Architecture, Engineering & Construction CollectionソフトバンクC&Sがご紹介するArchitecture, Engineering & Construction Collection

コンセプトデザインから
施工・管理まで

BIMワークフロー

効率改善
3Dモデル建築設計強力
支援するCollection

建築設計のライフサイクルのあらゆるフェーズに対応する製品群で、BIM設計のプロジェクトを成功に導きます。Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC Collection)は、建築設計に効率的なワークフローを実現し、革新的な建築設計をもたらしてくれます。

Architecture, Engineering & Construction Collection

Architecture, Engineering &
Construction Collection

¥ 421,000 /1年

単体製品を買うよりもCollectionが断然お得!

※税抜価格になります。

業務広げる
AEC Collection!

建築設計
最適解的確判断

3Dスケッチアプリ+BIM/CIMソフトウェア+BIM設計用計算ソフトウェア+クラウドベースの解析サービス

Revitは、FormItで作成した意匠設計を自動でBIMモデルに変換できます。また、DynamoとRevitを組み合わせて使えば、1つのアイデアから複数の設計案を考案でき、Insightを使えば、着工前の設計段階に反復設計や最適化を行えるため、豊富な情報から最適解を的確に判断できます。

BIMワークフロー
効率化図る

BIM/CIMソフトウェア+プロジェクトレビューソフトウェア+クラウドベースの解析サービス

Revitなら1つのBIM プラットフォームで、設計に絡むあらゆる分野に対応できます。また、Navisworksなら、設計段階での矛盾点を洗い出し解決でき、早い段階でInsightで解析を実行すれば、設計に要する時間と施工段階で必要な資材を同時に削減し、建築設計の効率化を図れます。

自社提供できる
サービス拡大

BIM/CIMソフトウェア+クラウドベースの解析サービス+高度な構造解析ソフトウェア

AEC Collectionを導入すれば、サービスの幅を広げられます。例えば、InsightやRobot Structural Analysis Professionalなら、HVAC (暖房、換気、および空調) やライティングを含めた建物の性能の解析、風荷重のテスト、法令準拠の検証、詳細なレポートの作成をサービスとして実施できます。

より多く
プロジェクト要件満たせる

BIM/CIMソフトウェア+3次元CG作成+2次元/3次元設計

プロジェクトに BIM/CIMによる設計を指定する行政機関や施主が増えています。AEC Collectionなら施主の要求や行政の指示に応えるために必要な機能を備えています。また、3ds Maxとレンダリング機能を使えば、ビジュアライゼーションにより競争力が高まり、プロポーザルを有利に進められます。

官庁営繕事業におけるBIMモデルの作成
及び
利用に関するガイドライン

BIMガイドラインの構成

構成
適用
1
総則   

第1章目的

第2章適用

第3章用語の定義

第4章共通事項

BIMガイドラインは、平成26年度から官庁営繕事業(設計業務及び工事)に適用します。ただし、受注者の自らの判断でBIMを利用する場合や、技術提案に基づく技術的な検討を行うにあたってBIMを利用する場合等に適用します。

2
設計
業務

第1章適用

第2章BIMに関する
実施方法等

第3章図面等の作成

第4章技術的な検討

第5章その他

・技術的な検討(各種シミュレーション、内外観・納まり等の可視化、干渉チェック等)
・図面の作成(基本設計図書、実施設計図書の作成等)

3
工事

第1章適用

第2章完成図等の作成

第3章技術的な検討

・技術的な検討(干渉チェック等)
・完成図等の作成(完成図、建築物等の利用に関する説明書)

Revit、Civil 3D、InfraWorksなどの
統合BIM/CIMツール

BIM/CIM/i-Constructionのためのオートデスクソリューション

AEC Collectionは、建設業界向けのBIM/CIM/i-Constructionのためのオートデスクソリューションです。建築、土木、インフラ業界の調査計画から設計、施工、維持管理までライフサイクルに関する業務全体を支援します。

Architecture, Engineering & Construction Collection
建築業界向けCollection

Architecture, Engineering &
Construction Collection

¥ 421,000 /1年

※税抜価格になります。

  • 含まれる
    ソフトウェア
  • よくある質問
  • 含まれるソフトウェア

    2次元/3次元設計

    • AutoCAD including specialized toolsets
      [含まれる業種別ツールセット]
      Electrical、Mechanical、Architecture、Map 3D、MEP、Raster Design、Plant 3D)
    • Fabrication CADmep
      (Collectionのみで提供)

    3次元設計・CIMソフトウェア

    • AutoCAD Civil 3D
    • InfraWorks
    • Structural Bridge Design
      (Collectionのみで提供)
    • Vehicle Tracking (Collectionのみで提供)

    ビジュアライゼーション

    • 3ds Max
    • ReCap Pro
    • Navisworks Manage

    3次元設計・BIMソフトウェア

    • Revit
    • FormIt Pro (Collectionのみで提供)
    • Advance Steel (Collectionのみで提供)

    シミュレーション

    • Insight (Collectionのみで提供)
    • Robot Structural Analysis Professional (Collectionのみで提供)

    モバイル

    • AutoCAD Mobile App

    クラウド

    • Structural Analysis for Revit
      (Collectionのみで提供)
    • Autodesk Rendering
      (サブスクリプションメンバー・保守プラン加入のみで提供)
    • Cloud Storage(25G)

    拡張現実

    • Revit Live

    カスタマイズ

    • Dynamo Studio
  • よくある質問

    [ Question 1 ]

    土木・インフラ業界の現場でCollectionを使うメリットは?

    Architecture, Engineering & Construction Collectionは、国土交通省が推進するCIM導入ガイドラインに準拠し、i-Construction業務を包括的に支援する建設・土木業界向けソリューションです。今後の土木・インフラ業界の受注獲得に必須であるだけでなく、業務の生産効率を高めてくれるメリットがあります。またRevitとAutoCADの単体2製品の導入コスト以下で、設計および製造に必要なソフトウェアをすべて利用できる価格的なメリットもあります。

    [ Question 2 ]

    コレクションのみで提供されるソフトウェアを個別契約できますか?

    できません。例えば、Advance SteelやStructural Bridge Designなどのスタンドアロンのサブスクリプションの販売は、終了しています。これらの機能を新たにご要望の際は、Architecture, Engineering & Construction Collectionをご契約いただくことで、これらのソフトウェアを含むコレクションの全ソフトウェアを利用できます。

    [ Question 3 ]

    オートデスク製品のサブスクリプションのメリットは?

    常に最新版の製品と更新プログラムを利用できることや簡単にライセンスの増減ができるなどのメリットがあります。その他にも問題をすぐに解決するために製品サポートのスペシャリストが直接対応する、ソフトウェアの料金を経費として処理できるといったメリットがあります。

簡単! 気軽! オートデスクによる
オンラインデモ
を開催中!!

製品導入前の疑問や不安を解消できる
ウェブ会議を利用したオンラインデモ

お客さまの課題を理解し、最適な解決方法をご提案します。
設計や解析などお客さまが興味のある項目について、
実際に製品を操作しながらご説明いたします。

約一時間の充実したカリキュラムをぜひご体験ください!

オンラインデモを希望する

導入事例
ダイジェスト

魅力ある店舗設計とBIMとVRの新たな体験
チェーン展開のコーヒーショップ さま

魅力ある店舗設計とBIMとVRの新たな体験

※写真はイメージです。

世界展開するコーヒーショップは、出店する地域の歴史的文脈やそこに住む人々のライフスタイルを考慮しながら、各店舗の設計にインハウスデザイナーが工夫を凝らして取り組んでいます。これを実現するのが、Revitによる3Dモデルの活用です。また、店舗のBIMデータからVRコンテンツを作成することで、例えば、店舗で使う備品などをVR コンテンツで確認できるなど、リアルなイメージを共有しながら合意形成ができると期待されています。

ソフトウェア

  • Revit
  • Stingray(3ds Max)
  • Autodesk Live(Revit Live)
事例の完全版を見る

VRコンテンツで建築前の建物の中を体験する
建築設計事務所 さま

VRコンテンツで建築前の建物の中を体験する

※写真はイメージです。

建築設計は、BIMによるワークフローの効率化はもちろん、VR技術を使ったまったく新しい試みが行われています。それが注文住宅の分野で「設計中の家の中をVRで体験し、それをデザインに反映させる」というサービスです。これを支えているのが、Revitと3ds Max、そしてRevit Liveです。設計士とクライアントの双方が、VR体験をすることで、イメージの共有からニーズを正確に把握できるので、完成した家への満足度も高くなるとのことです。

ソフトウェア

  • Revit
  • Stingray(3ds Max)
  • Autodesk Live(Revit Live)
事例の完全版を見る