移行が間に合わないアプリケーションを延命する Webアプリ延命ソリューション

アプリケーションのサポート終了で、システム移行が間に合わない

  • サポート終了以降、
    システムが安定的に利用できない

  • サポートが終了した業務システムの対応がまだできていない

  • サポートが終了したシステムを
    もう少し使用し続けたい

これらの課題を
Webアプリ延命ソリューションが
解決します!

Webアプリ延命ソリューションとは

レガシーなIE用アドオン(ActiveX)に依存したWebアプリをIE互換ブラウザ(Simple Browser)とVMware ThinAppの
アプリケーション仮想化技術を組み合わせて、カプセル化しサンドボックス形式で利用するソリューションです。
OS に依存しない形でウェブブラウザとアドオンを実行できるため、
レガシーなIE用アドオンが必要なWebアプリを延命し継続利用できるようにします。

Flash 延命ソリューション

閲覧制限・
ブラウザ自動切替の実現も可能

  • 閲覧制限 Flash 閲覧用のブラウザでは、インターネットサイトを閲覧させない。
  • ブラウザ自動切替 Flash 以外のサイトは、その他のブラウザに自動リダイレクトさせる。

✳︎別ソリュ―ション「Thinbridge」との組み合わせが必要となります。

Webアプリ延命ソリューションの
リーフレットをダウンロード

移行が間に合わないアプリケーションを延命する「Webアプリ延命ソリューション」の
詳細をダウンロード資料でご確認ください。

リーフレットをダウンロードする

アプリケーション仮想化により
Webアプリの延命を実現する VMware ThinApp

VMware ThinApp は、アプリケーションをカプセル化してポータブルなパッケージにすることで、
アプリケーションの展開を簡素化。アプリケーションを基盤となるOSから分離するとともに、
個々のアプリケーション間を完全に分離することで、様々なデバイスに展開できるようになります。

レガシーなWebアプリを利用した
システムの継続利用は
SB C&Sにご相談ください

※製品名およびサービス名等は、各社の登録商標となります。