ニュース

【5月開催】エンジニア向けクラウドアーキテクト・ファーストステップ

8e2c91d61535f664.png

クラウドの特性にもとづいて、「クラウドのリスクとセキュリティ対策」「システムの構築・運用」

「クラウドの普及でもたらした変化とエンジニアに求められるもの」と言った3大テーマのもとに、
クラウドアーキテクチャーへの徹底的な理解・実習ができる無償セミナーです。

セミナーを通して、クラウドの特性、パブリッククラウドの特性から、クラウドのリスクと対策などを
学び、最新技術のDockerなどを使った実習ができる内容となっています。

知識から実践までまとめて吸収できるセミナーです。

Microsoft Azure、IBM Cloudにご興味のある方、パブリッククラウドでの
アーキテクチャーの提供をお考えの方はぜひご参加ください。

クラウドアーキテクト・ファーストステップは
こんな方々におすすめです!

● インフラエンジニアの方
● 開発エンジニアの方
● 運用部門エンジニアの方
● その他のクラウド プリセールスの技術者

学習内容

1. クラウドによるビジネスの変化・技術の変化
- クラウドコンピューティングの概要
- クラウドによるビジネスの変化

2. クラウドを構成する要素技術
- クラウド構成技術の全体像
- 仮想化技術
- 分散処理技術
- リソース配信技術
- ユーザ体験技術
- クラウド基盤構築ソフトウェア(OpenStackなど)

3. クラウドによって提供されるサービス
- クラウド環境の全体像
- IaaSにより提供されるサービス
- PaaSにより提供されるサービス
- SaaSにより提供されるサービス

4. クラウドのメリットを活かすアーキテクチャ
- 要件とアーキテクチャ
- クラウドアーキテクティング原則
- クラウドデザインパターン
- ハイブリッドクラウドのパターン

5. クラウドにおけるセキュリティ
- クラウドにおけるセキュリティ
- クラウドベンダーのセキュリティ対策
- クラウド利用者のセキュリティ対策
- 法的リスク
- 信用リスク

6. クラウド活用システムの構築アプローチ
- クラウドを活用したシステム構築に向けて
- クラウド導入の一般的プロセス
- 戦略分析フェーズ
- 設計・開発フェーズ
- 運用・改善フェーズ
- DevOps

演習内容

ソフトウェア/ハードウェア:Linux仮想マシン

実習/演習/ デモ内容
Lab 1. サーバ仮想化の体験
Lab 2. Dockerの体験
Lab 3. OpenFlowの体験
Lab 4. OpenStackでの仮想ネットワーク作成
Lab 5. Key-Value Store(KVS)の利用
Lab 6. クラウドデザインパターンの適用

開催概要

お申し込みはこちら:https://licensecounter.satori.site/azure/form/seminar1805

開催日:2018年5月21日(月)~22日(火)  9:30-17:30 (開場 9:00~) ※二日連続開催
受講料:無料
会場:〒163-6019 東京都新宿区西新宿6丁目8番1号
     住友不動産新宿オークタワー20階 新宿ラーニングセンター
電話番号: 0120-009686

東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」2番出口より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」A5出口より徒歩6分
JR「新宿駅」西口より徒歩13分