気になるOffice for iPadはどこが使える?

気になるあの「Office for iPad」の使えるポイントをご紹介します!

図:Office Mobile と Office for iPad

Office for iPadで提供されるアプリは次の3つ!

  • Word for iPadアプリ
  • Excel for iPadアプリ
  • PowerPoint for iPadアプリ

ココが使える!Office for iPad活用のポイント!!

1:今までできなかったOffice文書をiPadに直接保存ができる!

Word/Excel/PowerPointファイルをiPad(ローカル)に直接保存ができます!

2:iPad用に進化した専用のOfficeリボン操作!

Office 2013からさらにiPad専用に進化リボンユーザーインターフェースで、iPadのようなメニュー表示と操作ができます。
通常のOfficeに比べると機能数は大きく減りますが、iPadでの活用シーンを十分に補えるよく使う便利機能を提供!

3:メールに添付されたOffice文書をそのまま編集できる!

iPadのメールアプリ、OWAアプリで受信したメールに添付されたOffice文書も、直接参照、さらに編集ができちゃいます!
編集したOffice文書はiPad上に保管(OneDrive for Businessアプリ)ができます!

利用するには何が必要ですか?

  • iPadが必要です!(iOS 7以上)
  • Office 365 ProPlus、またはOffice 365 BusinessのようなOfficeアプリケーションの使用権を含むOffice 365の利用契約が必要です。

[Office アプリケーションを含むOffice 365サブスクリプション(プラン)]

  • Office 365 Enterprise E3
  • Office 365 ProPlus
  • Office 365 Business Premium
  • Office 365 Business

iPhoneでは使えませんか?

iPhoneではOffice for iPadはご利用いただけません。
iPhoneには、Office Mobileアプリが提供されております。

法人専用 お見積り・ご購入やお問い合わせPurchase & Inquiry

Web見積り・ご購入はこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら

※Office 365 相談センターは法人のお客さま専用の相談窓口です。個人利用のOffice 365についてのお問い合せはMicrosoftの窓口までお願いいたします。

Office 365のお役立ち資料ダウンロードはこちらDownload

Office 365の選び方

Office 365の選び方

「古いOfficeを使い続けるとどうなるの?」「新しいOfficeって?」「自社に合ったOffice 365は?」などなどOffice 365がまるっとわかる資料です!

Office 365のプランと価格早見表

Office 365のプランと価格早見表

プラン名、月額年額の価格、プランの概要が一覧になった表をご用意しました。
この一枚があればOffice 365の価格が一目でわかります。

  1. 気になるOffice for iPadはどこが使える?