1. VMware App Volumes

VMware App Volumes

VMware App Volumesは、アプリケーションの作成、展開、管理を簡素化し、アプリケーションライフサイクルマネジメン卜を可能にします。

このページの内容

製品概要

仮想マシンのアプリケーションとOSの管理を分離

App Volumesは、リアルタイムでのアプリケーション配布とアプリケーションのライフサイクル管理機能を提供する、アプリケーション管理ツールです。仮想マシンにおけるアプリケーションとOSの管理を分離し別々に管理することで、エンドユーザーに多数のアプリケーションを瞬時に配布することができます。また、App Volumesを使用すると、多数のアプリケーションをプロビジョニングしてアップグレードできるようになります。

特長

リアルタイムでのアプリケーション配布と管理

リアルタイムでのアプリケーション配布と管理

App Volumesはリアルタイムでアプリケーションの配信を行い、バージョン管理まで一手に引き受けることで、常に最新の環境をユーザーや従業員に提供することが可能になります。さらに、一貫した操作感のある統合管理コンソールにより、高い生産性を維持し運用管理をより簡単に、そしてコストを削減します。

主な機能

App Volumesによる、アプリケーション管理の変革

App Volumesによる、アプリケーション管理の変革

エディション別機能詳細

ピンチアウトしてご確認ください

機能 App Volumes Standard
(基本的な管理機能)
App Volumes Advanced
(エンタープライズ クラスの管理機能)
App Volumes Enterprise
(エンタープライズ クラスの管理機能)
リアルタイムのアプリケーション提供
ユーザー プロファイルおよびポリシーの管理
統合管理プラットフォーム
統合管理コンソール
AppCapture: 一般的なキャプチャ方法で分離されたアプリケーションを容易に提供
AppIsolation: 基盤となるオペレーティング システムからアプリケーションを分離する、エージェント不要のアプリケーション仮想化ソリューション
AppScaling with Multizones: 複数のデータセンター間でレプリケーションされたアプリケーションを利用
AppToggle: アプリケーション スタック内の個別のアプリケーションに対するユーザーごとの権限付与
インフラストラクチャー、アプリケーション、およびセッションの監視

エディションとライセンス

エディション

App Volumesには3つのエディションがあります。

ピンチアウトしてご確認ください

エディション 説明
VMware App Volumes Standard Edition Horizon、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、および RDSH の仮想環境を使用する中堅・中小企業に適した、アプリケーションおよびユーザーの管理ソリューションです。
VMware App Volumes Advanced Edition Horizon、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop、および RDSHの仮想環境を使用するエンタープライズ企業に適した、アプリケーションおよびユーザーの統合管理ソリューションです。このエディションは、以前、単体の App Volumesとして提供されていたものです。
VMware App Volumes Enterprise Edition エンタープライズ アプリケーションおよびユーザーを包括的に管理するソリューションです。Citrix XenApp および Citrix XenDesktopの環境に対して、アプリケーションの提供、分離、および End-to-Endの監視機能を提供します。このエディションは、以前、Horizon Application Management Bundleとして提供されていたものです。

ライセンス

  • 指定ユーザー単位: 従業員が、それぞれ決まった仮想マシンに終日アクセスする仮想環境の場合に適しています。
  • 同時接続単位: 仮想環境において、多数のシフト勤務のスタッフが、終日仮想マシンを共有する場合に適しています。

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ

VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。

  1. VMware App Volumes