ソフトバンクC&Sがご紹介する Nintex Workflow for Office 365 Nintex Workflow for Office 365

メニュー

Nintex Workflow for Office 365とは

Nintex Workflow for Office 365は、Microsoft の Office 365(SharePoint Online)に対応した
ワークフローオートメーションサービスです。

  1. Nintex Workflow for Office 365 とは

Office 365上で、ワークフローを 手軽に、身近に、分かりやすく

例えば、交通費の経費精算、休暇や出張の申請、購買申請をはじめとした社内稟議、営業日報、新規アカウント申請と作成・・・
数多くのステップ・人員・時間をかけて行われる、こうした日常業務で発生する様々な"仕事・業務の流れ"(=ワークフロー)を、Office 365(SharePoint Online)上で手軽に、身近に、分かりやすく自動化する、それがNintex Workflow for Office 365です。

ドラッグ&ドロップの簡単操作・ノンコーディングで動かせるワークフロー

図:ドラッグ&ドロップの簡単操作・ノンコーディングで動かせるワークフロー

Nintex Workflow for Office 365の特長は、何と言ってもSharePoint Onlineのエンジンを利用して動くサービスであること。特にOffice 365をご利用されているユーザーの方にとって、重要な書類のやり取りも発生するワークフローがOffice 365(SharePoint Online)の中だけで完結することはセキュリティの観点からも一つの理想ですが、今までSharePoint Onlineのみを利用してワークフローの自動化を図ろうとすると大変高度な知識と技術が必要でした。
Nintex Workflow for Office 365は、この問題を劇的に解決。ドラッグ&ドロップの簡単操作・ノンコーディングでワークフローの自動化を実現します。

業務をサービスに合わせるのではなく、サービスを業務に合わせる

その他のワークフローサービスでは、予め決められたテンプレートに自社のワークフローを(時には無理やり)合わせに行く必要があり、社員が今までとは違うやり方や考え方で業務を強いられることがありました。
Nintex Workflow for Office 365は、自社の業務にワークフロー側を合わせると言った発想で、自社の業務の流れに合わせて自由に自社専用のワークフローを組むことができます。

Nintex Workflow for Office 365 の特長とメリット


ドラッグ&ドロップでノンコーディング

ブラウザ上でドラッグ&ドロップをするだけで、単純なワークフローから複雑なワークフローまで、また申請書画面も、誰でも簡単に作成できます。
更に、タブレットやモバイル端末向けのUIも、クリックひとつで簡単に作成することができます。
つまり、ワークフローを作成するためにコーディングはもう必要ありませんし、カスタマイズもしやすい。開発費用や運用費用の削減に繋がります。

図:ドラッグアンドドロップをするだけでワークフローが構築する

サーバー構築不要

Nintex Workflow for Office 365はクラウドサービスなので、新たなサーバー構築や増設は不要ライセンス以外の余計な初期導入費用がかかりません。自社にサーバーがなくても、Nintexがあれば様々なクラウドサービス(Office 365、Salesforce、Microsoft Dynamics CRM、Dropbox)をまたいで行われる一連の業務をつなげることができます。

図:クラウドサービスで、サーバー構築不要

情報を集約して管理を楽に

Nintex Workflow for Office 365は、Office 365(SharePoint Online)のエンジンを利用してSharePoint Online上で動作します。
そのため、お客さまの大切なデータをOffice 365の中だけに集約できるので、もうあちこちのサーバーにデータを保存しておく必要はありません。しかも、最初から紙ではなくデータで業務をシステマチックに回すことで、情報管理の手間だけでなく、ペーパーレスやそれによるコスト削減も見込めます

図:情報を集約して管理を楽に

タブレットやスマートフォンでも

Nintex Workflow for Office 365は、モバイルとの連携も簡単です。
モバイル用の申請画面の作成もクリック1つで生成できます。また、モバイル用のアプリケーションも提供されているので、例えば外出先でタブレットやスマートフォンを利用してワークフローの申請や申請に対する承認を行えるようになり、さらなる業務の効率化やスピードアップに繋がります。

図:タブレットやスマートフォンとPCが連携して

Nintex Workflow for Office 365の機能

Nintex Workflow for Office 365は次の機能から構成されており、1ライセンスに全て含まれています。

※これらの機能は単体で切り出して販売はしていません。Nintex Workflow for Office 365のライセンスに全て含まれています。

ビジネス プロセスを迅速かつ簡単に自動化

Nintex Workflow

ビジネスプロセス(ワークフロー)を迅速に、且つドラッグ&ドロップの簡単な操作で設計できます。

あらゆるデバイスで使用可能なフォームを作成

Nintex Forms

フォーム(ユーザーの情報入力画面。申請書など)をドラッグ&ドロップの操作で簡単に作成、公開、配布を行います。モバイル対応も、クリック一つで簡単に作成します。

時間や場所、デバイスを選ばない作業環境

Nintex Mobile

どのデバイスからでもワークフローのプロセスにアクセス可能にします。オフラインでも使用可能。Nintex Mobileを活用すれば、外出先での申請や承認が可能になり、業務の効率化、スピードアップに貢献します。

クラウドや他のアプリケーションに接続

Nintex Connectors

TwitterやFacebook、DropBox、Azure、AWSをはじめとした様々なクラウドアプリケーションと連携できます。

※Salesforce、MicrosoftのDynamics シリーズとのConnectorは、Enterprise エディションのみの提供となりますのでご注意下さい。

Salesforceと連携したドキュメント作成

Drawloop

Salesforceと連携させて、ドキュメント(PDF, Word, Excel)を作成できます。

詳しく見る

詳しく見る

詳しく見る

国内初のNintex Workflow for Office 365
ディストリビューター
ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、Nintex Workflow for Office 365の販売パートナーとして、国内初のディストリビューターです。
上記製品の他、4,000社の取扱いメーカーの39万点以上のIT商材、モバイル通信をはじめとするネットワークインフラ、これまでに培ったノウハウを活かした各種コンサルタンティングサービスを、7,000社の販売パートナーを通じてユーザー様にご提供することが可能です。
  • Office 365相談センターへ
  • 五味ちゃんにきいてみよう

お問い合わせはこちら