VMware vSAN

ハイパーパイザーに統合されたシンプルで高性能な仮想化ストレージです。

  • SDDC
  • HCI導入
  • SDS導入
  • 次のステップ
  • SDS
  • HCI

製品概要

サーバー内蔵ディスクを共有ストレージに

vSANは、ハイパーパイザーに統合されたシンプルで高性能な仮想化ストレージです。vSANの機能そのものは vSphereカーネル自体に組み込まれているため、ストレージ管理に専用のGUIは必要なく普段から使い慣れた vSphere Web Clientからの一元管理が可能で、オーバーヘッドも少なく高パフォーマンスを実現します。
従来の共有型ストレージアレイを不要とするため、コストを抑えたエンタープライズクラスの高可用性ストレージシステムの構築が可能です。

サーバー内蔵ディスクを共有ストレージに

導入のメリット

vSAN は、Software-Defi ned Data Center の核となる構成要素であり、次のようなメリットがあります。

シームレスな拡張

  • ハイパーバイザーや主要なクラウドへの組み込み
  • 既存ツールのコンピューティング環境やストレージでの使用
  • 既存の投資の保護と最適化

優れた柔軟性

  • フル スタックの HCI とデジタル基盤への拡張
  • ベンダーが提供する認定ソリューションのニーズに応じた選択
  • ポリシーベースの管理下でのリソースの統合

クラウドならではの汎用性

  • エッジからコア、クラウドまでの一貫性のある運用
  • 保存中および転送中のデータのセキュリティー確保
  • 数百のパブリッククラウドプロバイダーへの対応

特長

シンプル、高パフォーマンス、コストの削減

vSANの特徴は、クリック2回でインストールができ、vSphereに統合された管理など非常にシンプルであることに加え、vSphereカーネル自体に組み込まれ、フラッシュによる高速化など高いパフォーマンスを発揮できる点があげられます。 さらに、専用の共有ストレージが不要であるため、コストを大幅に削減ができることも重要なポイントです。

非常にシンプル

  • クリック2回でインストール
  • vSphere Web Clientに統合された管理
  • ポリシーベースの運用
  • 各種VMwareスタックとの高度な統合

高いパフォーマンス

  • vSphereカーネルに組み込み
  • フラッシュによる高速化
  • 64ノードクラスタおよびオールフラッシュ構成字で600万IOPS超を実現
  • 細かい単位で増設が可能で、増設時のパフォーマンスもリニアに増加

高いTCO(総所有コスト)の削減

  • 専用の共有ストレージが不要であるためコストを大幅に削減
  • 小さく始められるため、無駄な先行投資が不必要
  • 必要に応じて柔軟な拡張投資が可能
  • 専門スキルが不要
  • 高度な自動化による簡単な操作

柔軟な拡張

柔軟な拡張

利用シーン

ビジネスクリティカルなアプリケーション

Oracle、Exchange、SAP などのビジネス クリティカルなアプリケーションにエンタープライズ クラスの信頼性、セキュリティー、パフォーマンスを提供します。

リモート オフィスおよび支社の管理

リモートオフィスや支社に専任のIT スタッフがいなくても集中管理できます。

仮想デスクトップ インフラストラクチャー

小規模な構成からスタートし、必要に応じてダウンタイムなしで拡張できるため、インフラストラクチャーコストを削減できます。

ディザスタ リカバリ

IT スタッフがいないリモート ディザスタ リカバリ サイトでもデータを保護。インフラストラクチャーコストを削減して、ディザスタ リカバリ(DR)の運用と管理を簡素化します。

利用シーン

一つ先のインフラ環境「ハイパーコンバージドインフラ」とは?

サーバー仮想化がエンタープライズIT の技術としてすっかり根付き、次に注目を集めているのがストレージの仮想化です。サーバーとともにストレージも仮想化することによって、IT リソースの動的な運用と、それに伴うコスト削減、俊敏性の高いインフラ運用が可能になります。さらにネットワークも合わせて仮想化することにより、ソフトウェアでデータセンターのインフラ全体を動的に制御できるSDDC(Software-Defined Data Center)への道が開けるようになります。
このストレージの仮想化、そしてネットワーク仮想化を効率的に実現できる方法として、現在大きな注目を集めているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)です。

ハイパーコンバージドインフラ

非常にシンプルな構成でハイパーコンバージドインフラ(HCI)を提供

vSAN による(HCI)は、従来の仮想化環境や一般的な HCI と比較して、「シンプルな構成」「柔軟な拡張性」「運用負荷の軽減」という3つの特長があります。

非常にシンプルな構成でハイパーコンバージドインフラ(HCI)を提供

「ハイパーコンバージドインフラ」の実現方法、選択のポイントは
ダウンロード資料「ハイパーコンバージドインフラ、選択のポイント」でご紹介しています。

エディションの比較

vSAN の購入概念

vSAN は、「Standard」「Advanced」「Enterprise」の3つのエディションが用意されており、物理 CPU 単位で購入が可能です。

vSAN の購入概念

エディションの比較

Standard Advanced Enterprise
Storage Policy-Based Management ポリシー ベースの制御プレーンを使用して、複数のストレージ階層の共通管理と、動的な SLA の自動化が可能です。仮想マシン単位でポリシーを割り当て、実行中に調整できます。LUN や RAID の構成は必要ありません。
ラックの認識による柔軟な障害対応 vSAN の障害ドメインを利用すると、ディスク、ネットワーク、ホストの障害に加えてラックの障害が発生した場合も運用を継続できます。
ソフトウェアによるチェックサム ソフトウェアによるチェックサムの確認をデータに対して End-to-End で行い、ディスクの静的なエラーを検出して解決し、データの整合性を確保します。
オールフラッシュのサポート ホスト 1 台あたり最大 10 万 IOPS、1 ミリ秒未満の応答時間という予測可能な一貫したパフォーマンスを提供するオール フラッシュ アーキテクチャを構築できます。
ブロック アクセス(iSCSI) iSCSI アクセスによって、仮想化されていない新しいワークロードにも拡張可能です。
QoS:IOPS の制限 仮想マシンごとに使用可能な IOPS の上限を設定することで、さまざまなワークロードのパフォーマンスの SLA 管理を向上させ、「帯域負荷の高い仮想マシン」の問題を排除します。
インライン重複排除と圧縮
(オールフラッシュのみ)
オール フラッシュ システム向けに最適化されており、容量の使用量を 7 分の 1 に低減して、オール フラッシュのハイパーコンバージド システムの 1 GB あたりのコストを低く抑えます。
イレイジャー コーディング:RAID 5/6
(オール フラッシュのみ)
単一の障害から保護するにはシングル パリティ保護(RAID-5)、2 つ同時に発生する障害から保護するにはダブル パリティ保護(RAID-6)を使用するように、ポリシーを設定して、 RAID の保護レベルを動的に変更し、ストレージの使用率を最大 2 倍向上させます。
vCenter の vRealize Operations 単一の管理画面で HCI 環境を管理、制御します。
保存データの暗号化 どのようなパーシステント メディアに保存されたデータでもクラスタ レベルで暗号化します。
ローカル環境の障害を保護するストレッチ クラスタ サイト障害とローカルのコンポーネント障害の両方から保護します。vSAN は、ローカル サイトのコピーを使用することで優れたパフォーマンスを確保します。
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。