Architecture, Engineering & Construction CollectionソフトバンクC&Sがご紹介するArchitecture, Engineering & Construction Collection

土木・インフラの
現場
ICTをもたらす

CIM /
i-Construction

これからの業務に必須のCollection

土木・インフラ分野では、国土交通省が推進するi-Constructionへの対応が急務です。
Architecture, Engineering & Construction Collection(AEC Collection)は、CIM導入ガイドラインに準拠し、
i-Construction業務を包括的に支援する建設・土木業界向けソリューションです。

Architecture, Engineering & Construction Collection

Architecture, Engineering &
Construction Collection

¥ 421,000 /1年

単体製品を買うよりもCollectionが断然お得!

※税抜価格になります。

業務広げる
AEC Collection!

効率よく
建設プロジェクト推進

BIM/CIMプラットフォーム+土木設計と施工ドキュメントの作成+BIM/CIMソフトウェア+橋梁の解析ソフトウェア

例えば、道路建設プロジェクトの場合、InfraWorks、Civil 3D、Revitを使うことで道路の配置を効率的に設計できます。また、右左折レーン、交差点、立体交差なども簡単に追加できます。さらに、Structural Bridge Designによる橋梁の計画、設計、構造解析にも有効です。

設計ミス抑制し、
利幅高める

BIM/CIMプラットフォーム+土木設計と施工ドキュメントの作成+プロジェクトレビューソフトウェア

InfraWorks、Civil 3Dで設計した3Dプロジェクトモデルなら、数多くの設計案を検討できるので、最も低コストな案の決定に役立ちます。また、Navisworksによるレビューで、着工前に潜在的な問題を予測できるため、コストが超過するリスクを抑制し、工期の遅れを防止できます。

説得力のある
ビジュアライゼーション

BIM/CIMプラットフォーム+土木設計と施工ドキュメントの作成+拡張現実+3次元CG作成

3Dプロジェクトモデルの3Dレンダリングはもちろん、Revit LiveによるARやVRを活用した「ウォークスルー」、3ds Maxによる建設シミュレーションのアニメーション動画は、従来の2D図面よりもはるかに強いインパクトを与え、プロジェクトに対する理解度も大きく高めることができます。

さらに効率よい
コミュニケーション
行う

BIM/CIMプラットフォーム+土木設計と施工ドキュメントの作成+BIM/CIMソフトウェア+橋梁の解析ソフトウェア+プロジェクトレビューソフトウェア

例えば、橋梁プロジェクトの場合、橋梁エンジニアと設計者がプロセスを主導し、モデルを直接操作しながら設計を進め、橋梁部材を定義します。構造エンジニアも同じモデルデータを使って、上部構造物の橋桁などの橋梁構造の設計を詳細に解析できます。

i-Construction
推進する
CIM活用
具体例

CIM導入ガイドライン

構成
適用
1
共通

第1章総則

第2章測量

第3章地質・土質

公共事業の各段階(調査・設計、施工、維持管理)にCIMを導入する際に共通で適用する。

2
土工

道路土工および河川土工を対象に、測量段階でUAV等を用いた公共測定を行うこと、設計段階(土工の3次元設計)で3次元データを作成すること、更には施工段階(ICT 活用工事)に3次元データを情報化施工に活用する際に適用する。

3
河川

河川堤防および構造物(樋門・樋管等)を対象にCIMの考え方を用いて調査・設計段階でCIMモデルを作成すること、作成された堤防・構造物モデルを施行時に活用すること、更には調査・設計・施工の堤防・構造モデルを維持管理に活用する際に適用する。

4
ダム

適用するダム(フィルダム、重力式コンクリートダム)を対象にCIMの考え方を用いて調査・設計段階でCIMモデルを作成すること、作成されたCIMモデルを施行時に活用すること、更には調査・設計・施工のCIMモデルを維持管理に活用する際に適用する。

5
橋梁

橋梁の上部工(銅橋、PC橋)、下部工(RC下部工(橋台、橋脚))を対象にCIMの考え方を用いて調査・設計段階でCIMモデルを作成すること、作成されたCIMモデルを施行時に活用すること、更には調査・設計・施工のCIMモデルを維持管理に活用する際に適用する。

6
トンネル

山岳トンネル構造を対象にCIMの考え方を用いて調査・設計段階でCIMモデルを作成すること、作成されたCIMモデルを施行時に活用すること、更には調査・設計・施工のCIMモデルを維持管理に活用する際に適用する。

CIM導入の段階的な目標や達成時期

2017年度

運用開始

関係者間協議やフロントリーディング等によるCIMの活用効果が見込まれる業務工事からCIMを導入

概ね3年

2020年度

CIMの活用の充実

CIMの活用の充実に向け、基準ルールの設備やシステム開発を推進

概ね5年

2025年度

CIMの活用を
原則化

発注者管内のCIMモデルを用いた維持管理の導入

出典:国土交通省 CIM導入推進委員会 資料より

AEC Collectionは
CIMモデル活用に完全対応

CIMモデルの種類 CIMモデルのイメージ 対応オートディスク製品
⑴線形モデル 線形モデル
AUTOCAD CIVIL 3D
RECAP PRO
⑵土工形状モデル 土工形状モデル
⑶地形モデル 地形モデル
⑷構造物モデル 構造物モデル
REVIT
⑸地質・土質モデル
ポーリングモデル

ポーリングモデル

テクスチャモデル

テクスチャモデル

準三次元断面図

準三次元断面図

AUTOCAD CIVIL 3D
⑹広域地形モデル 広域地形モデル
NAVISWORKS
INFRAWORKS
⑺統合モデル 統合モデル

⑴線形モデル

線形モデル
AUTOCAD CIVIL 3D
RECAP PRO

⑵土工形状モデル

土工形状モデル
AUTOCAD CIVIL 3D
RECAP PRO

⑶地形モデル

地形モデル
AUTOCAD CIVIL 3D
RECAP PRO

⑷構造物モデル

構造物モデル
REVIT

⑸地質・土質モデル

ポーリングモデル

ポーリングモデル

テクスチャモデル

テクスチャモデル

準三次元断面図

準三次元断面図

AUTOCAD CIVIL 3D

⑹広域地形モデル

広域地形モデル
NAVISWORKS
INFRAWORKS

⑺統合モデル

統合モデル
NAVISWORKS
INFRAWORKS

Revit、Civil 3D、InfraWorksなどの
統合BIM/CIMツール

BIM/CIM/i-Constructionのためのオートデスクソリューション

AEC Collectionは、建設業界向けのBIM/CIM/i-Constructionのためのオートデスクソリューションです。建築、土木、インフラ業界の調査計画から設計、施工、維持管理までライフサイクルに関する業務全体を支援します。

rchitecture, Engineering & Construction Collection
土木・インフラ業界向けCollection

Architecture, Engineering &
Construction Collection

¥ 421,000 /1年

※税抜価格になります。

  • 含まれる
    ソフトウェア
  • よくある質問
  • 含まれるソフトウェア

    2次元/3次元設計

    • AutoCAD including specialized toolsets
      [含まれる業種別ツールセット]
      Electrical、Mechanical、Architecture、Map 3D、MEP、Raster Design、Plant 3D)
    • Fabrication CADmep
      (Collectionのみで提供)

    3次元設計・CIMソフトウェア

    • Civil 3D
    • InfraWorks
    • Structural Bridge Design
      (Collectionのみで提供)
    • Vehicle Tracking (Collectionのみで提供)

    ビジュアライゼーション

    • 3ds Max
    • ReCap Pro
    • Navisworks Manage

    3次元設計・BIMソフトウェア

    • Revit
    • FormIt Pro (Collectionのみで提供)
    • Advance Steel (Collectionのみで提供)

    シミュレーション

    • Insight (Collectionのみで提供)
    • Robot Structural Analysis Professional (Collectionのみで提供)

    モバイル

    • AutoCAD Mobile App

    クラウド

    • Structural Analysis for Revit
      (Collectionのみで提供)
    • Autodesk Rendering
      (サブスクリプションメンバー・保守プラン加入のみで提供)
    • Cloud Storage(25G)

    拡張現実

    • Revit Live (Collectionのみで提供)

    カスタマイズ

    • Dynamo Studio
  • よくある質問

    [ Question 1 ]

    土木・インフラ業界の現場でCollectionを使うメリットは?

    Architecture, Engineering & Construction Collectionは、国土交通省が推進するCIM導入ガイドラインに準拠し、i-Construction業務を包括的に支援する建設・土木業界向けソリューションです。今後の土木・インフラ業界の受注獲得に必須であるだけでなく、業務の生産効率を高めてくれるメリットがあります。またRevitとAutoCADの単体2製品の導入コスト以下で、設計および製造に必要なソフトウェアをすべて利用できる価格的なメリットもあります。

    [ Question 2 ]

    コレクションのみで提供されるソフトウェアを個別契約できますか?

    できません。例えば、Advance SteelやStructural Bridge Designなどのスタンドアロンのサブスクリプションの販売は、終了しています。これらの機能を新たにご要望の際は、Architecture, Engineering & Construction Collectionをご契約いただくことで、これらのソフトウェアを含むコレクションの全ソフトウェアを利用できます。

    [ Question 3 ]

    オートデスク製品のサブスクリプションのメリットは?

    常に最新版の製品と更新プログラムを利用できることや簡単にライセンスの増減ができるなどのメリットがあります。その他にも問題をすぐに解決するために製品サポートのスペシャリストが直接対応する、ソフトウェアの料金を経費として処理できるといったメリットがあります。

簡単! 気軽! オートデスクによる
オンラインデモ
を開催中!!

製品導入前の疑問や不安を解消できる
ウェブ会議を利用したオンラインデモ

お客さまの課題を理解し、最適な解決方法をご提案します。
設計や解析などお客さまが興味のある項目について、
実際に製品を操作しながらご説明いたします。

約一時間の充実したカリキュラムをぜひご体験ください!

オンラインデモを希望する

導入事例
ダイジェスト

オートデスクのCIMソリューションで急速にCIMが進展
中堅総合建設会社 さま

オートデスクのCIMソリューションで急速にCIMが進展

※写真はイメージです。

2014年 5月、国土交通省のi-Constructionの推進をきっかけにInfraWorksやCivil 3Dなどを導入、数名の土木技術者がCIM活用をスタートさせました。以来、ドローンや3Dレーザースキャナーによる現場の3次元測量から造成現場やメガソーラー施設の設計、そしてICT建機を使った情報化施工、さらには発泡スチロールのブロックを積み上げて軽量盛り土を造るEPS工法まで、短期間のうちに同社のCIM活用は急速に拡大しています。

ソフトウェア

  • Revit
  • Navisworks
  • ReCap PRO
  • Civil 3D
  • InfraWorks
  • 3ds Max
  • Plant 3D
事例の完全版を見る

ドローンで渓谷を3D化、i-Constructionに挑む
建設コンサルタント さま

ドローンで渓谷を3D化、i-Constructionに挑む

※写真はイメージです。

道路やトンネル、河川などの設計を強みとするお客さまは、2013年にCIMワーキンググループを立ち上げ、CIMソフトウェアやドローンを導入。以後i-Constructionに対応し、付加価値が高く、効率の良い設計業務を実践しています。例えば、橋梁設計の際にCIMモデルを使って説明すると、発注者や地域住民など一般の人でも洪水時に橋がどんな状態になるのかが一目瞭然。そのため建設への理解を得られ、合意形成を円滑に進められるとのことです。

ソフトウェア

  • Revit
  • Navisworks
  • ReCap PRO
  • Civil 3D
  • InfraWorks
  • 3ds Max
事例の完全版を見る