Office365相談センターブログ

ソフトバンク コマース&サービスがおすすめする Office365

Office 365 全般

管理者必見!ユーザー別の使用状況が見える!

  • 2016年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
管理者必見!ユーザー別の使用状況が見える!

Office 365の管理ポータルが新しくなることは随分前から通知されていますよね。
残念ながら、新しい管理ポータルは旧管理ポータルと完全に互換性があるわけではないようで、一部なくなっている機能も見受けられます。
しかし、気になる新しい機能もあるんですよね。
そこで本日は、「新しい管理ポータル(Admin center)の使用状況レポート機能」をご紹介します。

160927.png


◆新しい「使用状況」レポート

ユーザー別の操作、使用状況が簡単に見えるようになりました!
OneDrive for Businessのユーザー別の利用済みの格納域のレポートは、
これまでもユーザーからの要望が多く、ようやっと機能が実装されたといったところ。
現在表示されているレポートはこちらです!

【Exchange Online】
・メールアクティビティ(受信/送信/既読[開封済み])
・メールボックスの使用状況(アイテム数/使用済み記憶域)

【Office】
・アクティブ化(Windows/Mac/Windows10 Mobile/iOS/Android別)

【SharePoint Online(サイト)】
・SharePoint のアクティビティ(表示・編集/同期/内部共有/外部共有)
・SharePoint サイトの利用状況(ファイル/表示・編集/使用済み記憶域)

【OneDrive for Business】
・OneDrive のアクティビティ(表示・編集/同期/内部共有/外部共有)
・OneDrive の利用状況(ファイル/アクティブ/使用済み記憶域)

【Skype for Business】
・Skype for Businessのアクティビティ(ピアツーピア/開催した会議/参加した会議)
・Skype for Businessのピアツーピア/会議開催者/参加者のアクティビティ
(IM/音声/ビデオ/アプリケーション共有/ファイル転送/音声の時間/ビデオの時間)

【Yammer】
・Yammerのアクティビティ(投稿/既読/"いいね"と評価)

◆レポート(集計)情報はエクスポートもできる

使用状況レポートの情報は、csv形式でエクスポートもできます。
管理者の方からするとユーザー別の利用状況が簡単に見えるのは嬉しいですよね。



Office 365 相談センターでは、法人のお客さま向けにOffice 365の最新情報をご提供しています。
法人でのOffice 365導入やご利用についての質問は、Office 365 相談センターまでお気軽にご相談下さい。
――――――――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
Office 365相談センター
03-6858-6466 office365@licensecounter.jp
平日 10-12時 13-17時(土日祝除く)


Office 365 相談センター

Office 365 相談センター アドオンソリューション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※こちらの記事は掲載時の情報となり、今後変更となる可能性がございます。

Office 365 相談センターへお問い合わせ
このページのトップへ
このページのトップへ
Office 365 相談センターへお問い合わせ