特定医療法人 万成病院 さま

VMware Horizon と VMware vSAN による仮想化基盤を構築し
ゼロクライアントでの電⼦カルテ運⽤を実現

  • SDDC
  • 運用効率化
  • SDS導入
  • プラットフォーム
  • SDS
  • VDI

特定医療法人万成病院 さまでは、院内の医療従事者 430 名が使用する PC 端末をすべて仮想デスクトップに移行し、ゼロクライアントでいつでもどこでも情報の入力・参照ができる電子カルテシステムを構築しました。その基盤を支えるのは、VMware Horizon と VMware vSAN の組み合わせで、この仮想化基盤の構築により、業務の効率化とシステム管理負荷の大幅な軽減を実現しました。
構築にあたっては、富士ゼロックス岡山とSB C&S、万成病院様の 3 者が密に連携をとり、ひとつのチームとなって実行。お互いの立場を超えた信頼関係が成功の決め手となりました。

導入ソリューション

VMware Horizon
院内の医療従事者 430 名が使用する PC 端末をすべて仮想デスクトップ化。
VMware vSAN
VMware Horizon と組み合わせて、ゼロクライアントでの電子カルテ運用を実現。

導入効果

導入前の課題
  • カルテや事務情報は、ほぼ紙ベースで運⽤。カルテ情報や事務情報の参照や入力の必要があれば、各課のスタッフルームのPCを利用
  • 先行して VMware Horizon を導入していた事務系クライアントでは、バージョンアップの際のメンテナンスに大きな手間が発生していた
導入後の効果
  • ゼロクライアントでの電子カルテ運用を実現したことで、ゼロクライアントさえあれば、いつでも、どこからでも、カルテ情報の入力や参照を行うことが可能
  • 1 台の PC を読み取り専用で共有利用する「リンククローン」を活用することで、メンテナンスの負荷を軽減

お客様の声

富士ゼロックス岡山、SB C&S、当院の 3 者のお互いが信頼し合い、立場を超えてひとつのチームとなり、協力し合えたことが大きかったと思います。既製のものではなく、アイデアを取り入れることで、小さなイノベーションになります。何かのテクノロジーが生まれるのは、いい物を作ろうとした結果です。今後も最新の技術にもアンテナを張りながら、⼀緒にチャレンジできればと思います。

*所属・役職等は、取材当時のものです。

特定医療法人 万成病院 情報システム課 係長 上級医療情報技師 診療情報管理士 河田 智之 氏

特定医療法人 万成病院
情報システム課 係長
上級医療情報技師
診療情報管理士
河田 智之 氏

住所岡山県岡山市北区谷万成 1-6-5
設立1954年
病床数500 床
職員数430名(2015年4月1日現在)
URLhttp://mannari.or.jp/
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。