ソフトバンクC&Sがご紹介するDropbox Business

様々な企業がファイルサーバーに
さよならしています

Dropbox Businessは、実績ある企業向けストレージです。
現在20万社以上の企業が活用し、ファイル サーバーを保有するリスクを改善しながら、
コストと時間の削減に成功しています。

情報通信

GREAT WORKS TOKYO
GREAT WORKS TOKYO
北海道大学
城北大学
株式会社スポーツウェザー
株式会社スプラウトジャパン

ソリューション

Solution

え? また、新しい案件用の
ストレージが必要なの?

部門やプロジェクトごとにハードウェアを追加していると、その都度、購入 / サポート費用が必要となるほか、初期設定やメンテナンス作業も増加。思い切ってクラウドを活用すれば、日々のメンテナンスからも解放されます。

Dropbox Businessに必要なのはライセンスだけ

シンプルなライセンス体系のため、定期的な設備購入や日々の運用管理費は一切不要。大容量のストレージをすぐに活用でき、Advanced / Enterpriseプランなら容量の追加も無制限です。

社外でこそ必要な情報がある。
よって、持ち歩きもやむなし?

パソコンやハードディスクにコピーして持ち歩くのは、データ紛失のリスクがあります。適切な権限の設定や遠隔削除などが行える、Dropbox Business なら、外出先でも生産性を維持しながら、リスクも軽減できます。

タブレットやスマートフォンで
撮った写真をその場で共有したい

WiFi やリモート アクセスなど、NAS への接続設定を行うのは大変な作業。モバイル端末ではブラウザーでしか閲覧できないことも。かといって、パソコンにコピーしてからアップロードしていたら、時間ばかりかかってしまいます。

Dropbox Businessは、マルチデバイス対応/アプリも提供

アプリを入れるだけで、デバイスにデータを同期。もちろん多要素認証にも対応しているため、権限設定に合わせて、安心して活用できます。

障害対策は現場じゃなくて、
そっちの仕事でしょう?

障害対策やBCPには、バックアップは不可欠。しかし、1TB×社員人数分のストレージが必要だとしたら、機器の購入だけでなく、管理作業時間も超過。今期の予算だけでは足りなくなりませんか?

Advanced/Enterpriseプランなら容量無制限、バックアップ作業も不要

必要な全フォルダをバックアップしても無料。しかも、Dropboxフォルダに保管すれば、アプリが自動的に同期するため、意図的にバックアップする必要もありません。

取引先との共有に個人向け
サービスを使ってもいいですか?

個人向けサービスの業務利用に不安をお感じではありませんか? 社外との コラボレーションには、組織的にアクセスを制御できるサービスが不可欠。情報セキュリティを個人のリテラシーに任せることはできません。

Dropbox Businessでは、組織レベルで利用を制御

フォルダ単位で権限を設定。Dropboxアカウントを所有する外部ユーザーだけに共有することも可能です。ファイルの受け取りには、専用フォルダもあります。

ランサムウェアに感染した
ファイルを元の状態に戻したい!

と、言われても、バックアップしていなかった方が悪いと返すことはできません。バックアップからの復元は大掛かりな作業。バージョン管理機能を持つ、サーバーの導入にもコストが必要です。

Dropbox Businessなら、標準で 120日間のバージョン管理

履歴を 120日間保管。特に設定しなくても、ユーザーが自分で復元できます。もし、ランサムウェアに感染したファイルが見つかっても、感染前に復元できます。

ウェビナーでDropbox Businessをもっと知る

Webinars

オンラインでDropbox Businessのセミナー動画をご覧いただくことができます。遠方でセミナーへのご参加が難しい方へおすすめです。
こちらでは、Dropbox Busieness の基本的な説明から、ファイル サーバー移行、ファイル サーバーでは実現できないコミュニケーションや
コラボレーション機能、そして Dropbox 独自の新機能である Paper をそれぞれご紹介します。

導入のご相談はソフトバンク コマース&サービスにお任せください

導入、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。
お気軽にご相談ください。

ページ トップに戻る