Office 365用語集

様々なプラン、パッケージ、専門用語があるOffice 365。Office 365相談センターにも用語やその内容についてのお問い合わせを多くいただきます。このページではOffice 365に関連する用語について一覧にまとめました。

A

Active Directory

Windows Server の持つユーザー/端末管理機能。
企業においてはドメインを構築し、組織階層、部署を定義し、ユーザー情報(ログインID、パスワード等)が 管理できます。

​Active Directory Rights Management サービス
Office 365の安全性を強化するオプション。
Office 365で利用するOffice文書/メールの暗号化やアクセス制限(転送/コピー禁止、印刷禁止、PrtScreen禁止)が可能。
Plan Enterpriseのみ機能をオプション提供。(E3のみ標準機能で提供)

B

C

CSV
CSVは「Comma Separated Value」の略。
データをカンマで区切った形式で、ファイル自体はテキストファイルとなる。
Office 365では、複数のユーザーを一括して登録する際などに使われる。

D

Dir Sync
Office 365の管理ツールの1つディレクトリ同期ツールのこと。
Active Directoryのユーザー情報(ディレクトリ)をOffice 365側に同期(登録)するためのツール。

E

Excel
マイクロソフトが開発している表計算ソフト。セルと呼ばれるマス目を使って複雑な計算を行うことが可能。
Exchange Active Sync
スマートデバイス用のデータ同期ソフトウェア。
スマートフォンやタブレット端末からOffice 365へ接続する場合、Webブラウザーを利用する方法と、Exchange Active Sync(EAS)で接続する方法の2種類がある。EASを利用してアクセスすると、メールや予定表、アドレス帳のアプリケーションを介してOffice 365の情報を利用できる上、プッシュ通知も対応しているので、リアルタイムに最新情報を得ることが出来る。
Office 365からスマートデバイスの遠隔消去(リモートワイプ)が可能。
Exchange Server
マイクロソフトが開発しているメールの送受信や予定の共有などを行うためのサーバー製品。
サーバー用OSであるWindows Server上で利用する。Office 365は、このExchange Serverを「Exchange Online」としてクラウド上で利用できるようにしている。
eDiscovery(電子情報開示)
「Electronic discovery」の略で、日本語では「電子情報開示」と呼ばれる。
電子的な媒体に記録されている情報を、民事訴訟において証拠開示(discovery)すること。
電子情報開示の対象となるデータには、電子メール、インスタントメッセージ(IM)のチャット記録、 Microsoft Office等で作成されたファイル、会計データ、CADやCAMのファイル、ウェブサイトなどが含まれる。
eDiscoveryはOffice 365の監査記録管理機能であり、SharePoint Onlineの管理機能として提供され、 メール/IM(チャット)/ファイルの捜査記録(いつ、だれが、何をしたか)が参照可能。
Plan E3、もしくはSharePoint Online Plan 2のみ提供。

F

G

H

HTML
「HyperText Markup Language」の略。文書の土の部分が見出しでどこが段落なのか、あるいは画像をどこに入れるのかなどを「タグ」と呼ばれる特別な文字列を使って指定する標準的な文書の仕様の一つ。

I

IMAP
「Internet Message Access Protocol」の略。
メールサーバーにアクセスし、操作するためのプロトコル(手順、約束事)のことで、受信側で使われるもの。
受信側で使われるプロトコルにPOPというものもあるが、POPは、ユーザーがサーバーからクライアントにメールをダウンロードし、ダウンロードが済んだメールはサーバーから削除される仕組みになっているのに対し、IMAPはメールサーバーからメールをダウンロードした後も、メールサーバー上にメールを保存したまま管理するという違いがある。これにより、複数のコンピューターから同一アカウントのメールを読む場合には、メールの未読・既読状態や、メールフォルダの構成等が一元管理できるIMAPが適している。
IPフィルター
グローバルIPアドレスによるクラウドへのアクセス制限。
クラウドへのアクセス安全性の強化の際に、特定の接続元(グローバルIPアドレス)からの接続を許可する仕組み。
Microsoft提供のADFSによるアクセス制限、ソフトバンクテクノロジー社のOnline Service GateによりIPフィルター/端末接続制限(認証)が可能。
IRM
「Information Rights Management」の略で、
永続的なファイル レベルの情報保護テクノロジのこと。デジタル知的所有権や機密情報を無断で使用されないよう保護するのに役立つ。
Rights Management Service(アクセス権)と組み合わせセキュリティを強化する仕組み。
IRM/RMSで包括した安全性強化が可能。

J

K

L

Lync

Skype for Businessに名称が変更されました。
IM(チャット)や音声通話、ビデオ会議を実現するアプリケーション。
ファイルの送信やデスクトップ画面の共有も可能。
Skype for Business Online(旧Lync Online)にSkype for Businessアプリケーション(旧Lync アプリケーション)で接続することで上記機能が利用できる。
Skype for Business Web App(旧Lync Web App)と呼ばれるWebブラウザーだけで上記機能を利用することも可能。

M

N

O

OWA
「Outlook Web App」の略、Exchange Online契約者向けに提供されるOutlookのWebメール機能。
Webブラウザーを利用して、メール/予定表/連絡先の情報管理が可能。
Office 365Extra Storage
SharePoint Onlineのファイル保存容量拡張オプションサービス名。
月額換算17円/GBで利用可能な追加オプションサービス。
Office 365Pro Plus
インターネット経由で提供される、Officeアプリケーションのスイート製品。
Office 365の一部サービスとしてOffice 365Pro Plusを提供。
サブスクリプション(定期利用料型)のOffice。
2014年5月時点では、Office Professional Plus 2013と同等のアプリケーション、機能を提供。
Office Mobileアプリ
iOS/Android用のOfficeアプリ。
Microsoft アカウントの利用で無償利用も可能ですが、商用利用としてOffice アプリを利用する場合は、 Office 365の契約が必要です。
iOS/Android端末でオフラインでOffice文書が利用できるOfficeアプリ。
Office Web Apps/Office Online
Webブラウザー上で利用することが出来るWordやExcel、Power Point、OneNoteの各アプリケーション。
通常のOfficeアプリケーションの機能の一部を提供。
複数ユーザーでのオンラインでの同時編集が可能。
インターネット接続がオンラインでのみ、利用可能。
Office for iPad
iPad専用のOfficeアプリ
Word、Excel、PowerPoint、OneNoteをOffice 365ProPlusを含む
Office 365プランを契約時、利用可能。
2014年内には日本での利用も可能になる予定。
Office オンデマンド
Officeアプリケーションをインストールせずに利用できる機能。
インターネットからWord/Excel/PowerPoint/Accessを呼び出し、Officeアプリケーションが使えるサービス。
Officeオンデマンドで提供されるアプリケーションは、機能は通常のWord/Excel/PowerPoint/Accessと同じ機能を提供。
インターネット接続がオンラインでのみ、利用可能。
OneDrive/OneDrive for Business
マイクロソフトが提供するインターネット上にファイルを保存することが出来るクラウドサービス。
OneDriveは個人向けのサービス、OneDrive for BusinessはOffice 365の機能の一つとして提供されている。
OneNote
メモを作成するためのアプリケーション。テキストや画像、動画、音声など様々な種類の情報をメモとして記録できる。スマートフォンやタブレット端末でも使うことが出来る。
Outlook
メールの送受信や予定表およびタスクなどの管理ができるアプリケーション。
Office 365と接続すれば、他のユーザーとの予定表の共有なども可能。
Outlook Express
Windows XP付属の電子メールソフト。

P

PDF
「Portable Document Format」の略で、デジタルデータのファイルフォーマットの一つ。ハードウェアやOSなど、利用している環境が違っても、元々の状態で文書を再現できるのが特長。
POP
「Post Office Protocol」の略で、メール受信方式の種類。
通常メールサーバー側にはメールを保持せずに、Client PC側にメールデータを保管する方式。
複数のClient PCからの接続には不向きな方式。
People
Office 365で提供されているアドレス帳の機能。メールアドレスや電話番号、住所、勤務先の情報などを管理することが出来る。Outlook 2013と同期することが可能。
PowerBI
企業の持つ膨大なデータから必要な分析結果をExcelを使って導き出すツール。
データの分析、分析データのビジュアル化、分析データの共有が可能。
Office 365のPlan Enterpriseのオプション機能(有償として利用可能)。
PowerPoint
マイクロソフトが開発しているプレゼンテーションソフト。プレゼンテーション用の書類を作成できる他、発表時のための機能も数多く備える。

Q

R

S

SLA
「Service Level Agreement」の略で、「サービス水準合意」や「品質保証」とも。多くのクラウドサービスでは、システムの稼働率をパーセンテージで表した割合を品質保証として提示している。
SMTP
「Simple Mail Transfer Protocol」の略で、インターネットでメールを送信するプロトコル(手順、約束事)のこと。メールソフトから送信側メールサーバーへの送信、送信側メールサーバーから受信側メールサーバーへの送信には、「SMTP」と呼ばれるプロトコルが使われる。
SharePoint Server
チーム内での情報共有やドキュメント管理を行うためのソフトウェア。Windows Server上で利用する。
「SharePoint Online」は、このSharePoint Serverをクラウド上で利用できるようにしたもの。
SkyDrive/SkyDrive Pro
それぞれ、OneDrive/OneDrive for Businessの旧称。

T

U

V

W

Webブラウザー
Webサイトの閲覧や、Webサイト上のサービスの利用に必要となるアプリケーション。Windowsに搭載されているInternet Explorerなどがある。
Windows Live Mail
Outlook Expressの後継メールソフトウェア。Windows 7搭載のPCへインストールされているユーザー向けメールソフト。
Word
マイクロソフトが開発しているワープロソフト。主に文書の作成に用いられる。

X

Y

Yammer
企業内向けソーシャルネットワーク。(ゆる繋がりで組織のコミュニケーションを活性化するツール)
Office 365契約者向けに、社内ソーシャルネットワーク機能として利用可能。

Z

あ行

アーカイブ
Office 365におけるアーカイブとは、Exchange Onlineに搭載されている機能の一つで送受信したメールを別途保存する仕組みを指す。
アーカイブ利用時は、通常のメール利用容量50GBの制限が解除され、メール容量無制限。
さらに管理者から全ユーザーのメールの監査、復元が可能。
Exchange Online Plan 2/Plan E3で標準機能提供。
Midsize Business、Exchange Online Plan 1、Plan E1に対しては、Exchange Online Archivingオプションで別途追加利用が可能。
インスタントメッセージ
Lync Online/Lync 2013を利用して送信する、短いメッセージのこと。このインスタントメッセージをユーザーとやりとりする行為が「チャット」。メールよりも短い文章で、会話のように文字でやりとりできるのが特徴。インスタントメッセージに寄るチャット中は、文字だけでなく、相手にファイルを送信することも可能。
インターネット
世界中の企業や教育機関、団体、あるいは個人などが接続する大規模ネットワーク。
ウイルス (コンピューターウイルス)
プログラムやデータの破壊、あるいは画面の書き換えなど、コンピューターを不正に操作するプログラムなどを指す。同様に不正なプログラムを指す用語として、「ワーム」や「マルウェア」がある。
オフラインアクセス
Office 365において、インターネットに接続することなくOutlook Web Appで過去に受信したメールやスケジュールを参照することが出来る仕組み。
オンプレミス
自社に設置(据置)したサーバーの運用形態 クラウドの対義語。
オンラインミーティング
Lync 2013で提供されている、インターネットを介して多人数で会議を行うための機能。PowerPointファイルの内容を書く参加者の画面に表示してプレゼンテーションも行える。

か行

カスタムリスト
SharePointの「カスタムリスト」は、フォーマットの決まった情報を収集・共有するのに便利な機能。収集するデータの種類や質問項目をユーザーが自由に設定し、ゼロからカスタマイズ出来るため、社内のフォーマットに則した形で情報共有のためのオリジナルのリストを作成することが可能。
クライアント アクセス サーバー
クライアント アクセス サーバーの役割は、Outlook Web App および Microsoft Exchange ActiveSync クライアント アプリケーション、Post Office Protocol 3 (POP3)、およびインターネット メッセージ アクセス プロトコル 4rev1 (IMAP4) プロトコルをサポートします。クライアント アクセス サーバーの役割は、自動検出サービスや Web サービスなどのサービスもサポートされる。
クライアントパソコン
本来はサーバーが提供するサービスを利用するパソコンのことを指す。現状では個々の従業員が業務で利用するパソコン全般を指すことが多い。
クラウド・コンピューティング
新しいコンピューターの利用形態で、インターネットを含むネットワーク上で提供されているコンピューターリソースを、ネットワークを介して利用するもの。
グループウェア
ネットワークを利用して情報共有を行うためのソフトウェア全般を指す。
グローバルIPアドレス
グローバルIPアドレスとは、インターネットで相手と通信するために持つ、ほかのアドレスと重複しない一意のIPアドレスのこと。TCP/IPでは、通信相手を特定してIPパケットを送信したり、ルーティングするために必要となる。
コンプライアンス
企業におけるコンプライアンスとは「法令遵守」を指し、法律や予め定められている規則などに従い、事業活動を展開することを意味する。
共有メールBOX
Exchange Online契約ユーザー向けの複数ユーザーで送受信ができる追加メールBOX機能。
無料で50GBのメールBOXを追加でき、アクセス権を持つユーザーであれば、共有メールBOX内でのメールの送受信が可能。
外部共有、外部招待
外部共有:Office 365のファイル共有サービスSharePoint Onlineを使った社内のOffice 365ユーザー以外へのファイル共有設定。
外部招待:Office 365のビデオ会議サービスLync Onlineを使った社内のOffice 365ユーザー以外のユーザーをビデオ会議に招待する設定。
更新プログラム
OSやアプリケーションに対して、昨日の追加や改善、不具合やセキュリティの脆弱性の解消などを行うプログラムのこと。WindowsやOfficeアプリケーションの場合、Windows UpdateやマイクロソフトのWebサイトなどを通じて提供される。
管理者権限
Office 365においては、ユーザーの作成や削除、Office 365全体に係る設定を行うことが出来る権限を指す。管理者が別のユーザーに管理者権限を付与することも出来る。

さ行

サインイン
コンピューターやネットワーク上のサービスを利用する際に必要な操作を行うこと。具体的な操作としては、IDとパスワードの入力などがあげられる。サービスの利用を終了することは、サインアウトという。
サブスクリプション
もともとは「定期購読」などの意味。Office 365では、Officeアプリケーションを月額/年額で利用できるライセンスを指す。
サーバー
他のコンピューターに対し、昨日やプログラムを提供するコンピューターのことをサーバーと呼ぶ。多くのユーザーがサービスを利用するためにアクセスしても適切に処理が行えるように、高性能なハードウェアが使われていることが多い。
サービス
サービスとはサーバー上で提供されている機能やプログラムのこと。多くの場合、利用者はクライアントパソコンを使ってネットワーク経由でサーバーにアクセスしてサービスを利用する。
シングルサインオン
複数のシステムに1つのIDとパスワードでログインすること。
PCへのログイン(ドメインへのログイン)時のIDとパスワード等で他のシステムへ、IDとパスワードの入力無しでログインすること。
Office 365においては、Active Directoryとのシングルサインオン機能ADFSの利用が可能。
ADFS利用時には、ADFS用のWindows Server オンプレミス環境が必要。
シート
Office 365利用ユーザーのこと(単位)。
シート数=Office 365利用ユーザー/ライセンス数
スマートフォン
携帯電話としての機能に加え、インターネット上のWebページや様々なアプリケーションを利用できたり、パソコンのように目的に応じたカスタマイズを行ったり出来る、多機能な携帯型デバイスのこと。
スレッドビュー
関連するメールが一覧表示される受信トレイ等の表示方法のこと。
ソフトウェア アシュアランス(SA)
マイクロソフト ボリューム ライセンスのソフトウェア アシュアランスでは、お客様が購入したボリューム ライセンスの導入、管理、有効利用に役立つさまざまなツールやリソースが提供される。マイクロソフトのテクノロジとサービスを対象とするこのプログラムは、お客様の組織内の IT 管理者やエンド ユーザーの生産性向上、およびテクノロジ投資価値の拡大に貢献することを目的として設計されており、新しい製品バージョンの使用権、トレーニング、導入計画、サポートなどの特典が含まれている。
ソーシャルネットワーク
社会的な繋がりをインターネット上で構築し、その中でコミュニケーションを図るサービスのこと。代表的なソーシャルネットワーキングサービスとしては、Facebook、Twitter、LinkedInなどがある。SNSとも呼ばれる。
受信トレイ
Outlook Web App、あるいはデスクトップアプリケーションであるOutlook 2013において、受信したメールが保存されている標準のフォルダー。

た行

タブレット端末
画面に直接触れて操作するタッチパネルインターフェイスを備えた、板状のコンピューターのこと。Windows 8やAndroid、iOSといったOSが使われる。代表的な製品としては、「Surface」や「Nexus 7」、「iPad」などがあげられる。
チームサイト
部門や部署、あるいはプロジェクトチームのポータルサイトを簡単に作ることが出来る仕組みのこと。チームサイトの中にはライブラリやリストなど様々なコンテンツを配置して、社員間の情報共有や共同作業を行えます。チームサイトの中に別のチームサイトも作ることができるので、部署や案件別にチームサイトを持つことも可能。
テナント
Office 365における ""テナント"" とは、お客様が Office 365にお申し込み手続きされたときに、クラウド上に作成される組織アカウントであり、以下の例にあげるような属性情報を含んでいる。
・組織名、XXX.onmicrosoft.com というプライマリドメイン名 (onmicrosoft.com ドメイン)
・ライセンス サブスクリプション
・ドメイン リスト
・ユーザー リスト
・セキュリティグループ
・役割...など
"ドメイン" 、"Microsoft Online Services アカウント" と呼ばれることもあります。
テンプレート
文書などを作成する際に、参考として使うことが出来るひな形のこと。例えば文書を繰り返し作成する際、予め必要な項目などをテンプレートとして記録しておくことで、2回目以降の作業の負担を軽減することが出来る。
デスクトップアプリケーション
パソコンにインストールして利用するアプリケーションソフトウェアのこと。Office Professional Plus 2013やパソコンにプリインストールされている各種Officeアプリケーションのことを指す。
トランスポートルール
トランスポート ルールは、多くの電子メール クライアントで使用できる受信トレイ ルールに似ている。トランスポート ルールと、Outlook などのクライアント アプリケーションで設定されるルールの主な違いは、トランスポート ルールはメッセージの送受信中に (配信後ではなく) メッセージを処理する点。また、トランスポート ルールにはより多くの条件、例外、操作が含まれるため、より柔軟にカスタマイズされたルールを作成することができる。ビジネス ルールの順守を履行するために、最大 100 個のトランスポート ルールを作成可能。
ドメインレジストラー
ドメインレジストラーは、ユーザーの代わりにドメインを管理しているICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)にドメインの利用を申請する機関のこと。
ドメイン(ドメイン名)
ネットワーク上でコンピューターを識別するための名称の一部で、「example.com」や「example.co.jp」などといった形で表現される。インターネット上で利用されるドメインはICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)によって重複することがないように厳密に管理されている。

な行

は行

バックアップ
コンピューターにおけるバックアップとは、ハードウェアの生涯などによってデータが読み込めなくなるといったトラブルに備え、予めデータのコピーを取得しておくこと。
ファイル共有
ネットワークを利用し、ファイルを複数のユーザーで利用すること。代表的なものとしては、Windowsの「共有フォルダー」によるファイル共有がある。この他、サーバーやファイル共有専用のハードウェア(NAS:Network Attached Storage)を利用することもある。
フィッシング詐欺
IDとパスワード、クレジットカード番号等の個人情報を盗むことなどを目的とした、インターネット上で行われる詐欺行為のこと。
ブログ
Webサイトの形態の一種。一般的に、管理者が投稿した記事が時系列で並べられている。個々の記事にコメントを投稿できる場合もある。
プレゼンス
相手の状態を表す情報(在席状況)のこと。
Lyncでは「在席中」や「オフライン」、「会議中」などといった情報が相手に表示される。
プロパティ
Office 365におけるプロパティとは、ある項目に対する設定内容を指す。例えば、SharePoint Onlineで提供されているWeb サイトでは、個々のページにプロパティがあり、設定内容としてはページのタイトルやWebアドレスなどをユーザーが指定できる。
ポータルサイト
まず最初にアクセスするWebサイトを指すことが多い。従業員向けのWebサイトは「社内ポータルサイト」などと呼ばれる。
品質保証
多くのクラウドサービスでは、システムの稼働率をパーセンテージで表した割合を品質保証として提示している。SLA(Service Level Agreement)とも呼ぶ。

ま行

迷惑メール
一般的に、ユーザーを特定せず無差別に送信される、宣伝などを目的としたメールのこと。スパムメールとも。

や行

ユーザー認証
コンピューターやネットワーク上で提供されているサービスなどにおいて、正当なユーザーであるかどうかを確認するために行われる処理のこと。正当なユーザーであるかどうかを確認するための方法として、パスワードが広く使われている。

ら行

ライセンス
コンピューターにおけるライセンスとは、主としてソフトウェアを実行するための権利のことで、ソフトウェアの開発者からユーザーに対して提供されるもの。通常、代価を支払ってライセンスを購入することで初めてソフトウェアを実行することが出来る。
リスト
Office 365のチームサイトにおいては、ユーザーが登録するコンテンツの一形態で、データベースのように情報が記録される。ユーザーが作成するリストは、「カスタムリスト」と呼ばれる。
リソース
コンピューターが備える資源のこと。具体的には、CPUの計算能力やメモリの記憶領域などがあげられる。
リボン
Office 2007以降のOfficeアプリケーションなどで採用されているユーザーインターフェース。タブを使って機能を分類し、これを切り替えながら操作するのが特徴。

わ行

法人専用 お見積り・ご購入やお問い合わせPurchase & Inquiry

Web見積り・ご購入はこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら

※Office 365 相談センターは法人のお客さま専用の相談窓口です。個人利用のOffice 365についてのお問い合せはMicrosoftの窓口までお願いいたします。

Office 365のお役立ち資料ダウンロードはこちらDownload

Office 365の選び方

Office 365の選び方

「古いOfficeを使い続けるとどうなるの?」「新しいOfficeって?」「自社に合ったOffice 365は?」などなどOffice 365がまるっとわかる資料です!

Office 365のプランと価格早見表

Office 365のプランと価格早見表

プラン名、月額年額の価格、プランの概要が一覧になった表をご用意しました。
この一枚があればOffice 365の価格が一目でわかります。

  1. Office 365用語集