バックアップ Microsoft Azure環境化で、安心の保守体制を構築

米国政府機関レベルの高セキュリティ

Azureは米国政府機関のセキュリティレベルを満たすJAB P-ATOを取得した初のパブリック・クラウド・プラットフォームです。※
拠点間複製で6多重のバックアップ体制を取っています。

仮想マシンのデータも多重化されるため、強固に自社のデータを守れます。

充実のサポート体制

Microsoftのサポート体制も充実。課金や契約内容については、無料でサポートが提供されます。技術サポートプランの購入も可能です。

導入についてはソフトバンクC&Sのパートナー企業がAzure導入を支援。運用・監視についてはソフトバンクC&S、およびパートナー企業のサービスをご提案いたします。

全世界で対応しているMicrosoftの強み

全世界30カ所のデータセンターのリージョンを持ち、日本にも東日本・西日本の二拠点が存在。日本国内のデータセンター間でデータを保存し、国外にデータを持ち出すことなくBCP/DR対策を実施できます。

こんな場合には…
Azureにバックアップをして解決!

  • BCP / DR対策として社外にデータのバックアップを取りたい。
    東日本・西日本の二拠点でのバックアップが可能。拠点間の多重化など、多くの場合は自動でバックアップされ、管理も簡単。
  • 導入後のシステム変更のユーザー教育が大変。
    これまでと同様の使用感のため、ユーザーへのインパクトは最小限に抑えられます。
  • 運用にかかる負担をできる限り減らしたい。
    仮想マシンにバックアップを取れば、容量は実質無制限。容量不足に悩むこともありません。

Azure利用金額(月額・参考価格)

対象サービス 用途 数量 単価 金額
仮想マシン Windows 標準/A1サイズ バックアップサーバー 1 10.81円/時間 8,045円
ストレージ GRS OSディスク 127GB×1
データディスク(バックアップ領域) 2TB×1
2,175GB ~1TB:9.69円/GB
1TB~50TB:8.16円/GB
19,315円
仮想ネットワーク 拠点間VPN接続 1 3.67/時間 2,732円
帯域幅 データ転送料金
(月間10GBの利用を想定)
10GB ~5GB:無料
5GB~10TB:
14.08円/GB
71円
合計金額 30,163円/月
  • 2016年10月3日時点の東日本リージョンを利用した際の価格例です。価格に税は含まれません。
  • ※上記構成に必要なサービスは、仮想マシン、ストレージ、仮想ネットワークです。加えて帯域幅(データ通信料)が課金対象となります。
  • ※別途社内に置くVPNルータなどが必要になります。
  • ※既存のインターネット環境によっては、別途回線(固定のグローバルIPを1つ)が必要となります。
  • ※上記の構成を構築するには、SIなど別途費用がかかります。
  • ※仮想マシンのスペックなど、上記はすべてサンプルとなります。お客様の条件に合わせて、かかるコストは変化します。

利用サービス

  • 仮想マシン
  • ストレージ
  • 仮想ネットワーク

お問い合わせください。

Azureを利用したバックアップについては、ソフトバンクC&Sにお問い合わせください。