お問い合わせ

VMware vSphere

VMware vSphereとは、VMware vSphere ESXiを含む仮想化ソフトウェアのスイートの総称です。
仮想化プラットフォームを実現します。

  • SDDC
  • 仮想化見直し
  • 仮想化を学ぶ
  • プラットフォーム

製品概要

業界をリードする仮想化およびハイブリッド クラウド向けプラットフォーム

VMware vSphere (以下、vSphere) は、業界をリードする仮想化およびハイブリッド クラウド向けのプラットフォームとして、大規模環境のシンプルで効率的な管理を可能にするほか、包括的なセキュリティー機能、ユニバーサル アプリケーションプラットフォーム、シームレスなハイブリッドクラウド環境を提供し、デジタルトランスフォーメーションを推進します。これにより、アプリケーションのパフォーマンスが向上し、あらゆるクラウドの基盤となるスケーラブルでセキュアなインフラストラクチャが実現します。

製品構成

仮想化基盤の中心的存在

vSphereとは、VMware vSphere ESXi(以下 ESXi)を含む仮想化ソフトウェアのスイートの総称です。vSphere により、仮想化プラットフォームを構築できます。

製品構成

主な機能

HA:システム障害時のダウンタイムを最小化

障害が発生しシステムダウンした仮想マシンを、別の物理サーバー(ホスト)上で自動的に再起動。自動復旧が可能なため、緊急対応から開放されます。専用のハードウェアおよびソフトウェアは必要ありません。
*100%の仮想マシンの保護を実現するvSphere FT(Fault Tolerance)という機能もあります

HA:システム障害時のダウンタイムを最小化

vMotion:サーバの計画的なメンテナンスが常時可能に

システムが稼働した状態のまま、仮想マシンを別の物理サーバー(ホスト)に移動させ、オンラインのままリソースを再配置します。

vMotion:サーバの計画的なメンテナンスが常時可能に

DRS:仮想デスクトップのパフォーマンスを最大化

システムを稼働状態のまま、仮想マシンを別の物理サーバー(ホスト)に移動させることが可能になります。また、ホスト部のリソース利用状況をモニタリングし、自動的にロードバランシングを行います。

DRS:仮想デスクトップのパフォーマンスを最大化

vDS:ネットワーク構成を一元管理・監視可能

vSphere Distributed Switch を使用すると、スイッチに関連付けられているすべてのホストのネットワーク構成を一元管理して監視できます。 vCenter Server システム上で Distributed Switch の設定を行うと、スイッチに関連付けられているすべてのホストにその設定が伝達されます。

vDS:ネットワーク構成を一元管理・監視可能

ライセンス

ライセンス体系

vSphereのライセンスには、仮想環境の構築に必要なツール一式を揃えたスイート製品「キット」と、CPU単位で提供する「エディション」の2つがあります。vCenter Foundationは4台まで管理可能です。(ただしvCenter Server 6.5 U1以降 + vSphere5.5以降(4ホスト管理可能)
※それ以外のバージョンでは今まで通り3ホスト管理となります。

ライセンス体系

キット製品

キット製品

vSphere のキット製品には、「Essential Kit」「Acceleration Kit」の2つがあります。

Essential Kit

物理サーバ 3 台ⅹ 2CPU まで運用可能な小規模スタートに最適なキット

Essential Kit

Acceleration Kit

初めてのお客様に最適な、オールインワンのキット
*お客様のサイト1か所につき1つまで

Acceleration Kit

Essentials Kit の機能一覧

vSphere Essentials Kit vSphere Essentials Plus Kit
概要 統合管理によるサーバーの仮想化と統合 サーバーの仮想化と統合、およびビジネス継続性
ライセンス単位 1セット 1セット
ライセンス権限 3台の物理サーバー(それぞれ最大 2プロセッサー) 3台の物理サーバー(それぞれ最大 2プロセッサー)
同梱される vCenter Server vCenter Server for Essentials vCenter Server for Essentials
機能
ESXi
vMotion
High Availability (HA)
vShield Endpoint
vSphere Replication

Essentialからのアップグレードパス

vSphere Essentials キットは下図のような形でアップグレードが可能です。vSphere Acceleration Kit は、通常のvSphereを単体で追加することで拡張可能です。

Essentialからのアップグレードパス

エディション製品と機能一覧

エディション製品

vSphere のエディション製品には、「Standard」「Enterprise Plus」の2つがあります。vCenter Serverは別途購入となります。

エディション製品

エディション製品の比較

vSphere Standard vSphere Standard Acceleration Kit vSphere Enterprise Plus vSphere Enterprise Plus Acceleration Kit
ライセンス・バンドル
ライセンス単位 1 CPU 単位
(ソケット数)
6 CPU・1セット*1
8 CPU・1セット*1
1 CPU 単位
(ソケット数)
6 CPU・1セット*1
同梱するvCenter Server 別途有償 vCenter Server Standard
vCenter Server Foundation
別途有償 vCenter Server Standard
vSphereエディション Standard Standard Enterprise Plus Enterprise Plus

*1 拠点あたり1セットまでの購入となります。それ以上の拡張の場合は、vSphereライセンスを追加ください。

vShpere の機能一覧

vSphere Standard vSphere Standard Acceleration Kit vSphere Enterprise Plus vSphere Enterprise Plus Acceleration Kit
ビジネス継続性とセキュリティー
vMotion® 仮想マシンのライブ マイグレーションが可能になるため、移行時にユーザーへの影響はなく、サービスが停止することもありません。また、計画的なサーバー メンテナンス時にアプリケーションのダウンタイムをスケジューリングする必要がなくなります。 Cross-vSwitch / Cross-Cloud Cross-vSwitch / Cross-vCenter / Long Distance / Cross-Cloud
Storage vMotion® 実行中の仮想マシンのディスク ファイルをストレージ アレイ間で移行することにより、計画的なストレージのメンテナンス時にアプリケーションのダウンタイムが発生することがなくなります。
フォルト トレランス (FT) ハードウェア障害が発生した場合でも、データの損失やダウンタイムなしで、アプリケーションの継続的な可用性を確保します。 2-vCPU 2-vCPU 8-vCPU 8-vCPU
vShield Endpoint® オフロード型のアンチウイルスおよびアンチマルウェア ソリューションにより、アンチウイルス エージェントをインストールする必要のない、セキュアな仮想マシンが実現します。
vSphere Replication® LAN または WAN 経由で、アレイに依存せずに仮想マシンのデータを効率的にレプリケーションできます。仮想マシン レベルのレプリケーションを実現できるため、管理が簡素化されます。
4K ネイティブストレージのサポート 大容量ドライブを活用してプラットフォームのスケーラビリティを向上させます。設備投資コストを削減できます。
vSphere Quick Boot ハードウェアの初期化ステップが省略されるため、パッチ適用とアップグレードに要する時間を大幅に短縮できます。
Single Reboot ホストの再起動ステップが省略されるため、バージョンのメジャー アップグレードに要する時間を大幅に短縮できます。
vCenter High Availability vCenter Server のネイティブな可用性 with vCenter Server
vCenter のバックアップとリストア vCenter Server のネイティブなバックアップとリストア with vCenter Server
vCenter Server アプライアンス移行ツール Windows ベースの既存の vCenter Server 環境を、ワンステップでvCenter Server Appliance に移行およびアップグレードできます。 with vCenter Server
vCenter Server Appliance Converge Tool with vCenter Server
TPM 2.0 のサポートと仮想TPM TPM 2.0 ハードウェア モジュールをサポートし、仮想 TPMデバイスを追加することで、ゲスト OS をオペレーターやゲスト内の攻撃から遮断して保護します。
FIPS 140-2 コンプライアンスと TLS 1.2 サポートにデフォルト対応 セキュリティー コンプライアンスが強化されています。
暗号化された Cross vCenter vMotion
仮想マシンの暗号化 仮想マシンのデータとディスクの保存データを暗号化します。
ハイブリッド クラウドの機能
vCenter ハイブリッドリンクモード オンプレミスの vCenter や、VMware Cloud on AWS などのvSphere ベースのクラウド上にある vCenter の環境全体で、包括的な可視性と管理性を確保できます。 with vCenter Server
vCenter 間でバージョンが混在する場合のプロビジョニング オンプレミスや vSphere ベースのパブリック クラウド環境をまたいでバージョンの異なる vCenter を使用していても、vMotion、完全なクローン、コールド マイグレーションといったプロビジョニング操作をシームレスに実行可能です。 with vCenter Server
クラウドへのホットマイグレーションとコールドマイグレーション ハイブリッド クラウド全体でワークロードのホット マイグレーションとコールド マイグレーションをサポートします。
仮想マシン単位でのEnhanced vMotion Compatibility(EVC) クラスタ間の移行中や再起動中に仮想マシン単位の EVC モードが維持されるため、異なる CPU 間の移行でもハイブリッドクラウド全体でシームレスに実行できます。
リソース割り当ての優先順位の設定とアプリケーション パフォーマンスの向上
Virtual Volumes(VVols) 外部ストレージ(SAN および NAS)デバイスを抽象化し、仮想マシンに対応できるようにします。
ポリシーベースのストレージ管理 (SPBM) ポリシーベースの制御プレーンを使用して、複数のストレージ階層にわたる共通管理と、ストレージの動的なサービス レベル管理の自動化を実現します。
Distributed Resource Scheduler™(DRS)とDistributed Power Management(DPM) ホスト間で自動的にロードバランシングを行うことにより、ビジネス上の優先順位に合わせてリソース使用率を調整します。また、需要の少ない時間帯にホストをパワーオフすることで消費電力を最適化します。
Storage DRS™ 自動ロードバランシング機能により、ストレージの特性を考慮した上で、仮想マシンのデータの作成時および使用時の最適な配置場所が決定されます。
Storage I/O Control (SIOC) 優先順位に従ってストレージ アクセスを提供します。これは、ストレージボリュームの I/O 負荷を継続的に監視し、ビジネス ニーズに基づいてI/O リソースを仮想マシンに動的に割り当てることにより行われます。
Network I/O Control (NIOC) 優先順位に従ってネットワーク アクセスを提供します。これは、ネットワークの I/O 負荷を継続的に監視し、ビジネス ニーズに基づいて I/Oリソースを仮想マシンに動的に割り当てることにより行われます。
Single Root I/O Virtualization(SR-IOV) 1 台の PCI Express(PCIe)アダプターを複数の異なる論理 I/O デバイスとして仮想マシンに認識させることができます。ユーザー側のI/O処理の負荷を軽減し、ネットワーク遅延を低減する機能を提供します。
vSphere パーシステント メモリ パーシステント メモリを活用して、DRAM 相当のパフォーマンスをフラッシュ相当の価格で実現できます。
NVIDIA GRID vGPU 仮想マシンでネイティブの 2D および 3D グラフィックス パフォーマンスを実現します。vGPU でのサスペンドおよびレジューム操作をサポート。vMotionとスナップショット機能のサポートにより、vGPU を使用する仮想マシンをメンテナンス時間中に別のホストに移行し、エンド ユーザーの作業中断を短縮します。
Proactive HA サーバーの健全性に関する情報を取得し、問題が発生する前に、健全性が 低下したホストから仮想マシンを移動します。
Predictive DRS 環境の動作から学習した使用パターンに基づき、需要の急増に先立って ワークロードを事前に再調整します。 VMware vRealize Operations (vROps が別途必要)
管理およびプロビジョニングの自動化
コンテンツ ライブラリ 仮想環境をシンプルかつ効果的に一元管理できます。
vCenter Server Appliance™ の拡張リンクモード と 組み込みの Platform Services Controller 組み込みの Platform Services Controller を使用し、ロード バランサーなしで複数の vCenterをリンクすることで、vCenter Server のトポロジーを簡素化できます。 with vCenter Server
Storage APIs for Array Integration および Storage APIs for Multipathing アレイベースの効率的な運用と、サードパーティのストレージ ベンダーが提供するマルチパス ソフトウェア機能を活用することにより、パフォーマンス、信頼性、スケーラビリティが向上します。
分散スイッチ (vDS) クラスタレベルのネットワーク統合を使用して、プロビジョニング、管理、監視を一元化できます。
ホスト プロファイル および Auto Deploy ホスト レベルで構成設定をキャプチャして、テンプレートとして保存し、別の vSphere ホストの構成時に利用します。ホストの構成変更を監視し、ホストがコンプライアンス違反の状態になった場合に自動で vSphere 管理者にアラートを通知します。
VMware vSphere 7 with VMware Tanzu
(Only available in vSphere 7 Update 1 release)
Tanzu Kubernetes Grid Service Tanzu Kubernetesグリッドサービスを使用すると、開発者は一貫性のある、準拠したKubernetesクラスターを管理できます。 Requires Tanzu Basic edition
vSphere Pod service vSphere Pod Serviceを使用すると、開発者はハイパーバイザー上でコンテナーを直接実行して、セキュリティ、パフォーマンス、および管理性を向上させることができます。 Requires VMware NSX-T and Tanzu Basic edition
Storage service ボリュームサービスを使用すると、開発者はコンテナ、Kubernetes、仮想マシンで使用する永続ディスクを管理できます。コンテナ化されたワークロード用に既存のブロックおよびファイルストレージインフラストラクチャを展開します。 Requires Tanzu Basic edition
Network service ネットワークサービスを使用すると、開発者は仮想ルーター、ロードバランサー、ファイアウォールルールを管理できます。 vSphere Distributed Switch(VDS)の集中型インターフェースを使用して既存のネットワークインフラストラクチャを活用し、VMとKubernetesワークロードのスイッチングアクセスを構成、監視、管理します。 Requires Tanzu Basic edition
Registry service レジストリサービスを使用すると、開発者はDockerおよびOCIイメージを保存、管理、および保護できます。 Requires VMware NSX-T and Tanzu Basic edition
Network Load Balancing Tanzu Kubernetesクラスターのネットワーク負荷を分散することができます。 Available through VMware NSX-T or NSX Advanced Load Balancer Essentials (included in vSphere with Tanzu)

バージョン比較表

構成の上限

vSphere バージョン
vSphere 5.5 vSphere 6.0 vSphere 6.5 vSphere 6.7 vSphere 7.0 *1
Host per Cluster 32 64 64 64 96
(Requires vSphere 7U1)
VMs per Cluster 4,000 8,000 8,000 8,000 8,000
CPUs per Host 320 480 576 768 768
RAM per Host 4 TB 12 TB 12 TB 16 TB 24 TB
(Requires vSphere 7U1)
VMs per Host 512 1,024 1,024 1,024 1,024
vCPUs per VM 64 128 128 256
(Requires vSphere 6.7U2)
768
(Requires vSphere 7U1)
vRAM per VM 1 TB 4 TB 6 TB 6 TB 24 TB
(Requires vSphere 7U1)
Non-Volatile Memory per Host 1 TB 1 TB
Non-Volatile Memory per VM 1 TB 1 TB
Hosts per VMware vCenter Server 2,000 2,000 2,500
Powered-on VMs per vCenter Server 25K 25K 30K
Hosts for 15 linked vCenter Servers 5K 5K 15K
Maximum vCenter Server request latency 200ms 250ms

主な機能

vSphere バージョン
vSphere 5.5 vSphere 6.0 vSphere 6.5 vSphere 6.7 vSphere 7.0 *1
仮想マシンのモビリティと管理
vMotion
Storage vMotion
Content Library
Cross-vSwitch vMotion
Cross-vCenter vMotion*3
Long-Distance vMotion
Cross-Cloud vMotion / Hot Migration*4
Cross-vCenter Mixed-Version vMotion*4
Cross-Cloud Cold Migration*4
Per-VM Enhanced vMotion Compatibility (EVC)
リソース管理
DRS (for compute and memory)
Enhanced DRS
Storage DRS
Storage I/O Controls (SIOC)
Network I/O Controls (NIOC)
Network-Aware DRS
可用性
Fault Tolerance (FT) 1 vCPU 4 vCPU 4 vCPU 8 vCPU 8 vCPU
vSphere Replication
HA VM Component Protection
Orchestrated HA Restart
Proactive HA
vCenter Server HA*3
ストレージ
vSphere Virtual Volumes
Storage policy-based management
NFS 4.1 support
Automated UNMAP
Support for 4K native storage
セキュリティー
Multi-Factor Authentication
vSphere Security Hardening & Compliance
Virtual Machine Encryption
Secure Boot
Audit Quality Logging
Cross-vCenter Encrypted vMotion
Support for TPM 2.0
Virtual TPM 2.0
Support for Microsoft VBS,including Credential Guard
FIPS 140-2 Validated
vSphere Trust Authority
Identity federation with Active Directory Federation Services
幅広いアプリケーション対応
Instant Clone
Nvidia GRID vGPU
vSphere Integrated OpenStack (VIO)
vSphere Integrated Containers (VIC)
Suspend & Resume for Nvidia GRID vGPU
vSphere Persistent Memory
Support for Memory Mapping for 1GB Page Sizes
Support for RoCE v2
iSCSI Extension for RDMA (iSER)
Support for RDMA-Infiniband
Assignable hardware support for vGPU and vSphere DirectPath I/O initial placement
vSphere Bitfusion (Requires add-on) *4 (Requires add-on) *4
システム管理
vCenter Server Appliance (vCSA) Limited
Enhanced Linked Mode
Certificate Management
Migration to vCenter Server Appliance
vCenter Server Hybrid Linked Mode*5
vCenter Server Backup and Restore*6
HTML5-based vSphere Client
REST-Based APIs for vCenter Server Management
Enhanced Linked Mode for vCenter Server Appliance with Embedded Platform Services Controller™ *5
Single Reboot Upgrades
vSphere Quick Boot
vCenter Server Appliance Backup with built-in Scheduler and Retention*5
vSphere Lifecycle Manager
vCenter Server update planner
vCenter Server profiles
vSphere Ideas
vSphere バージョン
vSphere 5.5 vSphere 6.0 vSphere 6.5 vSphere 6.7 vSphere 7.0 *1
VMware vSphere 7 with VMware Tanzu *2
(Requires Tanzu Basic edition and vSphere 7 Update 1 release)
Application focused management
VMware Tanzu Kubernetes Grid Service for vSphere
vSphere Pod Service Requires VMware NSX-T
Storage Service
Network Service
Registry Service Requires VMware NSX-T
Load Balancing Use VMware NSX-T or our partner HAProxy

*1 The End of General Support for vSphere 6.0 was March 12, 2020 per KB66977. To maintain your full level of support and subscription services, VMware recommends upgrading to the newly released vSphere 7 Update 1 version.
*2 vSphere with Tanzu is available through the Tanzu Basic edition. Pre-requirements for 'vSphere with Tanzu' capabilities are that customers already have the vSphere Enterprise plus edition, and that they have upgraded to vSphere 7 Update 1.
*3 Compatible with vSphere 6.0, U1, U2 and U3 for vMotion between same versions. Backwards compatible with vSphere 6.0 U3+ and vSphere 6.5 U1+.
*4 vSphere Bitfusion is available through a new add-on for all Enterprise plus customers. Visit the vSphere pricing and packaging whitepaper for more details about the add-on for vSphere Bitfusion.
*5 Backwards compatible with vSphere 6.0 U3+ on-premises and with vSphere 6.5 on premises. Compatible with vSphere 6.5 U2+ on-premises.
*6 For vCenter Server Appliance only.

関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。