VMware vSAN製品情報

VMware vSANは、ハイパーパイザーに統合されたシンプルで高性能な仮想化ストレージです。

このページの内容

製品概要

サーバー内蔵ディスクを共有ストレージに

vSANは、ハイパーパイザーに統合されたシンプルで高性能な仮想化ストレージです。vSANの機能そのものは vSphereカーネル自体に組み込まれているため、ストレージ管理に専用のGUIは必要なく普段から使い慣れた vSphere Web Clientからの一元管理が可能で、オーバーヘッドも少なく高パフォーマンスを実現します。
従来の共有型ストレージアレイを不要とするため、コストを抑えたエンタープライズクラスの高可用性ストレージシステムの構築が可能です。

サーバー内蔵ディスクを共有ストレージに

特長

シンプル、高パフォーマンス、コストの削減

vSANの特徴は、クリック2回でインストールができ、vSphereに統合された管理など非常にシンプルであることに加え、vSphereカーネル自体に組み込まれ、フラッシュによる高速化など高いパフォーマンスを発揮できる点があげられます。 さらに、専用の共有ストレージが不要であるため、コストを大幅に削減ができることも重要なポイントです。

非常にシンプル

  • クリック2回でインストール
  • vSphere Web Clientに統合された管理
  • ポリシーベースの運用
  • 各種VMwareスタックとの高度な統合

高いパフォーマンス

  • vSphereカーネルに組み込み
  • フラッシュによる高速化
  • 64ノードクラスタおよびオールフラッシュ構成字で600万IOPS超を実現
  • 細かい単位で増設が可能で、増設時のパフォーマンスもリニアに増加

高いTCO(総所有コスト)の削減

  • 専用の共有ストレージが不要であるためコストを大幅に削減
  • 小さく始められるため、無駄な先行投資が不必要
  • 必要に応じて柔軟な拡張投資が可能
  • 専門スキルが不要
  • 高度な自動化による簡単な操作

利用シーン

利用シーン

一つ先のインフラ環境「ハイパーコンバージドインフラ」とは?

サーバー仮想化がエンタープライズIT の技術としてすっかり根付き、次に注目を集めているのがストレージの仮想化です。サーバーとともにストレージも仮想化することによって、IT リソースの動的な運用と、それに伴うコスト削減、俊敏性の高いインフラ運用が可能になります。さらにネットワークも合わせて仮想化することにより、ソフトウェアでデータセンターのインフラ全体を動的に制御できるSDDC(Software-Defined Data Center)への道が開けるようになります。
このストレージの仮想化、そしてネットワーク仮想化を効率的に実現できる方法として、現在大きな注目を集めているのがハイパーコンバージドインフラ(HCI)です。

ハイパーコンバージドインフラ

「ハイパーコンバージドインフラ」の実現方法、選択のポイントは
ダウンロード資料「ハイパーコンバージドインフラ、選択のポイント」でご紹介しています。

エディション

ピンチアウトしてご確認ください

製品コンポーネント Standard Advanced Enterprise
ライセンス権限 CPU または VDI デスクトップ単位 CPU または VDI デスクトップ単位 CPU または VDI デスクトップ単位
Storage Policy-Based Management
SSD の読み取り/書き込みキャッシュ
分散 RAID(RAID 1)
vSAN のスナップショットとクローン
ラックの認識による柔軟な障害対応
レプリケーション(5 分の RPO)
ソフトウェアによるチェックサム
オール フラッシュのサポート
ブロック アクセス(iSCSI)
QoS:IOPS の制限
インライン重複排除と圧縮(オール フラッシュのみ)
イレイジャー コーディング:RAID 5/6(オール フラッシュのみ)
ローカル環境の障害を保護するストレッチ クラスタ
保存データの暗号化

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ

VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。