セールスセンターサイト

Symantec Endpoint
Security (SES-E/SES-C)

働き方が多様化した時代にも適合し、
標的型対策にも最適なエンドポイントセキュリティ

こんなお悩みありませんか?

  • テレワークでパターンファイルが
    更新されなくなった。

  • 機能毎に製品を入れた結果、
    イニシャル/ランニングコストが
    急激に増加した。

  • モバイルデバイス管理だけでなく、
    モバイルセキュリティ対策もしたい。

  • solution01

    Symantec Endpoint
    Securityなら、
    クラウド運用が可能です。
    クラウドから組織の
    セキュリティを高めます。

  • solution02

    アンチウイルス、EDR、
    NGAV等の必要な機能を
    Symantecで一元管理することで、
    運用負担の軽減、
    リスク管理が可能になります。

  • solution03

    モバイルデバイス管理だけでなく、
    モバイルセキュリティ機能も提供。
    多岐にわたる機能でモバイル端末の
    セキュリティを守ります。

Symantec Endpoint Securityで解決!

1エージェントで
セキュリティ問題を解決!

Symantec Endpoint Security(SES)とは

すべてのデバイスとOSで業界最高レベルの保護を実現

Symantec Endpoint Security(SES)は、Symantec Endpoint Protection(SEP)で
提供しているマルウェア対策機能に、更なる防御機能を追加した
セキュリティ製品です。

また、Symantec Endpoint Security Enterptise(SES-E)とSymantec Endpoint
Security Complete(SES-C)で構成されており、それぞれの製品で最適な保護を
実現します。

SES活用のメリット

merit01

クラウドでのセキュリティ管理を実現

ICDm※1を用いて、クラウド※2上でセキュリティ対策を実現。

社内外にある端末の一斉管理が可能です。
さらに管理サーバーが不要となるため、総コストを抑えることが
可能です。

※1:メーカーが用意したクラウド上にある管理コンソール
※2 :従来のオンプレミスやクラウドと組み合わせたハイブリッド管理も可能

merit02

セキュリティ製品を統合してコストや相性問題を解決

機能毎にセキュリティ製品を導入すると、コストや運用で
課題が出てきます。

Symantecで製品を統一することにより、業界最高レベルの
セキュリティ機能を利用しつつ、コストや運用上の相性問題を
解消します。

SESの機能

システム構成

お客さまの環境に合わせて、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドでシステムをご利用いただくことが可能です。
※オンプレミスやハイブリッドの場合、一部機能に制限が発生する場合がございます。