1. 契約までの流れ

契約までの流れ

SPLAの契約方法、ライセンス契約の流れをご紹介します。

SPLA契約の流れは3ステップ

SPLAを購入いただく際には、サービスプロバイダーライセンス(SPLA)契約を締結いただく必要がございます。
ご契約の流れやお支払い方法についてご説明します。

契約手続きの流れ

  1. 1 1 弊社とのお取引契約、お申し込み※弊社と初めてお取引される場合
  2. 2 2 マイクロソフトパートナーネットワークへの登録
  3. 3 3 SPLA契約の締結

1.弊社とのお取引契約お申し込み

弊社からSPLAの購入をご希望の場合、弊社とのお取引契約が必要になります。
弊社とのお取引契約のないお客さまは問い合わせフォームより、お問い合わせください。

2.マイクロソフト パートナーネットワークへの登録

SPLAをご契約いただくには、マイクロソフトパートナーネットワークへの登録が必要です。
ご登録をされていない場合は、マイクロソフトのサイトよりご登録をお願いいたします。

マイクロソフト パートナー コール センター

ご登録で不明な点は下記へお問合わせください。
TEL:0120-70-8105
※自動音声が流れますので「3番」をご選択の後「1番 パートナーネットワークに関するお問い合わせ」をご選択ください。

3.SPLA契約の締結

ソフトバンクC&Sにお申込みをいただき、マイクロソフト・サービスプロバイダーさま間において、SPLA契約を締結をする必要があります。
ご契約に関する申込書を送付させていただきますので、SPLA相談センター宛に問い合わせフォームまたは、メールにてご連絡ください。

SPLA契約の流れ

SPLAライセンスの流れ

サービスプロバイダーさまは、ソフトバンクC&Sを経由して、SPLA契約を締結いただき、必要なライセンスを毎月購入いただきます。ライセンスの価格や発注方法等についてはソフトバンクC&Sより、提示いたします。

また、SPLA契約の商流は、マイクロソフト社・ソフトバンクC&S・サービスプロバイダーさまとなり、その間に他の法人さまが経由することはできませんのでご了承願います。

SPLAライセンスの流れ

ソフトウエアサービスリセラー(SSR)とは

サービスプロバイダーは自社の責任においてソフトウエアサービスリセラー(以下SSR)を通じてエンドユーザーへのサービスを提供・再販することができます。このサービスの提供・再販される会社をSSRと呼び、一階層まで設けることができます。SSRはサービスプロバイダーとのSSR契約の元、ライセンスの再使用許諾を受けることにより、マイクロソフトと直接契約を締結することなくサービスプロバイダーライセンスを用いてサービスを提供することができます。サービスプロバイダーはSSRの販売するライセンスを取りまとめ、SPLA流通会社に報告します。

SPLAのご発注手続き

サービスプロバイダーさまは、毎月使用したライセンスを翌月10日までに、ソフトバンクC&Sへ発注いただく必要がございます。
ご発注の際には、前月に使用したライセンスの月次使用報告、または無使用報告を提出いただきます。
また関連会社ご利用分、ソフトウエア サービス リセラーご利用分がある場合も、毎月の報告に含めていただく必要がございます。

  • ※ 月次使用報告・・・最低発注数の条件はございません。
  • ※ 無使用報告書・・・ご利用の無かった月も、指定のフォームで報告いただく必要がございます。

「SPLAのライセンスの契約方法ってよくわからない…」そんなときはソフトバンクC&Sへ

SPLAライセンスコンサル15年の実績

ソフトバンクC&Sには、Microsoftのライセンスプログラムの資格を持った、経験豊富な専門スタッフが多数在籍しております。お客さまに最適なSPLA導入のご提案、導入までのサポートをいたします。

TOPへ

Contact資料ダウンロード・お問い合わせ

SPLAライセンスの選び方など、導入で分からないこと、何でもご相談ください。
お電話でも、Webフォームでもお問い合わせを承っています。

ライセンスコンサル15年の実績

お電話でのお問い合わせ

03-6858-5814

  • 03-6858-5814

受付時間:9:30-12:00、13:30-17:30
※土日祝日、弊社指定休業日は除く

Webでのお問い合わせ

今すぐご相談