事例Microsoft Azureの導入事例をご紹介します。

株式会社ジェナは簡単な操作で、タブレットやスマートフォン向けのアプリを作成できるサービス「seap」を法人向けに提供しています。営業・接客ツールやeラーニングなどのアプリが作成可能で、大企業を中心に累計導入デバイス数は約5万台。このサービスの安定稼働に貢献しているのがAzureです。

きっかけ

スマートデバイスと親和性の高いクラウドに注目

スマートフォンやタブレットの市場が盛り上がり始めた2010年。seapのサービスを構想したとき「オンプレミス(社内に置く物理的サーバー)は検討していませんでした」と、株式会社ジェナの代表取締役社長を務める手塚康夫様は話します。理由は「スマートデバイスとクラウドは親和性が高い。端末のパフォーマンスを最大限に発揮するためには、クラウド側で処理をさせた方がいい」。また「将来的に世の中は導入が簡単でコストが低いクラウドが主流になるだろう」という時代を先取りした洞察もありました。

施策内容

PaaSを利用し、安全性を担保しながらスムーズに開発

ジェナ様提供のseapで使われているAzureの構成図

Azure導入決定時から、PaaSでの開発を念頭に置いていました。手塚社長は「PaaSなので1度構築してしまったら、安定稼働するところが良い。構築時の前提条件が制約事項となり、最初に少し苦労するけれども後からは楽になる」と効果を話します。運用面でいうと自動でパッチが提供されるのも、PaaSならではの利点。「コストも抑えられるし、障害発生も抑えられる。大きな障害発生はほぼ100%ない、と言っても良いのでは」と手塚社長は強調します。

seapは法人向けのサービスということもあって、繁忙期や年度末など利用率が急上昇します。しかし「アクセス数に合わせてスケールすることも簡単。管理ポータルですぐに対応ができます」(手塚社長)と、PaaSで構築したことによって、そのような急激なアクセス増にも対応できました。

開発時にも、Azureのメリットは感じられたようです。開発を担当した株式会社ジェーエムエーシステムズに所属し、現在は運用を担当する片寄亜紀子様は「開発の立場からは、複数のテスト環境を簡単に構築できることも、うれしい機能のひとつです。負荷テスト用、動作検証用など、ひとつひとつサーバーを立てると大変なことになるのですが、Azureなら画面のボタンを押すだけで同じ環境をいくつも作ることができる。とてもいいですね」と話します。

結果

法人向けサービスに欠かせない「安定稼働」で運用中

代表取締役 手塚康夫様

現在、seapは障害発生率が非常に少ない安定稼働を維持。「Azureは有効な選択だった。障害が発生して困った!ということが本当にない」と、手塚社長は笑顔を見せます。

さらにAzureを利用したことで、思わぬ恩恵もありました。「やはり法人向けのサービスなので、セキュリティ面は気になるところ。弊社もお客様から、クラウドセキュリティに関するチェックシートなどのセキュリティに関する確認依頼を受けることがあります。でも、既に多くの企業で導入実績があり、運用が安定しているPaaS型のAzureを使っていると、質問の回答にあたり問題となることはほとんどありません。また、Microsoftブランドのサービスであるという点もお客様に安心感を提供しているようです」(手塚社長)。長年の実績が後押しする形で、商談をスムーズに進めることもできるようです。

Microsoft社のサポートも最近は充実しており「サイトのフォームから問い合わせをしても、すぐに折り返しの電話が入る。(有償のサポートプランに)非常に素早く対応してもらえる」(手塚社長)と満足いただいているようです。

今後の計画

Windows対応も視野に

これまでジェナはiPadやiPhoneのiOS向けのタブレットやスマートフォンのアプリ開発支援が中心でした。しかし、Windowsマーケットの成長も視野に入れています。「ノートパソコンとタブレットの境界が徐々になくなりつつあります。iPadはタブレットでノートパソコンではありませんが、Windows 8はタブレットでもありノートパソコンでもあるという、ハイブリッド端末という位置づけ。Windowsは既存の社内システムとの親和性が高く運用管理がしやすい。そして、今まで慣れ親しんでいたWindowsテクノロジーを好む人も多い。この動向は無視できません」(手塚社長)。

Azureもバージョンアップを重ねて、新しいサービスを拡充しています。手塚社長は「Azureの新機能を取り入れたseapを展開していきたい」と意気込みます。

株式会社ジェナ
2006年に設立。社名はアラビア語の「楽園(paradise)」に由来している。スマートデバイスのアプリを簡単に作成できる法人向けクラウドサービス「seap」を運用。国内最大規模100社、600アプリを超える実績のあるアプリ開発サービス、スマートデバイスの導入支援サービスのほか、クリエイティブ事業、コンサルティング事業を展開。環境問題などCSRにも積極的に取り組む。

一覧へ戻る