Fusion 360という名前は伊達じゃない! - 3D Fab|新しいデザイン、ものづくりを紐解く

3D Fab

Fusion 360という名前は伊達じゃない!

Fusion 360は、単なる3D CADではありません。「Fusion」とは、融合という意味の単語ですが、その名の通り、3D CADだけでなく、高品位なレンダリングやCAM、CAEなどの機能も統合した、他に類を見ない統合型の製品開発プラットフォームなのです。

製品開発におけるオフィスソフトのような位置付け

Fusion 360は、何のソフトなのでしょうか?「もちろん、3D CADですよね」と答える方が多いかもしれませんが、それは正解ではありません。「Fusion」とは、融合という意味の単語です。その名の通り、Fusion 360の正体は、製品開発のすべて(360度)をカバーする統合型プラットフォームなのです。Fusion 360は、バージョンアップとともに機能が追加されてきましたが、現時点でも、3D CAD、レンダリング、CAM、CAEといった機能が実現されています。それぞれの機能は、十数万円から数十万円程度で販売されている専用ソフトと比べても遜色がなく、企業の製品開発の現場でも十分に活用できるレベルです。

Fusion 360に統合されている機能を簡単に説明しましょう。Fusion 360の最も基本となる機能が3D CADです。3D CADとは、3D空間内で製品の設計を行うためのツールです。3D物体の形状を作成することをモデリングと呼びますが、Fusion 360では、さまざまなモデリング方法を利用できるので、柔軟なモデリングが可能です。レンダリングとは、3D CADでモデリングした物体を、本物の物体のように美しく表示する機能です。CG映画を思い浮かべてもらえばわかると思いますが、リアルなCGには材質の質感や周囲の照明の映り込みなどが反映されています。Fusion 360でも、物体の材質やライティングを指定して、カメラで撮影したようなCG映像を実現することができます。CAMとは、3D CADで作成された3Dデータを、CNCと呼ばれるコンピューター制御された加工機器用のデータに変換するためのソフトです。また、CAEとは、解析やシミュレーションを行うためのソフトで、Fusion 360では、静的応力やモード周波数、熱解析、熱応力の解析が可能です。静的応力解析では、設計した製品のどこかに力を加えたら、どこにどれくらいの力がかかって、どれだけの力が加わったら壊れてしまうのかを知ることができます。モード周波数では、製品に振動が加わったときに、どのように形が震えて、どこにどのくらいの力が加わるのかということがわかります。

スペック_1.jpg

CAM機能では、ツールパスを作成して工具の動作シミュレーションが可能

Fusion 360は、クラウドを最大限に活用するように設計されていることも特徴です。データをクラウド上に保存するため、いちいちデータをコピーしなくても、別のPCですぐ作業の続きができるほか、同じプロジェクトにかかわるチーム内でのデータ共有も容易です。また、クラウド上のサーバーを利用してレンダリングを高速に行う機能も備えています。さらに、チャット機能やライブビュー機能などのコラボーレション機能も備えていますので、チーム内のコミュニケーションを促進することができ、大規模なプロジェクトの生産性を格段に高めることができます。

このように、Fusion 360は、単なる3D CADではないのです。ビジネスソフトの世界では、ワープロソフトや表計算ソフト、プレゼンテーションソフトなどが統合されたオフィスソフトに人気がありますが、Fusion 360は、製品開発におけるオフィスソフトのようなものだと思えばよいでしょう。