お問い合わせ

VMware ThinApp

VMware ThinApp は、エージェント不要のアプリケーション仮想化によってホストOSからアプリケーション実行環境を切り離し、
今ご利用のアプリケーションを新しいWindows環境への移行を強力に促進します。

  • EUC
  • アプリ延命
  • APP管理
  • Win10

製品概要

OSの変更時も安心な「アプリケーションの仮想化」

組織内のPC管理者にとってPCのOS変更は数年に一度のペースで発生する重要な作業です。保守期限の切れたハードウェアやOSでアプリケーションを継続利用し続けると、潜在的な障害発生の確率が高まるだけでなく、障害時点での復旧時間の延伸、既存PCの乏しいハードウェアリソースに起因するパフォーマンス不足など、多くのリスクやデメリットを抱えることになりかねません。こうした問題を回避するため、ThinAppは、アプリケーションの仮想化により新しいWindows OSへの移行を強力に促進します。

導入メリット

  • Windows 7、8、10への移行作業の簡素化
  • アプリケーションのバージョンの統一
  • ブラウザとプラグインの仮想化のサポート
  • アプリケーション管理の効率化
  • IT部門へのサポート依頼件数とヘルプデスクコストの削減
  • 各端末のセキュリティーの強化
  • モバイルユーザーに対する柔軟なアプリケーション環境の提供

OSの変更時も安心な「アプリケーションの仮想化」

特長

ThinAppによるアプリケーション仮想化

ThinAppは、アプリケーションをカプセル化してポータブルなパッケージにすることで、アプリケーションの展開を簡素化。アプリケーションを基盤となるOSから分離するとともに、個々のアプリケーション間を完全に分離することで、様々なデバイスに展開できるようになります。

ThinAppによるアプリケーション仮想化の画像

ThinAppによるアプリケーション仮想化の手順

ThinAppによるアプリケーション仮想化の手順の画像

主な機能

OSの容易な移行

旧バージョンのWindowsから移行する際に、Internet Explorer 6向けに設計された既存のWebアプリケーションを、Internet Explorer 6とともに仮想化して移行できます。

アプリケーションの分離

単一の実行ファイル内で複数のアプリケーションや基盤となるOSを分離することで、アプリケーション間の競合を排除し、多くの端末に容易に展開できるようになります。

サーバーの統合

複数のアプリケーションと「サンドボックス」のユーザーの構成データを、同じサーバー上に安全に格納できます。

セキュリティーレベルの維持

ロックダウンされたPC上にThinAppを展開すれば、エンドユーザーは、セキュリティーレベルを維持したまま必要なアプリケーションを実行できるようになります。

アプリケーションのポータブル化

USBメモリ上に仮想アプリケーションを展開、維持、アップデートできるため、さまざまな場所に持ち運びができます。

ライセンス体系

ThinAppは、単体製品としてはもちろん、App Volumes EnterpriseまたはHorizonの各エディションの一部として購入できます。

製品名 製品説明
VMware ThinApp 5 Suite 50クライアントおよび1workstationが含まれているバンドルライセンスとなります。
※ThinAppを単体購入する場合、Workstationが含まれた本製品の購入が必須となります。
VMware ThinApp 5.x Client License 100 Pack 100クライアント単位での追加ライセンス
UPG VMware ThinApp 5 Suite to Horizon 7 STD 100 Pack(CCU) Horizon Standard Editionへのアップグレードライセンス
UPG VMware ThinApp Client License to Horizon 7 STD Add-On Horizon Add-Onへのアップグレードライセンス
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。