セールスセンターサイト

Symantecとは

優れたエンドポイントセキュリティ対策で
お客様を守ります

シマンテックはエンタープライズ向けのセキュリティブランドです。

1982年にアメリカでソフトウェア会社として設立されたシマンテックは、
2019年11月に世界的な半導体メーカーであるブロードコムの買収により、
新体制でビジネスをリスタートしました。

ブロードコムは、SASEやゼロトラストといった最新のセキュリティ対策のために、
従来の体制では出来なかった大規模なソフトウェア開発への投資を行っております。

シマンテックは、サイバーセキュリティ分野でいまも世界的なシェア保持し、
業界をリードしています。

シマンテックを支える特徴をご紹介します。

世界最大の民間脅威
インテリジェンスネットワークで企業を保護
Symantec Global Intelligence Network(略称GIN)

シマンテックは、世界9か所のセキュリティオペレーションセンターで、
1000人のサイバーエキスパートが新たな脅威に対して、24時間体制で
世界中の1億7500万台のエンドポイントを保護しています。

人工知能の利用により、エンドポイント、電子メール、ウェブトラフィックを分析、
可視化できるようになり、セキュリティ要求の処理数は、
毎日80憶件にものぼります。

従来の方法では検出が困難だった高度な標準型攻撃をも検出してブロックしています。

脅威に関する遠隔測定データの共有で保護を強化

数百万に達する悪質なファイルやURLの脅威インジケーターに関する情報を
毎日自動的に更新

世界中のシマンテックユーザーのエンドポイント、サーバー、さらには
ネットワークトラフィックレベルで収集した遠隔測定データを共有し、
他社の製品では実現できない包括的な保護を提供

悪質なフィッシングを排除するプロジェクト『ドルフィン』

シマンテックのプロジェクトドルフィンは世界中のWebサイトを調査して
既知のフィッシングサイトに似たものがないかを確認し、罠に掛からないよう
ユーザーを守ります。

シマンテックは機械学習と高度な画像解析を利用して、毎日12億件以上の
Web要求にこのテクノロジーを適用しています。

シマンテックはドルフィンのリリース以来、エンドポイント、電子メール、
およびWebセキュリティ製品のポートフォリオ全体で13万7,000件の
新しいフィッシング攻撃を検出し、ブロックしてきました。

「セキュリティ」を全方位で提供する総合セキュリティブランド

新型コロナウィルスの影響で働く環境は、大きく変わりました。
みなさまもご存じの通り、政府は、緊急事態宣言下で出社率を7割減にするよう企業に求めています。

従来の働く環境と異なることで、情報セキュリティ担当者が守るエリアは、社内環境に留まらず、在宅やカフェ、
さらには増え続けるクラウドサービスまでと広範囲になりました。
拠点や環境ごとに、必要なセキュリティ対策を分野別に導入し、運用管理をしている担当者の作業や導入、運用コストも増える一方です。

シマンテックでは、企業のさまざまなネットワーク機器やアプリケーションを全方位で守れるソリューションをご提供していますので、
総合的でかつ高い品質のセキュリティ対策をワンベンダーで実現できます。