1. VMware vSphere

VMware vSphere

VMware vSphereとは、VMware vSphere ESXiを含む仮想化ソフトウェアのスイートの総称です。
仮想化プラットフォームを実現します。

このページの内容

製品概要

仮想化基盤の中心的存在

VMware vSphere(以下 vSphere)とは、VMware vSphere ESXi(以下 ESXi)を含む仮想化ソフトウェアのスイートの総称です。
このvSphereにより、仮想化プラットフォームを実現することができます。

仮想化基盤の中心的存在

特長

もっとも実績があるサーバー仮想化ソフトのデファクトスタンダード

vSphereはサーバー仮想化ソフトの中で、世界最多の導入・運用実績を誇る製品です。
数あるサーバー仮想化ソフトの中でも、対応OSが最も多いのが一つの特長と言えるでしょう。
加えて、機能性やさまざまな周辺製品による拡張性、管理面など幅広い面で優位性を持つ、総合的に優れたサーバー仮想化ソフトです。

主な機能

VMware ESXi ~vSphereの根幹をなす仮想化ソフトウェア~

ESXiは、 vSphereの中核となるハイパーバイザー型仮想化ソフトウェアです。
ハイパーバイザーとは仮想化ソフトウェアのことで、ホストOSの代わりにハードウェア上で直接動作する仮想化のためのOSようなものです。
ハイパーバイザー上では、複数の仮想マシンを実行することができます。具体的には、各物理サーバーの上にWindowsやLinuxなどのOSを直接インストールするのではなく、ESXiをそれぞれの物理サーバーにインストールしておくことで、1つの物理サーバー上で複数のOSを動かすことが可能となります。

VMware vCenter Server ~仮想基盤の司令塔~

vCenter Serverとは、仮想基盤を管理する必須のコアサービスです。vSphere環境の管理一元化を行います。
1台の物理サーバーにvCenter Serverをインストールして、vCenter Serverとして使うことができます。仮想マシンにvCenter Serverをインストールして使うこともできます。
また vCenterがインストールされたアプライアンスもありますので、簡単にvCenterを展開することが可能です。

vCenter Serverの役割は、大きく2つあります。

  • 複数のESXiを束ねた統合管理
  • vSphereにあるさまざまな機能(vMotionやHA、DRS等)の有効化

vSphere Client / vSphere Web Client ~仮想基盤の入り口

vSphere Clientとは仮想環境にアクセスするためのインタフェースを提供します。
vSphere ClientはWindowsマシンにインストールして使用しますが、 Web ベースのvSphere Web Client(以下 Web Client)を用いることで、ブラウザ上でのvSphere基盤の運用・監視が可能になります。

従来のvSphere管理機能はvSphere Clientのみでしたが、Web Clientが登場し、今後はWeb Clientに統一されます。

vSphere 5.5以降の追加機能はWeb Clientで対応しています。一部アドオン製品のプラグインに関しては、vSphere Clientでしか使えない機能もあります。

エディション

VMware vSphere Kit 製品

vSphere Kitは、vSphereとvCenterをパッケージにした、バンドル製品です。初めての仮想環境や新たな拠点やデータセンターに設置する場合におすすめです。

VMware vSphere Kit 製品

VMware vSphere Edition 製品

Kitに対してEditionは、個別購入となります。機能や必要な構成を理解して購入する必要がありますので、追加購入や最小限の構成の際などにご利用されるケースが多いです。

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ

VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。

  1. VMware vSphere