Acronis Backup ソフトバンクC&Sがおすすめする
次世代データ保護バックアップソリューション

メニュー

サービスプロバイダーさま向け

Acronis Backupを
利用した
バックアップサービスは
いかがですか?

3パターンのライセンスから、
お客さまに最適なものを選べます。

  1. Home
  2. 販売支援
  3. サービスプロバイダーさま向けライセンス

サービスプロバイダーさま向けライセンスは、全部で3パターン

Acronisのサービスプロバイダーさま向けライセンスは、「Acronisにおまかせパターン」「いいとこどりパターン」「サービスプロバイダーさまで構築パターン」の全3種類。それぞれ特長に合わせて、お客さまに最適なライセンスを選ぶことができます。

サービスプロバイダーさま向けライセンスは、全部で3パターン

  • 1.Acronisにおまかせ!Acronis Backup Cloud Acronis Hosted
  • 2.いいとこどり!Acronis Backup Cloud Hybrid
  • 3.サービスプロバイダーさまで構築!Acronis Backup Advanced SPLA

1.Acronisにおまかせ!"Acronis Backup Cloud Acronis Hosted"

Acronisにおまかせ!"Acronis Backup Cloud Acronis Hosted"

ソリューションの主な特長
  1. 管理コンソールと、バックアップ先であるクラウドストレージの両方をAcronisのデータセンター上で提供
  2. 初期投資不要
  3. トラブル発生時は、サービスプロバイダーさまの環境へデータリストアが可能

ピンチアウトしてご確認ください

管理コンソール
  • 2種類の管理コンソールを搭載
    1. マルチテナント型のアカウント管理コンソール
      • サービスプロバイダーさまによる顧客の管理、課金設定、顧客がバックアップ可能なマシン数/クラウドストレージ容量の設定、自社ブランディング設定などを搭載
    2. バックアップ管理コンソール
      • 顧客がバックアップや復元の設定・操作を実施
  • Acronisのデータセンター上で提供
顧客によるエージェントのインストール
  • Acronis Backup Cloudの管理者アカウントもしくはユーザーアカウントでバックアップ管理コンソールにログインし、必要なインストーラをダウンロード
  • インストール開始時にアカウント情報(ID/パスワード)を入力、インストールが完了するとバックアップ管理コンソール上にエージェントがインストールされたマシンが表示され、当該マシンの設定を開始可能
課金体系
  • 容量単位(GB)の月額課金
    • バックアップエージェントのインストールは無制限、クラウドバックアップのストレージ使用容量に対して課金
    • 顧客への提供内容や提供金額はサービスプロバイダーさま側で設定
クラウドストレージ
  • Acronisのデータセンター上で提供
「Acronisにおまかせパターン」を選ぶメリット

サービスプロバイダーさまのメリット

  • 初期設備投資なしですぐにバックアップサービスを開始できる
  • 提供年数と市場シェアにおいてイメージバックアップでNo.1のAcronisのバックアップを自社サービスとして提供できる

顧客のメリット

  • ライセンス購入など初期費用で大きなコスト負担を負うことなく、サービスプロバイダーさまの提供する月額サービスとしてバックアップを利用可能
  • 簡単、高速、信頼性の高いAcronisのイメージバックアップをすぐに利用できる

2.いいとこどり!"Acronis Backup Cloud Hybrid"

いいとこどり!"Acronis Backup Cloud Hybrid"

ソリューションの主な特長
  1. 管理コンソールをAcronisのデータセンター上で提供
  2. バックアップ先であるクラウドストレージには、サービスプロバイダーさまのリソースを利用
  3. 自社環境でクラウドストレージを提供することができ、構築時にAcronisのソフトウエアを利用可能なため、比較的容易に構築可能

ピンチアウトしてご確認ください

管理コンソール
  • 2種類の管理コンソールを搭載
    1. マルチテナント型のアカウント管理コンソール
      • サービスプロバイダーさまによる顧客の管理、課金設定、顧客がバックアップ可能なマシン数/クラウドストレージ容量の設定、自社ブランディング設定などを搭載
    2. バックアップ管理コンソール
      • 顧客がバックアップや復元の設定・操作を実施
  • Acronisのデータセンター上で提供
顧客によるエージェントのインストール
  • Acronis Backup Cloudの管理者アカウントもしくはユーザーアカウントでバックアップ管理コンソールにログインし、必要なインストーラをダウンロード
  • インストール開始時にアカウント情報(ID/パスワード)を入力、インストールが完了するとバックアップ管理コンソール上にエージェントがインストールされたマシンが表示され、当該マシンの設定を開始可能
課金体系
  • 容量単位(GB)の月額課金
    • バックアップエージェントのインストールは無制限、クラウドバックアップのストレージ使用容量に対して課金
    • 顧客への提供内容や提供金額はサービスプロバイダーさま側で設定
クラウドストレージ
  • サービスプロバイダーさまのデータセンター上で提供
  • クラウドストレージの構築にはAcronis社提供のストレージソフトウェアを利用可能。Amazon S3 やAzure などもバックアップ保存先として利用可能
「いいとこどりパターン」を選ぶメリット

サービスプロバイダーさまのメリット

  • 初期設備投資を抑えてバックアップサービスを開始、提供年数と市場シェアにおいてイメージバックアップでNo.1のAcronisのバックアップを自社サービスとして提供可能
  • 自社環境でクラウドストレージを提供することで自社ブランド色が濃くなり、ロイヤルカスタマーによるサービス利用を促進

顧客のメリット

  • ライセンス購入など初期費用で大きなコスト負担を負うことなく、月額サービスとしてバックアップを利用できる
  • 簡単、高速、信頼性の高いAcronisのイメージバックアップをすぐに利用できる
  • クラウドストレージがサービスプロバイダーさまの環境にあるため、顧客が信頼するバックアップサービスを選択可能

3.サービスプロバイダーさまで構築!"Acronis Backup Advanced SPLA"

サービスプロバイダーさまで構築!"Acronis Backup Advanced SPLA"

ソリューションの主な特長
  1. 基本管理・構築はサービスプロバイダーさまのデータセンター内で実施
  2. 普段提案しているAcronis製品を利用しサービス提供

ピンチアウトしてご確認ください

管理コンソール
  • バックアップ管理のみ
  • 管理サーバーを設置
バックアップデータの保存先
  • サービスプロバイダーさまの指定するストレージ
Acronis Backup Cloudとの違い
  • マルチテナント型のアカウント管理コンソールはなく、バックアップの管理はバックアップソフトをインストールして、ソフトウェアの画面上で行う
  • バックアップ対象はサービスプロバイダーさまのクラウド基盤のサーバーのみ。顧客サイトにあるサーバーをバックアップ対象とすることはできない。
  • バックアップ先として自社のストレージを指定(ストレージの種類によってはサードパーティ製品との組み合わせが必要な場合あり)
課金体系
  • バックアップ対象のマシン台数で月額課金
    • バックアップ対象の仮想マシンや仮想ホスト、ベアメタルサーバーの数に対する月額のライセンス利用料
    • 顧客への提供金額はサービスプロバイダーさま側で設定
クラウドストレージ
  • サービスプロバイダーさま指定のデータ保存場所
「サービスプロバイダーさまで構築パターン」を選ぶメリット

サービスプロバイダーさまのメリット

  • 提供年数と市場シェアにおいてイメージバックアップでNo.1のAcronisのバックアップ製品を顧客が利用しやすい月額で提供
  • 仮想マシンのバックアップとして信頼性の高いソリューションを提供できていないプロバイダーにとっては、市場で実績のあるバックアップ製品を顧客に提供できるチャンス
  • バックアップ先として自社のストレージサービスの利用促進につながる
  • 既存顧客へバックアップサービスを提供可能

顧客のメリット

  • 簡単、高速、信頼性の高いAcronisのイメージバックアップをすぐに利用できる
  • プロバイダーの提供するクラウドサービスとの検証も十分に行われるため、顧客やSIerが選択したバックアップ製品などで万が一発生するトラブルを未然に防げる

3パターンの比較表

ピンチアウトしてご確認ください

1.Acronisにおまかせパターン 2.いいとこどりパターン 3.サービスプロバイダーさまで構築パターン
プログラム Acronis Backup
Cloud Acronis Hosted
Acronis Backup
Cloud Hybrid
Acronis Backup
Advanced SPLA
ソリューション種別 クラウドバックアップサービス基盤 ライセンス製品の月額提供モデル
バックアップ・復元の管理 Acronisのデータセンター上で管理コンソールを提供 サービスプロバイダーさまのデータセンター内でバックアップ管理サーバーを構築・運用
(サービスプロバイダーさま、もしくは顧客が管理)
バックアップデータの保存先 Acronis Cloud、顧客のオンプレミス環境のストレージ サービスプロバイダーさまのデータセンター内のストレージ(AcronisのSoftware-Defined Storage 「Acronis Storage」 または サービスプロバイダーさまの既存のストレージを使用)、顧客のオンプレミス環境のストレージ サービスプロバイダーさまのデータセンター内のストレージ
バックアップサービスの管理
(課金の仕組みを含めた顧客や再販パートナーの管理)
Acronisのデータセンター上でマルチティア/マルチテナント対応のサービス管理コンソールを提供 ×
自社ブランディング機能
(ホワイトラベル)
顧客向けのサービス管理コンソールやバックアップ管理コンソールの画面を自社ロゴや自社カラーに変更可能 ×
バックアップ対象の台数やクラウドストレージ容量の制限設定 バックアップ対象の種別(PCやサーバー)ごとにバックアップ可能なマシン台数を設定、クラウドストレージの容量にも制限設定が可能 ×
顧客によるバックアップ・復元の設定・操作 顧客向けにバックアップ管理コンソールを提供
(プログラムのインストール・設定や管理を顧客側で行う場合は可能)
エージェントの配信、自動アップデート バックアップ管理コンソールからエージェントをダウンロード、自動アップデートにより常に最新のエージェントを提供可能
(バックアップ管理サーバーからエージェントをリモートインストール)
課金体系 容量(GB)単位の月額従量課金バックアップ
台数は無制限
バックアップ対象のサーバー台数単位の月額従量課金
顧客サイトにあるサーバーのバックアップ取得 オンンプレミスとクラウド環境のどちらにも対応 ×
(バックアップ対象はサービスプロバイダーさまのデータセンター内のみ)

おすすめ機能

顧客管理機能の他にも、サービスプロバイダーさまがサービス提供する際に便利な機能が揃っています。
「Acronis Backup Cloud Acronis Hosted」と「Acronis Backup Cloud Hybrid」で提供されます。

自社ブランディング機能(ホワイトラベル)

顧客に提供する管理コンソール画面を自社ロゴや自社カラーに変更し、見た目を含めた完全な自社サービス化を実現。

サービス管理コンソール画面

サービス管理コンソール画面

ホワイトラベル機能(サービス管理コンソール)

ホワイトラベル機能(サービス管理コンソール)

バックアップ対象の台数やクラウドストレージ容量の制限設定

顧客情報や顧客の管理者アカウントの設定、価格設定、送信元IPアドレスによるアクセスコントロールの設定ができる他、顧客のバックアップ台数やクラウドストレージの容量をリアルタイムで確認可能。

マシン台数やクラウドストレージ容量の制限設定(サービス管理コンソール)

マシン台数やクラウドストレージ容量の制限設定(サービス管理コンソール)

顧客によるバックアップ・復元の設定・操作

アクロニスが長年培ってきた簡単操作のユーザーインターフェースを搭載したバックアップ管理コンソールを顧客に提供。
トレーニング不要で直感的な操作性を実現。

バックアップ管理コンソール画面

バックアップ管理コンソール画面

バックアップ設定画面(バックアップ管理コンソール)

バックアップ設定画面(バックアップ管理コンソール)

エージェントの配信、自動アップデート

バックアップエージェントは管理コンソールからダウンロードでき、自動アップデート機能によって常に最新のエージェントを提供可能。

エージェントの自動アップデート設定(サービス管理コンソール)

エージェントの自動アップデート設定(サービス管理コンソール)

ソフトバンクC&Sの強み

ソフトバンクC&Sでは、すべてのAcronis製品のライセンスを取り扱っております。お客さまの環境に最適なライセンスを、ご提案します。

ソフトバンクC&Sでは、すべてのAcronis製品のライセンスを取り扱っております。お客さまの環境に最適なライセンスを、ご提案します。
導入検討にお役立ていただける、他のバックアップソフトとの比較についても解説することが可能です。

ソフトバンクC&Sは、ソフトウエアやハードウエアなど40万点を超える豊富なIT商材、ネットワークインフラ、各種コンサルティングサービスを提供しています。サービスプロバイダーさま向けの専用ライセンスもMicrosoft他、多数のメーカー製品のご提供が可能です。

ソフトバンクC&Sは、ソフトウエアやハードウエアなど40万点を超える豊富なIT商材、ネットワークインフラ、各種コンサルティングサービスを提供しています。サービスプロバイダーさま向けの専用ライセンスもMicrosoft他、多数のメーカー製品のご提供が可能です。また、VMWare製品や、Microsoft Azureなどのクラウドサービス、サーバー、ストレージやNASなどお客さまのIT基盤となる各種製品のご提案も一括で行います。

お申し込み・お問い合わせ

Acronisのサービスプロバイダーライセンスを利用いただくには、専用のサービスプロバイダー契約を締結していただく必要があります。ご契約につきましては、以下のフォームよりお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせ

Acronisのサービスプロバイダーライセンスに関する詳細情報、価格情報などはこちらから

Acronis Backupに関する
資料ダウンロード・お問い合わせ

ソフトバンクC&Sでは、Acronis Backupの導入・販売に関するお問い合わせを受け付けております。
Acronis Backupについてご不明な点がございましたら、何でもご相談ください。

  1. Home
  2. 販売支援
  3. サービスプロバイダーさま向けライセンス