導入事例 -株式会社 中京銀行-

Windows XPからの移行に伴うアプリケーションの継続利用を短期間・コストを圧縮して実現

  1. 導入事例 -株式会社 中京銀行-

概要

課題

  • クライアントOS移行に伴う改修作業の膨大なコスト
  • IEのバージョンに依存する業務アプリケーションの延命
  • タイトな移行スケジュール

効果

  1. 大幅に削減された改修コスト
  2. これまでと変わらないレスポンスと操舵性
  3. ライセンス規約違反の排除

中京銀行

導入を検討したきっかけ

1,500台のWindows XPパソコン上の業務アプリケーション延命が課題に

地域に密着した金融機関として、お客様や地域社会、株主に対して常に質の高いサービスを提供している中京銀行様。公共性の高い銀行業務を確実に遂行するため、ビジネスを支えるIT環境にも深く配慮する中京銀行様にとって、 2014年のWindows XPのサポート終了は大きな課題でした。

当時移行プロジェクトをご担当された株式会社中京銀行 事務統括部システムグループ調査役の水谷氏は、「当時、約1,500台に及ぶクライアントPCのOSがWindows XPでした。そこでは業務アプリケーションの安定した継続利用を実現することが最重要課題と考えました。全営業店と本部の融資部門が使う業務システムなど重要な業務アプリケーションの多くがWindows XPを前提に構築されていました。このようなシステムの1つである“格付自己査定システム”を、OSのマイグレーションに対応する形で改修した場合には、3,000万円ほどの見積もりがベンダーから提示されました。
他のシステムをすべて改修となると、この数倍のコストが避けられない状況で、改修以外の対応策が必須でした。」と振り返ります。

最初に代替案として考えたのがデスクトップの仮想化でしたが、スケジュールとコストの問題により、改めて検討した結果、「アプリケーションの仮想化」へ辿り着きました。

アプリケーションをIEブラウザ依存から解放するthinforieを高く評価

最も重要視したのはシステムの安定性

Internet Explorer(IE)のバージョンに依存する重要な業務アプリケーションが複数あり、この継続利用にあたっては、互換ブラウザを使用する必要があり、システムインテグレーターよりthinforieとフリーソフトの提案がありました。
その中、中京銀行様が最も重視したのは、システムの安定性やサポートの充実でした。
銀行業務を使用するという前提から考えると、安定性やサポート対応が非常に重要となります。コスト面だけを考えてフリーソフトを選ぶリスクは避ける必要があると判断しました。Thinforieは、双日システムズが開発した製品ということでサポートも充実しており、導入実績も豊富でした。

コストと移行期間を圧縮、これまで通りの使用感、規約違反の排除など多くの導入効果を発揮

アプリケーションを仮想化していることに気づかないユーザーがほとんど

導入効果について水谷氏は次のように語ります。
「1からアプリケーションを改修した場合や、デスクトップ仮想化という手段を選択した場合では、かなりの額のコストが必要な見込みでした。アプリケーション仮想化のアプローチにしたことで、コストと移行期間を圧縮できたと実感しています。
また、製品ライセンスに関わる規約について、システムインテグレーターからの指摘がありました。具体的にはThinAppの中に直接IE6を取り込むとWindows 7内で2つのIEが動き、ライセンス上での規約違反になるという指摘で、thinforieを導入することによってこれを回避できました。銀行業務を行う上では、このような面についても特に配慮する必要がありました。」

株式会社中京銀行 事務統括部システムグループ調査役の清水氏は、従来通り違和感なくアプリケーションを使用できている点をあげます。「画面上でのレスポンスが落ちるなどの状況が発生しないため、アプリケーションを仮想化していることに気づかないユーザーがほとんどです。ユーザーが違和感なく、これまで通りのレスポンス、操作性で使用できているという点も、重要な導入効果の1つだと考えています」

インタビュー完全版インデックス

  • OS移行に伴う、業務アプリケーションの継続利用が課題
  • アプリケーション改修を行うには膨大なコストが掛かる見通しだった
  • 仮想化アプリケーションを導入し、コスト・移行期間も圧縮でき、導入後も今まで通りアプリケーションが利用できており導入効果を実感

導入した製品

資料ダウンロード・お問い合わせ

仮想化ソリューション資料ダウンロードはこちら

最新のブラウザでも変わらないアプリケーションの操作感

thinforie製品資料

今まで通りIE6/IE8向けに開発されたアプリケーションを利用できるようにするIE互換ブラウザthinforieのご紹介資料です。