【Fusion 360応用テクニック】CAM編 チュートリアル - 3D Fab|新しいデザイン、ものづくりを紐解く

3D Fab

【Fusion 360応用テクニック】CAM編 チュートリアル

こんにちは、3Dワークスの三谷 大暁です。

Fusion 360の応用テクニック第一弾として、Fusion 360のCAM機能の使い方をご紹介します!

CAMとは

CAMとはComputer Aided Manufacturing(コンピュータ支援製造)の略語です。

3Dデータを元に、木材やプラスチック、金属などを削ってカタチを作るCNC工作機械を動かすソフトウェアです。

通常はCADソフトとCAMソフトは別のソフトになっており、それぞれのソフトを学ぶ必要がありましたが、Fusion360はその両方をシームレスに使用することができます。

では、以下のサンプル形状で実際の流れをご紹介します。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

加工準備

[セットアップ]-[セットアップ]で①座標を計算するための原点と②材料のサイズを設定します。

黄色の形状が材料のサイズになります。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

Fusion 360応用テクニック -CAM編

加工方法を選ぶ

切削加工の順序は、全体的に材料を削り取る「粗取り」から、「再粗取り」、「中仕上げ」、「仕上げ」といった形で徐々に完成形に近づけていきます。

まずは、「粗取り」のための[3D]-[負荷制御]を選択します。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

工具を選ぶ

使用する工具を選択します。

今回はフラットエンドミル(スクエアエンドミル)で粗取りを行います。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

加工条件を設定する

次に工具の「回転数」、「移動速度」、「一度に削る深さ」などの条件を設定します。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

ツールパス計算実行

加工条件が設定できたら、ツールパスが作成されます。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

シミュレーション

ツールパスが作成されたら、どのように削られていくのか[アクション]-[シミュレーション]で確認します。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

Fusion 360応用テクニック -CAM編

この後に仕上げ用の「等高線」や「走査線」などのツールパスを作成して、製品を仕上げます。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

ポストプロセッサ処理

ツールパスが完成したら、工作機械を動かすためのデータを出力します。

ここで、使用するのがポストプロセッサと呼ばれるプログラムです。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

実は、工作機械によってデータの記述方法が大きく異なります。CAMで作成したデータを、各工作機械用のポストプロセッサを通して変換することで、機械が動かせます。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

CAD / CAMの連携

最後に、CADとCAMが一体化しているFusion 360ならではのメリットをご紹介します。それは製品形状が修正された場合です。

Fusion 360応用テクニック -CAM編

別々のソフトを使用している場合は、「CADから3Dデータの出力→CAMで3Dデータの読込→3Dデータの置き換え→ツールパスの設定修正→ツールパスの再計算」という5ステップが必要となります。また、各ステップで様々な確認事項があるため、非常に手間がかかります。

しかし、Fusion 360の場合は、「CAM作業スペースへの切り替え(2クリック)→ツールパスの再計算(2クリック)」の2ステップ、マウスを4回クリックするだけで修正が完了します!

Fusion 360応用テクニック -CAM編

Fusion 360応用テクニック -CAM編

このように、単純なCAM機能も素晴らしいですが、CAD/CAMが連携していることで、最終形状の製造までの時間が大幅に短縮されます。

みなさんもCAM機能でものづくりの新しいステップにチャレンジして下さい!

3D CADソフト『Fusion 360』(フュージョン・スリーシックスティ)の製品詳細はコチラ

【無料ダウンロード!】Fusion 360 入門ガイド

★Fusion 360専任スタッフが、皆さまのご相談にお答えします。
お問い合わせはコチラ

三谷 大暁 3Dワークス株式会社 最高技術責任者

1984年鳥取県倉吉市生まれ。 横浜国立大学在学中に「ものづくり」に興味を持ち、製造業に飛び込む。 3D CAD/CAMソフトウェアを通じて多数のコンサルティングの経験を持ち、製品設計・金型設計・マシニング加工等、「設計から製造」までの幅広い業種の知識を生かした現場目線の問題解決を得意とする。 誰でも「ものづくり」ができる世界を目指し、3Dワークス株式会社の立ち上げメンバーとして参画。