ソフトバンクC&Sがおすすめする AUTODESK FUSION 360

資料ダウンロード お問い合わせ

構想を最速でプロダクトに
Autodesk Fusion 360

他の3D CAD にはない
Fusion 360の3つの特徴

1. 次世代ハイブリッドモデリングソフト

ソリッド、サーフェスに加え、ポリゴンモデリングをベースとしたT-Spline、メッシュモデルを扱うことができ、それらをモデリング履歴と共にシームレスに活用できる次世代ハイブリッドモデリングソフトです。

4つのモデリングが一つのソフト内で行えるため、データ変換による形状の修正工数を削減できます。

T-Splineモデルについて
面を選択しドラッグするだけでモデルを編集できるため、滑らかで有機的なデザインが素早く簡単にできます。
このモデリング手法を利用し、スキャンしたデータを参照しながらモデルを作成することも可能です。もちろん、ソリッドモデリングも併用可能なためT-Splineモデルに対して幾何学的なモデルの編集(押し出し、フィレット、シェル等)が可能です。

2. クラウドデータ管理

Fusion 360はクラウドを利用することで複数人のメンバーが、あらゆる場所からアクセスし、製品の部品設計や変更が行えるため、効率的にプロジェクトを進めることができます。

例えば、別々に設計されたモデルを一つのファイルに結合し、その後、デザインなどの設計変更があった場合に、結合する前のファイルを変更することで、その変更を他の使用箇所にも反映させることができます。

別々で作成されたモデルを結合

デザインの変更があった場合にその変更を結合した
ファイルにも反映させることができます。

変更した履歴はFusion 360内でバージョン管理がされており、古いバージョンのファイルを確認したり、そのバージョンに戻して再度修正することが可能です。
作成したモデルを共有リンクを使用して、特定のメンバーのみに素早く共有できます。
リンクを受け取ったユーザーは、無償の3Dビューアを使用してWebブラウザ内で設計を表示したりダウンロードすることができます。
Webブラウザ以外でも、Fusion 360 のモバイルアプリを使用して、スマホやタブレットからもデータを確認できます。
そのため、Fusion 360をインストールしていないメンバーやクライアントにもデータを共有することができるのです。

作成したデータは簡単に素早く
共有できます。

3. 追加オプションなしで全ての機能が使用可能

多くのCADソフトは、設計はCADソフトで行い、解析はCAEソフト、加工はCAMソフトと別途費用がかかりました。
そのため、全ての機能を備えるために数百万円の費用が必要でしたが、Fusion 360はそれらの機能が標準搭載されており、全ての機能を年間34,200円(税別)で使用することができます。
また、年間の保守費用もなくバージョンアップも無償で行うことができます。
クラウドを利用した3D CADのため、バージョンアップが自動で行われバージョンの違いによるデータのトラブルを防ぐことができます。

A社 CADソフト
本体価格:約120万円
年間保守: 約18万円/年
- 追加オプション -
レンダリング:約20万円
解析: 約100万円
B社 CAMソフト
本体価格:約370万円
年間保守: 約45万円/年
Fusion 360 (Standard)
本体価格:34,200円/年
※静解析・周波数解析・熱解析・熱応力に対応
※レンダリングは標準機能として装備
※2軸・3軸・穴あけ・旋盤対応
※CADとCAMが連携するため、設計変更も
ボタン一つでツールパスを再計算
※全て税別価格です。

よくある質問

Q1. 推奨のパソコン環境を教えてください。
下記の動作環境をご参照ください。
Q2. 他の3D CADで作成したファイルを編集できますか?
SOLIDWORKSやPro/E、CATIAなどさまざまな3D CADで作成したファイルを編集可能です。
インポート可能なファイル形式を確認する
Q3. 3Dプリンターのデータ作成には対応していますか?
対応しております。
Fusion 360には、作成したモデルを3Dプリンター用のデータに変換するコマンドが搭載されています。
Q4. ライセンス費以外に費用は発生しますか?
ライセンス費以外の費用は発生いたしません。
バージョンアップについても、追加費用なくバージョンアップすることができます。
Q5. データが勝手に流出することはありますか?
Fusion 360で作成したデータの閲覧権限は、任意で設定することができます。
そのため、閲覧権限を与えていないメンバーにデータが流出することはありません。

Fusion 360

資料ダウンロード できます!”

Fusion 360の製品資料をダウンロードすることができます。

ライセンスの購入

3 MONTHS
まずはコストを抑えてビジネスで試したい方へ
Standard
¥ 13,300/3カ月
Ultimate
¥ 63,650/3カ月
業務での利用を希望しているが、コストを抑えて導入したいという方は3カ月プランをご利用ください。無償版の対象となっている企業規模などに関わらず、業務で活用していただけます。
※LICENSE ONLINEでご購入いただけます。
※全て税別価格です。
1 YEAR
本格的に導入したい方へ
Standard
¥ 34,200/1年
Ultimate
¥ 169,100/1年
長期的な利用をご希望の方は、1年間プランをご利用ください。3カ月プランと比較し、リーズナブルな価格でご利用いただけます。
※LICENSE ONLINEでご購入いただけます。
※全て税別価格です。

Standard と Ultimate の機能

Fusion 360には、Standard、Ultimateの2つの種類があります。解析とCAMの機能差がございます。

機能 Standard Ultimate

サブスクリプションサービス(最新版更新、フォーラム、クラウドクレジットなど)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

デザイン(スケッチ、ハイブリッドモデリング、アセンブリ)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

ドキュメンテーション(2次元図面、アニメーション、レンダリング)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

データ共有+コラボレーション(ライブデザインレビュー、データシェアなど)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

アクセシビリティ(Mac & PC、ブラウザデータアクセス、モバイルでの閲覧)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

シミュレーション(静解析、共振解析、熱、熱応力解析)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

マニュファクチャリング(3Dプリント、旋盤、CAM:2.5軸、3軸)

  • Standard
  • Ultimate
あり あり

アドバンスドシミュレーション(非線形静的応力、座屈、イベントシミュレーションなど)

  • Ultimate
あり

アドバンスドマニュファクチャリング(CAM:4軸、5軸)

  • Ultimate
あり

Autodesk社公認セミナー

業務立ち上げに最適なFusion 360教育セミナー
サポートサービス

アセンブリや図面作成、解析機能など業務で必要な
知識や使い方を「短期間」で「効率良く」学習できます。

トレーニング

Fusion 360 CADセミナー(3日間)

150,000円/人

Fusion 360 CAMセミナー(2日間)

100,000円/人

CAM機能のみを利用されるお客さまでも、CAD機能を合わせて使用することにより効果的な使用が可能となりますのでCADとCAM両方のセミナーを受講することをお勧めしております。

ソフトウェアサポート

年間サポートサービス
CADサポートサービス
年間120,000円/人
CAD/CAMサポートサービス
年間170,000円/人
CAD/CAEサポートサービス
年間170,000円/人
CAD/CAM/CAEサポートサービス
年間220,000円/人

サポートサービスの対象者さまはセミナー受講者さま及びセミナー受講予定者さまとなります。

その他のサービス

技術コンサルティング(1日〜)

160,000円/日

ポストプロセッサの作成

300,000円/台

※全て税別価格です。

価格表(PDF)

動作環境

Apple Mac® OS® X Yosemite (10.10.5)、OS® X El Capitan (10.11.x)、OS® X Sierra (10.12.x)
Microsoft® Windows® 7 SP1 または Microsoft® Windows® 8.1、Windows® 10
CPU: 64 ビット プロセッサ(32 ビットはサポートされていません)
メモリ: 3 GB の RAM (4 GB 以上を推奨)
ADSL 以上のインターネット接続速度
ディスク容量: 最大 3.5 GB
グラフィックス カード: GDDR RAM 512 MB 以上(Intel GMA X3100 カードを除く)
ポインティング デバイス: マイクロソフト社製マウスまたはその互換製品、Apple Mouse、Magic Mouse、MacBook Pro Trackpad
インポート可能なファイル形式
Auotdesk Alias (*.wire)、AutoCAD DWG ファイル(*.dwg)、Autodesk Fusion 360 アーカイブ ファイル(*.f3d)
Autodesk Fusion 360 ツールパス アーカイブ ファイル(*.cam360)、Autodesk Inventor ファイル(*.ipt、*.iam)、
CATIA V5 ファイル(*.CATProduct、*.CATPart)、DXF ファイル(*.dxf)、FBX (*.fbx)、IGES (*ige、*iges、*igs)
NX (*prt)、OBJ (*.obj)、Parasolid バイナリ ファイル(*.x_b)、Parasolid テキスト ファイル(*.x_t)、
Pro/ENGINEER および Creo Parametric ファイル(*.asm、*.prt)、Pro/ENGINEER Granite ファイル(*.g)
Pro/ENGINEER Neutral ファイル(*.neu)、Rhino ファイル(*.3dm)、SAT/SMT ファイル(*.sab、*.sat、*.smb、*.smt)
SolidWorks ファイル(*.prt、*.asm、*.sldprt、*.sldasm)、STEP ファイル(*.ste、*.step、*.stp)、STL ファイル(*.stl)​
SketchUp ファイル(*.skp)

お問い合わせ

Fusion 360の導入・販売を検討中の企業さまへ!
まずはソフトバンク コマース&サービスにお問い合わせください!
Fusion 360の導入を検討している企業のご担当者さまの中には、「なんとなくわかったけど、実際導入はどうしたらいいの」、「業務にどう活用していけばいいの」などとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。ソフトバンク コマース&サービスでは、導入時のコンサルティングや貴社に合った形でのご提案が可能です。

ご相談、ご質問がございましたら
ソフトバンク コマース&サービスに、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ