ソフトバンクC&Sがご紹介する Nintex Workflow for Office 365 Nintex Workflow for Office 365

メニュー

ライセンスについて

Nintex Workflow for Office 365は、作成するワークフローの数に基づく年額ライセンスで、
ワークフローの作成上限数によって分けられた7つのプランにエディションを組み合わせて購入します。

  1. ライセンスについて

Nintex Workflow for Office 365のライセンス

「プラン」と「エディション」

図:「プラン」と「エディション」

各プランにはお客さまの使いかたに合わせて2つのエディションが用意されており、お客さまは「ワークフローの作成上限数ごとに分かれたプラン」と「エディション」の2つを組み合わせでライセンスをお選びいただきます。

※ライセンスに含まれる機能については、こちらをご確認下さい。

7つのプラン

ワークフローの作成数でプランを選ぶ

Nintex Workflow for Office 365は、作成・運用するワークフローの数によって7つにプランが分かれています。
プランごとのご利用料金については、こちらからお問い合わせ下さい。

プラン名 WF最大作成数 作成できるフォームの数 追加購入できる最小単位
Up to 5 Workflows 5 25 5
Up to 20 Workflows 20 100 10
Up to 50 Workflows 50 250 10
Up to 100 Workflows 100 500 10
Up to 250 Workflows 250 1250 25
Up to 500 Workflows 500 2500 25
Over 500 Workflows 500以上 お問い合わせください お問い合わせください
ワークフロー数の基本的な考え方

あなたの会社では、どんな業務フローをいくつ自動化する必要があるでしょうか?
Nintexは、作成するワークフローの数でプラン・ご利用料金が異なってまいりますので、いくつワークフローを作成・運用する必要があるのか、しっかり整理する必要があります。

たとえば、物品の購入申請の際に行われる業務フローについて考えてみましょう。
以下のようなフローがあった場合、申請書の作成~申請書の保存まで、この業務の流れの始まりから終わりまでの一連の流れを、Nintexでは"1ワークフロー"とカウントします。

図:物品購入時申請時の業務フロー例

2つのエディション

プランを選択したら、次はエディションを選択します。 Nintex Workflow for Office 365には、2つのエディションがあり、お客様の用途・使いかたに合わせてどちらかをお選びいただきます。

  • Standard エディション
  • Enterprise エディション
パッケージ内容 Standard Edition Enterprise Edition
Nintex Workflow for Office 365 Standard Edition Enterprise Edition
Nintex Forms for Office 365 Standard Edition Enterprise Edition
Nintex Mobile
Nintex Mobile Enterprise × ○(Workflowにバンドルされています。)
Nintex Connectors for DocuSign
Nintex Connectors for Salesforce ×
Nintex Connectors for Dynamics CRM ×
Document Generation Allowances ○(提供Editionに含まれています。) ○(提供Editionに含まれています。)
Support Standard Enterprise
エディションの違い

Standard エディションEnterprise エディションの違いは大きく分けて3つあります。

サポートの回答時間

Standardエディションには、Standard サポート、EnterpriseエディションにはEnterprise サポートが付帯します。
どちらのサポートも、電話/メールでのお問い合わせをいただけますが、回答時間が主に異なります。

パッケージ内容 Standard Edition Enterprise Edition
利用できるエディション Standard Edition Enterprise Edition
Nintex Forms for Office 365 Standard Edition Enterprise Edition
ソフトウェアアップグレードとメンテナンス
セルフヘルプへのアクセス(webでのQA検索)
カスタマーサポートポータル
電話でのサポート 9時間×5日 24時間×5日
最初の回答へのSLA S1 - 8時間率
S2 - 1営業日
S3 - 2営業日
S4 - ベストエフォート
S1 - 4時間率
S2 - 8時間率
S3 - 1営業日
S4 - 2営業日
専用技術リソースの割当 × 有償
エンタープライズプロビジョニング機能があるかどうか

Enterprise エディションには、エンタープライズプロビジョニング機能が備わっています。
エンタープライズプロビジョニング機能とは、例えば、Office 365のユーザーアカウントをNintexワークフローのアクションの中から準備する機能を提供する機能です。
その他、サイトやサイトコレクションなども準備できます。
例えば、この機能を利用して新入社員が入ってくる4月の時期に、Office 365の新入社員向けアカウントをワークフローで自動化して作成する事が可能です。
アカウントの削除のアクションもありますので、新入社員だけでなく配置換えなどの人事異動にも対応できます。
こうした準備、作成向けのアクションをワークフローの中で実現したいお客さまは、Enterprise エディションでのご契約が必要です。

SalesforceやDynamicsシリーズと連携できるコネクターが提供されるかどうか

Salesforceや、MicrosoftのDynamics シリーズと連携するためのコネクターはEnterprise エディションで提供されます。
これらのサービスとの連携を検討されているお客さまは、Enterprise エディションをお選び下さい。

ライセンスのお見積り・購入方法

ソフトバンクC&Sでは、全国の販売パートナー企業経由でNintex Workflow for Office 365のライセンスを販売しております。

図:ライセンス販売モデル

お見積り依頼や購入をご検討されているお客さまは、お近くの当社の販売パートナーにお声がけいただくか、こちらからお問い合わせ下さい。

詳しく見る

詳しく見る

詳しく見る

国内初のNintex Workflow for Office 365
ディストリビューター
ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、Nintex Workflow for Office 365の販売パートナーとして、国内初のディストリビューターです。
上記製品の他、4,000社の取扱いメーカーの39万点以上のIT商材、モバイル通信をはじめとするネットワークインフラ、これまでに培ったノウハウを活かした各種コンサルタンティングサービスを、7,000社の販売パートナーを通じてユーザー様にご提供することが可能です。
  • Office 365相談センターへ
  • 五味ちゃんにきいてみよう

お問い合わせはこちら