セールスセンターサイト

Symantec Email Security.cloud Service(ESS)

Symantec Email
Security.cloud
Service(ESS)

メールに特化したクラウド型
ゲートウェイセキュリティーサービス

製品カタログを
ダウンロード
導入を相談する

Symantec Email
Security.cloud(ESS)とは

すぐ導入できるクラウド型メールセキュリティサービス

Symantec Email Security.cloud Service(ESS)は、世界売上シェア No.1のクラウド型メールゲートウェイセキュリティーサービスです。多層防御システムと独自の防衛手段Skepticによって、スパム検知率99.99997%を実現。標的型攻撃、ランサムウェア、ビジネスメール詐欺などの巧妙な電子メールによる攻撃を防御します。

クラウド型メールセキュリティサービス

こんなお悩みありませんか?

  • メールが標的型攻撃の入り口に

    メールが標的型攻撃の
    入り口に

    「標的型攻撃」とは、メールを媒体として企業などに押し寄せるサイバー攻撃です。ターゲットを長期間かけて調査し、「ターゲットが疑いをもたず開封するであろう題材、差出人名、コンテンツ、添付内容」などを用意周到に準備し攻撃してきます。

  • 従来のセキュリティー対策だけでは不十分

    従来のセキュリティー対策
    だけでは不十分

    近年、多くのWebサイトが端末のマルウェア感染が原因で不正に改ざんされるという攻撃が発生しています。感染経路にはメールが多用されていますが、巧妙化・悪質化が進んでおり、従来のメールセキュリティーだけでは対策しきれません。

  • かさむセキュリティー導入 運用コスト

    かさむセキュリティー
    導入・運用コスト

    進化をし続けるプロの犯罪者のサイバー攻撃から自社の環境を守るIT管理者の責任範囲もより拡大していきます。自社のみで、「標的型攻撃」に対応できるインフラを整備するには、多大なコスト・運用工数が必要です。

Symantec Email
Security.cloud(ESS)の導入メリット

管理者の手間を削減しながら脅威から阻止

クラウド型の多層防御システム
クラウド型の多層防御システム

自社で構築するにはコスト高になりがちな多層防御システムをクラウド上に実装。ウイルス保護の有効性でSLA保証を提供しています。SLAにてメールのウイルス保護100%(未知ウイルスを含む)、稼働率100%を保証します。コネクション例や、スパム対策レイヤー、ウイルス対策レイヤーの各層に設置されているさまざまなセキュリティー対策技術を利用して、安全なメールのみをお客様へ配信します。

コストもIT管理者の手間も
大幅に削減!

シマンテックのクラウドインフラを利用するため、自社でセキュリティー用のソフトウェアやハードウェアを調達する必要はありません。導入も簡単で、運用コストを大幅に削減できます。

IT担当者の
生産性向上の実例
IT担当者の生産性向上の実例

導入前は、スパムや
ウイルス駆除対応に毎日2時間。
導入後は1日たった10分に短縮。

スパム隔離用ストレージの
コスト削減の実例
スパム隔離用ストレージのコスト削減の実例

導入前はスパム隔離用に
25テラバイトものストレージを用意。
導入後は、8テラバイトに削減。

簡単に導入でき、
管理者用ポータルサイトで
一元管理

シマンテックのクラウドインフラを利用するため、自社でセキュリティー用のソフトウェアやハードウェアを調達する必要はありません。導入も簡単で、運用コストを大幅に削減できます。

導入時に必要となる作業

メールサーバーのDNS情報内のMXレコードの設定変更(制限がある場合)メールサーバ側の送受信設定/ ファイヤーウォールの設定変更

便利な管理者用ポータルサイト

メールセキュリティーを管理コンソールで、簡単に一元管理をすることができます。管理者用ポータルサイトでは、スパム・ウイルス等の状況など、必要な情報の確認や設定、レポート作成ができます。管理者の運用負荷を軽減します。

メールセキュリティーを管理者用ポータルサイトで一元管理
シェアNo.1の実績!

Symantec Email Security.cloud Service(ESS)は世界シェアNo.1※のクラウド型メールゲートウェイセキュリティーサービスです。全世界で約32,000社/1,400万人、国内でも既に500社、75万人のユーザー様にご採用いただいています。

※出典:IDC, Worldwide Messaging Security 2014-2018 Forecast and 2013 Vendor Shares (2014年9月, #250798)

シマンテック(Symantec)Eメールセキュリティクラウドサービスは世界シェアNo.1の実績
業界最高水準のメールセキュリティーSLAを支える
人工知能エンジン、Skeptic
人工知能エンジンSkeptic

独自の人工知能「Skeptic」とマルチレイヤースキャンにより、スパム検知率99.99997% ※を実現! 標的型攻撃や未知の脅威を防御! Skepticは、クラウドで管理される拡張性の高いサーバーアレイを使用して、毎月70億通以上のメールにヒューリスティック分析を行っています。より多くのトラフィックをスキャンすることで自ら学習し、より精度を高め、より堅牢なセキュリティーをお客様に提供します。他のシステムでは見逃されてしまう新種・亜種のウイルスさえも防御する圧倒的な検出精度を実現します。

グローバルインフラストラクチャで、
災害時も事業継続可能な
『とまらないサービス』を実現
災害時も事業継続可能なとまらないサービスを実現

世界各拠点の18ヶ所のデータセンターにて冗長性を備え、『とまらないサービス』を実現しています。万一の災害時でも、事業継続性の高いSymantec Email Security.cloud Service(ESS)であれば安心です。データセンターに格納されたサーバー群のクラスタは、各クラスタが完全に冗長化されており、ほかのハードウェアもすべて二重化・各データセンター内、およびすべてのデータセンターをつないだネットワーク全体のレベルの両方で、負荷分散を実施します。ピーク時にも目立ったメールの遅延は発生せず、信頼性の高いインターネットを通じたビジネスコミュニケーションを実現します。

よくある質問

  • ライセンスのカウント方法を教えてください。

    ユーザー数となります。

  • 導入にあたり、必要なことはなんでしょうか?

    ■サービス利用時の注意点
    ・お客様メールサーバーがオープンリレーとして機能していないこと。
    ・1ヶ月あたりのユーザーごとの送受信メッセージの上限は、10,000通。(お客様を標的としたスパムおよびマルウェアは含まれません。)
    ・利用しているドメインの MX レコード設定を変更できること。
    ・有効メールアドレス(存在するメールアドレス)の管理が出来ていること。(全てのメールアドレスの登録及び日々の更新運用が必要となります。)
    ・ファイアウォール若しくはメールサーバーにてESSインフラのIPレンジからのメール受信ができ、それ以外からのメール受信を制限できること。
    ・メールサーバーが固定IPアドレスを持っていること。
    ・ESSが配送する後段のメールサービスが大量のメールを受信してもトラフィック制限されないこと。

  • Email Protectを契約しています。同じ製品で更新できますか?

    2021年6月時点では可能ですが、将来的にどうなるかは不明です。
    後継製品はEmail Safeguardになりますが、Email Protectの機能と完全踏襲しており、特に設定不要で更新可能ですので、こちらへの切り替えをお勧めいたします。

価格・プランのお問い合わせ

価格・プランをお知りになりたい方は、
お客さまのご状況にあわせて窓口をお選びいただけます。

LICENCE ONLINEでいますぐ見積

LICENCE ONLINEで
いますぐ見積

\ 会員登録で割引に! /

お見積を作成する
じっくり比較

じっくり比較

プランと価格のお問い合わせを承っております。
現在シマンテック製品をご利用中のお客さまはこちらをお選びください。

  • リンク先はBBソフトサービス株式会社が運営しているライセンスオンラインです。
  • 導入のご提案を予定されている販売店様は下部の「販売代理店さまのお問い合わせ」ボタンよりお問い合わせください。
  • ご提供価格の表示はライセンスオンラインの会員登録(無料)が必要です。

導入のご相談

導入をご検討の方は、こちらからお気軽にご相談ください。

販売代理店さま

ライセンスや技術的な質問、商談の同行をお受けしております。