お問い合わせ

VMware vCenter Server

VMware vCenter Serverは、VMware vSphere環境の統合的な管理・運用を可能にします。

  • SDDC
  • 仮想化を学ぶ
  • プラットフォーム

製品概要

VMware vSphere 環境の統合管理製品

vCenter Server は vSphere を用いた仮想環境を統合管理するための製品です。テンプレート機能により複数サーバーに対して同じ内容の作業を一括で適用したり、仮想マシンを別のサーバーに移動したりすることが可能です。より効率的な仮想環境の管理を可能にします。

VMware vSphere環境の統合管理製品

vCenter Server と vSphere を組み合わせるとできること

vCenter Server の有無による利用可/不可機能一覧

ピンチアウトしてご確認ください

vSphere のみ
基本機能 仮想マシンの作成
スナップショット
リソースプール
パフォーマンス監視
アクセス制御
Converter
vCenter Server あり
「vSphere のみ」で利用できる機能
+
基本機能 クローン
vApp
オフライン・マイグレーション
テンプレート
タスクスケジュール
アラーム
ログ抽出
分散機能 vMotion(オンライン・マイグレーション)
Storage vMotion
DRS/Storage DRS
DPM
HA
FT
vDS
ホストプロファイル
プラグイン機能 Update Manager
Guided Consolidation
Orchestrator

vCenter Server と vSphere を組み合わせると有効になる機能の一例

  • HA(High Availability)
    ホストサーバの物理障害時、システムダウンした仮想マシンを、別のホストサーバ上で自動的に再起動されるので、 システム障害時のダウンタイムを最小化することが可能になり、また自動復旧の為、緊急対応が不要になります。
  • vMotion
    システムが稼働した状態のまま、仮想マシンを別のホストサーバに移動させることが可能です。 これによりメンテナンスをいつでも実施でき、オンラインのままリソースの再配置も可能になります。
  • DRS
    ホストサーバ毎のリソース負荷状況をモニタリングし、自動的に vMotion を実行、ロードバランシングを行います。 各ホストサーバの負荷を平準化することで、それぞれの仮想マシンのパフォーマンスを最大化することが可能です。

特長

仮想マシンやディスクの移動、再起動、二重化など、管理統合を手軽に

vCenter Server を利用すれば、仮想環境の統合管理がとてもスムーズに、そして手軽になります。例えば OS やハードウェアの障害を自動的に検知し別のサーバーでの仮想マシンの再起動、仮想マシンの別サーバーへの移動やディスクの移動、さらには仮想マシンを別々のサーバーに用意して二重化することで障害に対するリスクを下げたりといった、仮想環境管理の様々な場面で vCenter Server が活躍します。

主な機能

統合的な管理

vSphere インフラストラクチャ全体を 1つの管理画面から統合管理できます。

優れた拡張性

実行している vCenter Server のバージョンにかかわらず、オンプレミス環境を VMware Cloud on AWS などの vSphere ベースのパブリッククラウドにシームレスに拡張できます。

管理機能の強化

vRealize Log Insight をはじめとする強力なツールにより、管理を簡素化するとともに制御性を向上させることができます。

プロアクティブな最適化

vCenter Server でリソースの割り当てと最適化を行うことで、効率性を最大化。vSphere を用いた仮想インフラの統合管理により、効率的な仮想マシンのデプロイやリソースの監視、タスクやログの管理をプロアクティブに行えます。

シンプルな展開

仮想環境に最適化され、メンテナンスが容易なパッケージ済みの仮想アプライアンスとして vCenter Server を迅速に展開。VMware vSphere Update Manager と vCenter Server Appliance との連携により、パッチ適用やアップグレードを迅速かつ簡単に行えるほか、RESTful API を使用することで、テンプレートを用いて vCenter Server Appliance を繰り返し展開することも可能です。これにより、展開にかかる時間を短縮すると同時に、展開に伴う人的ミスも削減できます。
さらに vCenter Server Converge Tool を使用すれば、外部 PSC トポロジーを用いる複雑な vCenter Server から、組み込み型の PSC を用いてシンプルかつ容易に管理できる vCenter Server へと移行できます。

エディション

vCenter Server では、次のパッケージを提供しています。

  • vCenter Server Essentials: vSphere Essentials Kit の統合管理
    ※Essentials は Suite 製品である vSphere Essentials Kit のバンドルとしてのみ購入可能です。
  • vCenter Server Standard: 拡張性の高い管理機能により、vSphere 環境内のすべての仮想マシンの迅速なプロビジョニング、監視、オーケストレーション、および制御が可能

ピンチアウトしてご確認ください

vCenter Server
Essentials Foundation Standard
ホスト数 最大3台 4台※ 無制限
管理対象のvSphere vSphere Essentials および
vSphere Essentials Plus
vSphere Standard、 vSphere Enterprise Plus、および vCloud Suite vSphere Standard、
vSphere Enterprise、
vSphere Enterprise Plus、
vSphere with Operations Management、および vCloud Suite

vCenter Server Appliance は事前構成された Linux の仮想マシンです。
Appliance版は、Windows Server のライセンスが不要となるほか、インストール不要で簡単に構築することができます。

※ vCenter Server Foundation 6.5 U1 以降かつ vSphere 5.5 以上で利用される場合のみ、4台まで管理可能です。上記より古いバージョンでご利用する場合、管理可能台数は3台です。

関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。