Fusion 360で超簡単ノベルティ作り。面白法人カヤックのロゴを3D化してみた - 3D Fab|新しいデザイン、ものづくりを紐解く

3D Fab

Fusion 360で超簡単ノベルティ作り。面白法人カヤックのロゴを3D化してみた

3D Fabではこれまでもさまざまな体験レポートを掲載してきましたが、今回はノベルティ作りに挑戦した様子をレポート。ソフトに慣れた人なら30分ほどで完成できるこの作業を、いつもより詳しく解説します。

ノベルティ化するのは面白法人カヤックさんのロゴ

自社でノベルティを作りたいと思っても、外注するにはコストや時間がかかると二の足を踏んでいた方でも、作りたいロゴの2Dデータさえあれば、Fusion 360を使って簡単に3D化し、3Dプリンターを使って立体造形物を作ることができます。

せっかくなので、わくわくするようなロゴをノベルティ化してみたいと、編集部が候補にあげたのが面白法人カヤックさんのロゴ。WEB界隈では話題に事欠かない、自由過ぎる社風でも有名な企業です。こちらのロゴをFusion 360で3D化させてもらおうと早速カヤックさんに提案してみたところ、すんなりOKをもらえました。フットワークの軽さに驚いていると「社員も好きにアレンジしているので、どうぞ自由にメディアカラーに染めてください」と、Illustratorで作成した会社ロゴの2Dデータをいただきました。

kayakku_01.jpg

SVG形式のデータなら3D化の作業は超簡単

以前の記事でも2Dのデータから、Fusion 360を使って3Dデータ化する方法を紹介しましたが、その時はPhotoshopなどで描いた画像データでから始めました。下絵に沿って、「スプライン」機能を使って輪郭を手でポチポチ指定していく必要がありました。しかし、Illustratorなどで作成したSVG形式のデータなら、最初から輪郭線のベクトルデータになっていますので、そうした作業は一切不要です。

手順は以下の画面キャプチャに示した通りです。まず、SVG形式のロゴデータを読みこみ、ロゴの面をクリックして選択します。次に、「押し出し」機能で、面を持ち上げて立体化します。さらに「尺度」機能でサイズを調整します。最後に、土台となる部分のスケッチを行い、押し出して土台を作り、同様にして土台とロゴをつなぐための支えも作ります。

kayakku_02.png

まず、「挿入」→「SVGを挿入」でロゴデータを読み込ませる

kayakku_03.png

立体化するロゴの面を全部選択したところ

kayakku_04.png

「押し出し」機能で、面を持ち上げて立体にする

kayakku_05.jpg

このように、「押し出し」機能を使うだけで、2Dデータが3Dデータになる

kayakku_06.png

拡大縮小が可能な「尺度」機能で横幅を9cmに設定

kayakku_07.png

土台となる部分のスケッチを行い、持ち上げる

kayakku_08.png

土台とロゴをつなぐ支えもスケッチする

kayakku_09.png

支えのスケッチを「押し出し」機能で持ち上げ、支えを作る

書き文字を追加してより派手に

この状態で一度出力してみたのですが、ロゴだけだでは少し寂しい...。そこで、周りに「ドン!!」という書き文字を入れてみることにしました。手で描いた書き文字の画像を読み込ませて、「スプライン」機能で、文字の輪郭をなぞっていきます。なぞり終えたら、先ほどと同じように押し出して立体にします。このままでは文字のパーツが浮いていて、造形できませんので、文字同士をつなぐための支えを作ります。先ほどと同じように、スケッチを行い、それを押し出すことで支えを作ることができます。最後に「統合」機能を使って、各パーツを一つの立体(ソリッド)に結合します。

これで3Dデータ化は完了なのですが、少し張り切りすぎたのかサイズが大きく、今回利用した3Dプリンターでは出力できません。そこで「ド」の文字とロゴの間で、パーツを2つに分割して出力を行い、出力後結合することにしました。分割するための面を作成して、ロゴを2つのパーツに分解します。さらに、出力後、パーツをはめ合わせて固定するために、片方のパーツに出っぱりをつけ、もう片方のパーツにはそれに合うような凹みを作ります。

kayakku_10.png

このままではちょっと寂しいので、「ドン!!」という書き文字の画像を読み込み、なぞっていく

kayakku_11.png

輪郭で囲んだ面を指定して、「押し出し」機能で立体化する

kayakku_12.png

立体化された書き文字が追加され、より派手な印象になった

kayakku_13.png

このままでは文字が浮いてしまっているので、文字同士をつなぐための支えのスケッチを行う

kayakku_27.png

「結合」機能で、各パーツを一つの立体(ソリッド)に結合する

kayakku_15.png

「ボディを分割」機能を利用して、作成した立体ロゴを2つのパーツに分割する

kayakku_16.png

この丸い面部分がパーツの境になる

kayakku_17.png

パーツをはめ合わせるため、片方の土台の底面に凹みのスケッチを行う

kayakku_18.png

プリンターで出力する時に、はめ合い部分は空中に浮いてしまうため、サポートを作製。造形に無理がないようサイズを微調整する

kayakku_19.png

もう片方「ド」のパーツには、出っぱりを作る

3D Fabのイメージカラーであるオレンジでレンダリング

パーツをはめ合わせるための出っぱりと凹みができたら、ロゴの3Dデータ化は完了です。慣れた人なら30分もあれば十分できるでしょう。最後に、「レンダリング」機能を使って、作った立体ロゴの可視化を行います。色や素材も自由に選べますが、今回は、3D Fabのイメージカラーであるオレンジを選びました。レンダリングをすることで、実際の出力物のイメージをつかむことができます。

kayakku_20.png

レンダリングをしたところ。本来のロゴカラーはブラックだが、今回は3D Fabのイメージカラーであるオレンジを選択

3Dプリンターで出力

このように、SVG形式のロゴデータがあれば、そのデータをFusion 360を使って3D化するのは簡単です。3Dデータができれば、3Dプリンターが手元になくても、3Dプリントサービスを利用することで、立体物を作ることができます。今回は、パーソナル3Dプリンター「Lepton」を使って、出力してみました。オレンジ色のPLAフィラメントを使って出力したところ、Fusion 360でレンダリングした通りの立体ロゴができました。

自社のロゴデータを使って、キーホルダーなど立体物のノベルティを作りたいのなら、本記事が参考になるでしょう。

kayakku_21.jpg

3Dプリンター「Lepton」で出力

kayakku_22.jpg

出力が終わったカヤックのロゴ。2つのパーツに分かれている

kayakku_23.jpg

パーツをつなぎ合わせれば完成だ

技術サポートでご協力いただいたミリメーターの諏訪部梓氏

今回は、株式会社ミリメーターの諏訪部梓氏に、データ作りやプリントサービスなどでご協力いただきました。ミリメーターは、2015年10月に設立されたベンチャー企業で、3Dスキャナーを利用した女性向けフルオーダーメードのシューズ販売や3Dプリントサービスなどを行っています。

kayakku_24.jpg

ミリメーターは、市ヶ谷のものづくりシェアオフィス「Lowp」の中にある。1Fはカフェダイニングバーの「Lowp kitchen」になっている

kayakku_25.jpg

株式会社ミリメーター 諏訪部梓氏

kayakku_26.png

技術協力 諏訪部梓氏 株式会社ミリメーター

市ヶ谷のシューズカフェで、足を3D計測し、3Dプリンターで1人1人の足にあうヒール靴を木型から作るフルオーダーメイドサービスを提供している。Fusion360をはじめとした、さまざまな3D CAD/CAMソフトを使いこなし、看板や企業ロゴの3Dプリントサービスを行う「Last Once」の運営も行う。
株式会社ミリメーター

RECOMMENDおすすめ記事