退職・異動した従業員のアクセス しっかり管理しないとこんなリスクが…
  • 不正アクセス
  • 情報漏えい
  • コスト増加
VMware Workspace ONE® が煩雑なアクセス管理をすっきり解決!

働き方の多様化、従業員の流動化が加速する中
このような問題が起こっているかも!?

管理部門で退職・異動した従業員のアクセスを把握しきれずそのまま放置されている

管理部門で退職・異動した
従業員のアクセスを把握しきれず
そのまま放置されている

  • 不正アクセス

    不正アクセス

    元従業員がサービスにアクセスできる状態になっている

  • 情報漏えい

    情報漏えい

    従業員任せの単純化されたパスワードで情報が流失する危険がある

  • コスト増加

    コスト増加

    使用していないサービス費用を払い続けている

VMware Workspace ONEなら
ユーザー毎にサービスや
アプリケーションを管理できます

ユーザー毎に利用可能なアプリケーションやサービスをデジタルワークスペースで一元管理して提供するWorkspace ONEなら、従業員が退職したり異動によって権限が変更になっても、アクセス権の削除や変更がより簡単に管理できるようになります。

VMware Workspace ONEならユーザー毎にサービスやアプリケーションを管理できます

Workspace ONEのポータルは、ユーザーが使用可能なアプリケーションを一覧から制御できるので、従業員の権限に合わせたアクセス制御を迅速に設定できます。またWorkspace ONEへのアクセスを削除すれば、在職中に使用していたすべてのアプリケーションにもアクセスができないため、アカウントの無効化や削除の作業漏れを防ぐことができます。

VMware Workspace ONEなら
デバイスやユーザー単位で
アクセスの制限ができます

ガイドラインに準拠した「汚染されていないデバイスのみ」がアクセスを許可され、ポリシーに違反したデバイスは自動的にブロック。いちいち違反デバイスを摘発する手間が省け、生産性の高いデバイスを活用できるようになります。

VMware Workspace ONEならデバイスやユーザー単位でアクセスの制限ができます

ポリシーに違反したデバイスや
ユーザーの接続をブロック
退職・異動した従業員のアクセスをしっかり管理

VMware Workspace ONEなら
増え続けるパスワードも
一元管理できます

Workspace ONEなら、1つのIDとパスワードでさまざまなサービスを利用できるシングルサインオンを簡単に導入できます。
IT管理者はユーザー毎にあわせたアプリケーションやVDI、SaaSなどのサービスをまとめたデジタルワークスペースを従業員に提供し、従業員は1つのIDとパスワードで提供されたサービスをすべて利用することができます。

VMware Workspace ONEなら増え続けるパスワードも一元管理できます

増え続けるパスワード問題を解決
ID/パスワード入力の
煩わしさからも解放

退職・異動した従業員のアクセスを
しっかり管理したいなら
SB C&Sにご相談ください
VMware Workspace ONEなら
こんなことも解決できます
パスワード問題の悩みを解決!VMware Workspace ONE のシングルサインオン(SSO)
パスワード問題の悩みを解決!
VMware Workspace ONE のシングルサインオン (SSO)

パスワードの悩みを解決すると、「生産性」と「セキュリティー」を両立できます。

詳しくはこちら
VMware Workspace ONEでログイン時のセキュリティーを強化する2要素認証を実現
VMware Workspace ONEでログイン時の
セキュリティーを強化する 2要素認証を実現

ユーザーの所有デバイスを使用した「2要素認証」でなりすましを防止して複数のサービスを1つのパスワードで利用可能なシングルサインオン(SSO)をさらにセキュアに!

詳しくはこちら
デジタルワークスペースの中核を担うVMware Workspace ONE
デジタルワークスペースの中核を担う
VMware Workspace ONE

ユーザーごとに仮想的な作業環境(デジタルワークスペース)を提供し、デバイスを問わずにあらゆるアプリケーションをシンプルかつセキュアに提供・管理できる、プラットフォーム製品です。

詳しくはこちら
退職・異動した従業員のアクセスを
しっかり管理したいなら
SB C&Sにご相談ください

※製品名およびサービス名等は、各社の登録商標となります。