1. VMware Horizon 7

VMware Horizon 7

VMware Horizon 7は、単一のプラットフォームからデバイス・場所・接続方法を問わず、仮想/ホスト型デスクトップやアプリケーションを提供可能にします。利便性はそのままにセキュアなリモートアクセスを実現します。

このページの内容

製品概要

仮想またはホスト型のデスクトップ環境をシンプルに管理

企業のICT環境はデスクトップ仮想化にとどまらず、それらを利用するデバイスもスマートフォンやタブレットなど、多様化の一途を辿っています。
Horizon 7はこのような状況に対応した、デスクトップ仮想化を中心とするエンドユーザーコンピューティングに関する機能をすべて保有した製品です。社員や従業員が様々なデバイスや場所から仮想デスクトップに安全にアクセスできる環境を実現します。

特長

「いつでもどこでも」「さまざまな端末から」を実現

「いつでもどこでも」「さまざまな端末から」を実現

Horizon 7により、事業所、自宅、出張先などどこでも、パソコンやスマートフォンなどの様々な端末から、移動中や通勤中などいつでもデータやサービスにアクセスできるようになります。

主な機能

デスクトップとアプリケーションをサービスとして提供

ユーザー環境のイメージを統合管理することで、管理効率を最大化し、コスト削減・コンプライアンス維持・セキュリティーを向上します。デスクトップやホスト型アプリケーション・仮想化アプリケーション・SaaSアプリケーションへ単一の統合ワークスペースからアクセスできます。利便性はそのままにセキュアなリモートアクセスが実現可能となります。

デスクトップとアプリケーションを単一のプラットフォームで

Horizon 7では、Microsoft Remote Desktop Services (RDS)、仮想デスクトップ、ThinAppでパッケージングされたアプリケーションを使用して、ホスト型Windows アプリケーションや共有デスクトップ セッションをWindows Serverインスタンスから提供することができます。これらの環境を単一のプラットフォームで利用者に提供し、社員や従業員が様々なデバイスや場所から仮想デスクトップに安全にアクセスできる環境を実現します。

カスタマイズされた環境を即座に利用者に提供

Instant Cloneテクノロジーと App Volumesを組み合わせて利用することで、基盤環境の要件を大幅に削減し、セキュリティーを向上することができます。利用者がログインするたびに、カスタマイズされた新しいデスクトップとアプリケーションを、利用者に即座に提供します。

デバイス・場所・接続方法を問わずユーザー環境を提供

利用者のデバイスに問わず、直感的に操作可能な画面を提供することにより、Windows環境をモバイルデバイス上で簡単に利用することができます。USBや周辺機器へのアクセスも可能なほか、HTMLブラウザ経由でのアクセスも最適化されています。(Blast Performanceに含まれる機能)

エディション

Horizon 7には3つのエディションがあります。

ピンチアウトしてご確認ください

エディション 説明
Horizon Standard Edition シンプルで強力かつ操作性に優れた仮想デスクトップインフラストラクチャ環境をユーザーに提供
Horizon Advanced Edition デスクトップとアプリケーション管理のための統合ワークスペースを低コストで提供
Horizon Enterprise Edition クラウドの自動化と管理によるデスクトップおよびアプリケーションの提供

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ

VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。

  1. VMware Horizon 7