VMware ThinApp製品情報

VMware ThinApp は、エージェント不要のアプリケーション仮想化によってホストOSからアプリケーション実行環境を切り離し、
今ご利用のアプリケーションを新しいWindows環境への移行を強力に促進します。

このページの内容

製品概要

OSの変更時も安心な「アプリケーションの仮想化」

組織内のPC管理者にとってPCのOS変更は数年に一度やって来る大きなイベントです。その際、従来の物理PCやOSを一部延命し、当該アプリケーションを継続利用すると、保守切れハードウェアで稼動し続けることによる潜在的な障害発生可能性と、障害時点での復旧時間の延伸、既存PCの乏しいハードウェアリソースに起因するパフォーマンス不足など、多くのリスクやデメリットが生まれます。
ThinAppはアプリケーションの仮想化により新しいWindowsへの移行を強力に促進します。

OSの変更時も安心な「アプリケーションの仮想化」

特長

複数バージョンのアプリケーションを並行動作

アプリケーションに必要な設定・構成情報を含めて、単一の実行ファイル(.EXE)もしくはMSI形式のファイルにパッケージングを行い、物理PCや仮想、PC上のOSにアプリケーションをインストールすることなく、実行可能にします。また、OS上で発生しうるアプリケーションのコンフリク卜を解消し、複数バージョンのアプリケーションの並行動作が可能になります。
専用エージェントが不要なため、効率的かつ安全に、アプリケーションを展開でき、アプリケーション管理ライフサイクルに関わるコストの削減が可能です。

メリット

  • Windows 7、8、および10への移行の簡素化
  • アプリケーションバージョンの不統一の回避
  • ブラウザとプラグインの仮想化のサポート
  • アプリケーション管理の効率化
  • ITへのサポート依頼とヘルプデスクのコスト削減
  • 端末のセキュリティーの強化
  • モバイル ユーザーへの柔軟なアプリケーション環境の提供

主な機能

エージェント不要のアプリケーション仮想化

ThinAppは、迅速な展開と 容易な管理を実現するように設計されています。展開するデバイスへのインストールやエージェントコードは必要ありません。

迅速かつ柔軟なアプリケーションのパッケージング

アプリケーションを一度パッケージングすると、Windows 7、8、または10を稼動する物理デスクトップや仮想デスクトップに展開できます。

迅速かつ柔軟なアプリケーションデリバリ

仮想化されたアプリケーション、プラグイン、サービスパック、およびJavaや.NETなどのランタイム環境間の関係を構成します。

既存のインフラストラクチャとのシームレスな連携

専用のインフラストラクチャを追加せずに、ThinAppを既存のITツールに直接プラグインできます。

ハンズオンラボ

ハンズオンラボでは、ブラウザ上でVMware製品を体験することができます。

ライセンス

ピンチアウトしてご確認ください

ThinApp Suite ThinApp Client 100Pack
ThinApp Packager 付属 (×1) なし
ThinApp Client 50 クライアントを含む 100 クライアント単位
VMware Workstation
for Windows
付属 (×1) なし

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ

VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。