知って納得!やっぱりPlan Eが売れる理由!!

とっても割安お得なPlan P(Small Business)とPlan M(Midsize Business)がありますが…?

最終段階でPlan Eを選択・・・?

お客様は最終段階で、Plan Eを選択されるケースが多くあります。 「なぜ?Plan Eがいいのか?」。Office 365でやっぱりPlan E(Enterprise)が『売れる3つの理由』をご紹介します!!

写真:Office 365でPlanEが『売れる3つの理由』

『理由その1:やっぱり安く使いたい!単体とパックの混在利用!

Office 365の利用を検討すると... ・メールだけを利用するユーザー ・Office 365 ProPlus+メール+ファイル共有+Web会議を利用するユーザー
社内で利用したい機能がユーザーの部署や役割でバラバラになることがあります...

【管理者のお悩み】

Plan Mはお得だけど、メールだけ使うには割高、、、Plan MとPlan Eは混在して利用できないし。。。

★解決策(賢い買い方)

⇒ Plan Eなら『Exchange Online Plan 1』+『Office 365 E3』が混在して利用できる!! これなら、社内のバラバラなニーズにも柔軟に対応ができ!、さらにコストも実は割安!!

図:最強オプション!Office文書保護!!

『理由その2:最上位プランだけに機能が豊富!』

Office 365の利用を検討すると... ・メールの管理/監視、ファイル共有の管理/監視をしたい! ・管理を一括で実行したい!
管理機能が必要になる局面が多く想定されます。

【管理者の疑問】

.Plan Pはお得だけど、管理機能、安全対策は上位プランは使えるんだろうか?

★解決策(上位プランがオススメ!)

⇒ Plan Eなら『Exchange/SharePoint管理センター』+『PowerShellによる一括コマンド設定』ができる! やっぱり管理が楽にできる画面とコマンドは必要!、上位プランのPlan Eがオススメです。

*Plan Pですが、PowerShellでの管理実行ができるようになるという噂もあります...

『理由その3:最強オプション!Office文書保護が唯一利用できる!』

Office 365の利用を検討すると... ・クラウドに社内の文書を保管するって心配! ・情報漏えい対策を水際で予防できない?
等々、安全対策に関する心配が山ほどあがりますよね。。。

【管理者の不安】

Office 365の安全なプランはどれなんだろう?

★解決策(最強鉄板オプションで決まり!)

⇒ Plan Eなら『Windows Azure Active Directory Rights(Office文書保護機能Rights Management)がある!』 Plan E3ならOffice文書保護機能が標準、Plan E(E1,もしくはExchange/SharePoint/Lyn Online、Office 365 ProPlus)にオプション(月額170円/ユーザー)が追加できる!

『こんなことができる最強オプション!★Windows Azure Active Directory Rights★』 ・メール:暗号化、うっかり転送時のメールへのアクセス禁止、印刷禁止 ・共有ファイル:アクセス権、ダウンロード制御 ・Web会議:画面共有制御 ・Office文書:社外秘設定(アクセス権)、印刷禁止、文書有効期限

とっても、簡単に設定ができる便利で安心な鉄板オプションです!

法人専用 お見積り・ご購入やお問い合わせPurchase & Inquiry

Web見積り・ご購入はこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら

※Office 365 相談センターは法人のお客さま専用の相談窓口です。個人利用のOffice 365についてのお問い合せはMicrosoftの窓口までお願いいたします。

Office 365のお役立ち資料ダウンロードはこちらDownload

Office 365の選び方

Office 365の選び方

「古いOfficeを使い続けるとどうなるの?」「新しいOfficeって?」「自社に合ったOffice 365は?」などなどOffice 365がまるっとわかる資料です!

Office 365のプランと価格早見表

Office 365のプランと価格早見表

プラン名、月額年額の価格、プランの概要が一覧になった表をご用意しました。
この一枚があればOffice 365の価格が一目でわかります。

  1. 知って納得!やっぱりPlan Eが売れる理由!!