1. 利用シーン

利用シーン

SPLAの利用シーンをご紹介します。

SPLA、ボリュームライセンス どちらもソフトバンクC&Sにご相談を

ホスティングサービスの提供や、パブリッククラウドへのソフトウェアライセンス持ち込みなど、企業でのライセンス利用にはさまざまな利用シーンがあります。使用環境により、SPLA、ボリュームライセンスいずれかの選択、もしくは組み合わせが必要になります。ソフトバンクC&Sでは、最適なライセンスの導入のご相談を承っております。

①ホスティングサービスの提供

用途例:在庫管理・受発注システム

SQL Serverを利用し、Windows Server上で動作するアプリケーションサーバーを提供する

自社の社員に提供する場合

用途例:在庫管理・受発注システム 自社の社員に提供する場合

第三者にサービスを提供する場合

用途例:在庫管理・受発注システム 第三者にサービスを提供する場合

②ASPサービスの提供

用途例:勤怠管理・ワークフローシステム

Windows Server上で動作する自社アプリケーションをサービスとしてユーザーに提供する

第三者にサービスを提供する場合

用途例:勤怠管理・ワークフローシステム 第三者にサービスを提供する場合

③仮想デスクトップ環境の提供

【ケースA】用途例:デスクトップ仮想化、DaaS、インターネット分離サービス

サーバーの仮想環境にWindows Client OSをインストールして、デスクトップ仮想化サービスとしてユーザーに提供する

エンドユーザー所有の Windows VDAをハウジングする形で、専用ホスティング環境にて仮想デスクトップ環境を提供する場合

用途例:【ケースA】用途例:デスクトップ仮想化、DaaS、インターネット分離サービス エンドユーザー所有の Windows VDAをハウジングする形で、専用ホスティング環境にて仮想デスクトップ環境を提供する場合

【ケースB】用途例:リモートデスクトップサービス、インターネット分離サービス等、基幹業務サービス

サーバーの仮想環境にWindows Server OSをインストールしてリモートデスクトップサービスで仮想デスクトップ環境をユーザーに提供する

Windows Serverを利用する形で、リモートデスクトップサービスで仮想デスクトップ環境を300名に提供する場合

用途例:【ケースB】用途例:リモートデスクトップサービス、インターネット分離サービス等、基幹業務サービス Windows Serverを利用する形で、リモートデスクトップサービスで仮想デスクトップ環境を300名に提供する場合

④レンタルPC、Office製品の提供

用途例:PCレンタル、インターネットカフェ運営

OfficeをレンタルPCと一緒にエンドユーザーにレンタルサービスとして提供する

【ケースA】:レンタルPCにOffice Standardがインストールされていない場合

用途例: PCレンタル、インターネットカフェ運営 【ケースA】:レンタルPCにOffice Standardがインストールされていない場合

  • ※ SPLA契約に加え、別途変更覚書のご契約が必要です。
  • ※ SPLAでは仮想環境へのWindowsクライアントOSのインストールや、ホスティングによるサービス提供は許諾されてません。
  • ※ Rental Rightsの提供は2016年2月で終了いたしました。WindowsクライアントOSはレンタルPCにWindows OS Proがインストールされていれば、Web許諾のみでエンドユーザーのライセンス利用が可能です。
【ケースB】:レンタルPCにOEMやPIPC、またはボリュームライセンスにて、Office Professional Plusがインストールされている場合

用途例: PCレンタル、インターネットカフェ運営 【ケースB】:レンタルPCにOEMやPIPC、またはボリュームライセンスにて、Office Professional Plusがインストールされている場合

  • ※ Rental Rightsの提供は2016年2月で終了いたしました。WindowsクライアントOSはレンタルPCにWindows OS Proがインストールされていれば、Web許諾のみでエンドユーザーのライセンス利用が可能です。

⑤パブリッククラウド・ホスティングサービスへのソフトウェアライセンス持ち込み

用途例:Microsoft Azure・AWSなどのパブリッククラウド、ホスティングサービスでのソフトウェア利用

パブリッククラウドにソフトウェアライセンスを持ち込む場合

用途例: Microsoft Azure・VMware vCloud Air・AWSなどのパブリッククラウド、ホスティングサービスでのソフトウェア利用 パブリッククラウドにソフトウェアライセンスを持ち込む場合

SPLA契約をご締結いただくと、パブリッククラウドのサービス事業者・ホスティングサービス事業者の共有基盤環境上に、SPLAのライセンスを持ち込むことが可能です。
その場合、SALのみが持ち込み可能となり、PL・Coreの持ち込みは不可となります。
持ち込み先のサービスにより提供形態が異なりますので、詳細はサービス事業者、または弊社までお問い合わせください。

「ライセンスのお得な導入方法が知りたい…」そんなときはソフトバンクC&Sへ

SPLAライセンスコンサル15年の実績

ソフトバンクC&Sには、Microsoftのライセンスプログラムの資格を持った、経験豊富な専門スタッフが多数在籍しております。お客さまに最適なSPLA導入のご提案、導入までのサポートをいたします。

TOPへ

Contact資料ダウンロード・お問い合わせ

SPLAライセンスの選び方など、導入で分からないこと、何でもご相談ください。
お電話でも、Webフォームでもお問い合わせを承っています。

ライセンスコンサル15年の実績

お電話でのお問い合わせ

03-6858-5814

  • 03-6858-5814

受付時間:9:30-12:00、13:30-17:30
※土日祝日、弊社指定休業日は除く

Webでのお問い合わせ

今すぐご相談