ、仮想マシンもバックアップをしたい。災害時の対策も低コストで実施したい。
Arcserve製品のカタログや、お客様への提案にそのまま活用できる製品紹介資料です。

導入事例紹介

イメージ:導入事例紹介

Arcserve製品の導入事例をご紹介します。
Microsoft Azure と連携しバックアップ運用を統一化した事例や、遠隔地へのファイルサーバーリプレースを実現した導入事例をご紹介します。