ご相談

Microsoft 365 Apps for business / Microsoft 365 Apps for enterpriseは1ユーザーあたりPC5台までインストールできるとありますが、1ライセンスを複数ユーザーで利用できますか?

概要

回答

  • (※) Microsoft 365 Apps for businessは「共有モード」でのインストール機能がないため不可
  • ※Office 365 ProPlusはMicrosoft 365 Apps for enterpriseに名称変更されました

Office 365は利用ユーザーに紐付くユーザーサブスクリプションですので、基本的には利用するユーザー分のMicrosoft 365 Apps for business / Microsoft 365 Apps for enterprise のサブスクリプションをご契約いただく必要があります。

Microsoft 365 Apps for business / Microsoft 365 Apps for enterprise は1ユーザーあたりPC5台までOfficeアプリケーションをインストールできる特典がありますが、インストール出来るPCは、同一ユーザーが所有・利用するPC5台までとなります。Microsoft 365 Apps for business / Microsoft 365 Apps for enterprise 1ライセンスで別々のユーザーが所有するPC5台へのインストールすることは、Office 365の規約違反となりインストール出来ませんのでご注意ください。

ただし、複数ユーザーでPCを共有して利用する「共有PC」でOffice 365を利用したい場合、Office 365 Microsoft 365 Apps for enterprise であれば共有モードでインストールしていただくことが可能です。(Microsoft 365 Apps for businessは「共有モード」でのインストール機能がないため不可)

尚、通常Office 365のOfficeインストール時にはWindowsアカウントを分けた状態でのインストールが必要となりますが、共有PCの場合でも、各ユーザー単位でWindowsアカウントを作成する必要があります。しかし共有モード時は、1ユーザー5デバイスまでの利用端末数の制限が解除されます。

この「共有PC」モードでのインストールが必要なケースについて、一般的にはVDI、RDS、ADの移動プロファイル(端末を固定せずにフリーアドレス制)で利用するケースが想定されています。