ファイルサーバー Microsoft Azureを使えば、低コスト・低負担で運用可能

ハイブリッドなサーバー構成を実現

オンプレミスとの使い分けによって、柔軟なプランを選ぶことができます。ご予算に合わせて環境を構築し、最適なサーバー構成を実現します。オンプレミスとクラウドをつなぐ技術も、多数提供されています。

System Centerを使えば、オンプレミスとAzureを統合して管理することが可能。これにより、総コストを抑えられます。

Windowsサーバーからの、スムーズな移行が可能

現状のシステムと連携し、少しずつ環境を移行することが可能。
主要な機能については、これまでと同じインターフェイス・機能をご利用いただけます。新たに覚えなければいけない内容を、最小限に抑えることができます。

無料の専用エージェントをインストールし、Azureの使用量のみで、データドライブ、データフォルダを自動バックアップする機能もあります。

こんな場合には…
Azureにファイルサーバーを構築して解決!

  • 物理サーバーの管理が煩雑なので、極力台数を減らしたい。
    Azureに構築することで、運用工数を大幅に削減。System Centerでハイブリッド環境の統合管理が可能。
  • イニシャル、ランニングコストをできるだけ抑えたい。
    Azureなら、ハードウェアの購入、データセンター運用費用が不要。使用量に応じた課金でコストを最小限に抑えられます。
  • Windows Server 2003サポート終了に伴い、システム移行の必要がある。
    常に最新のサーバーを利用できるAzureなら、セキュリティ対策は万全。Windowsサーバーの環境移行もスムーズです。

Azure利用金額(月額・参考価格)

対象サービス 用途 数量 単価 金額
仮想マシン Windows
標準/A2サイズ
ファイルサーバー 1 21.62円/時間 16,089円
ストレージ GRS OSディスク 127GB×1
データディスク 1TB
1,151GB ~1TB
:9.69円/GB
1~50TB
:8.16円/GB
10,959円
仮想ネットワーク 拠点間VPN接続 1 3.67円/時間 2,732円
帯域幅 データ転送料金 5GB ~5GB:無料 0円
合計金額 29,780円/月
  • 2016年10月3日時点の東日本リージョンを利用した際の価格例です。価格に税は含まれません。
  • ※上記構成に必要なサービスは、仮想マシン、ストレージ、仮想ネットワークです。加えて帯域幅(データ通信料)が課金対象となります。
  • ※別途社内に置くVPNルータなどが必要になります。
  • ※既存のインターネット環境によっては、別途回線(固定のグローバルIPを1つ)が必要となります。
  • ※上記の構成を構築するには、SIなど別途費用がかかります。
  • ※仮想マシンのスペックなど、上記はすべてサンプルとなります。お客様の条件に合わせて、かかるコストは変化します。

利用サービス

  • 仮想マシン
  • 仮想ネットワーク

お問い合わせください。

Azureを利用したファイルサーバーのクラウド化については、ソフトバンクC&Sにお問い合わせください。