お問い合わせ

VMware Cloud Foundation

シンプルかつ俊敏性の高い、セキュアなハイブリッド クラウド プラットフォームです。

  • VMC
  • SDDC
  • SDS導入
  • HCI導入
  • 仮想化見直し
  • プラットフォーム
  • SDS
  • HCI

VMware Cloud Foundation の製品概要

VMware Cloud Foundationとは

VMware Cloud Foundationは、標準化されたハイパーコンバージドアーキテクチャー上へのソフトウェアディファインドデータセンター(SDDC)の展開とライフサイクル管理を自動化する統合ソフトウェアプラットフォームです。VMware によるコンピューティング仮想化(VMware vSphere)、ストレージ仮想化(VMware vSAN)、ネットワーク仮想化(VMware NSX DC)、およびクラウド管理と監視(VMware vRealize Suite)といった各種ソリューションを、単一のプラットフォームとして統合します。 クラウド管理機能が統合されることで、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両環境にまたがるプラットフォームを実現し、VMware vSphere やプロセスに基づいた一貫した運用モデルを提供します。

VMware Cloud Foundationは、プライベートクラウドとしてオンプレミスに展開するか、またはパブリッククラウド内(AWS上の VMware Cloud や VMware Cloud Provider)のサービスとして使用するなど、柔軟なクラウド展開を実現します。

VMware Cloud Foundationの画像

VMware Cloud Foundation の主な機能

統合スタック

ソフトウェアで制御された製品を緊密に統合します。

標準化されたアーキテクチャ

標準化された VMware Validated Design(VVD)を自動展開します。

ライフサイクル管理の自動化

独自のライフサイクル管理により、導入から導入後の運用までを自動化します。

エンタープライズクラスのインフラストラクチャー

VMware の SDDC ソリューションにより、スケーラビリティとパフォーマンスを向上させ、ストレージとネットワークを詳細に管理できます。

優れたパフォーマンスと拡張性を実現するハイパーコンバージドストレージ

オールフラッシュ構成による優れたパフォーマンスや、重複排除、圧縮、イレイジャーコーディングなど、エンタープライズクラスのストレージサービスを利用できます。

エンドツーエンドのセキュリティ

VMware NSX DC による、マイクロセグメンテーション、分散ファイアウォール、VPN などのネットワークから、VMware vSphere による、仮想マシン、ハイパーバイザー、vMotion の暗号化、AI を活用したワークロード上のセキュリティと可視化により、すべてのアプリケーションを対象としたエンドツーエンドのセキュリティを実現します。

柔軟な展開オプション

複数の認定ハードウェアパートナーのハードウェアを使用してオンプレミスで展開することも、 VMware Cloud Provider を通じてサービスとして運用することもできます。

本番環境対応の Kubernetes

クラウドネイティブアプリケーション環境に対応した VMware Cloud Foundation のワークロード内で VMware Enterprise PKS を効率的に展開できます。

VMware Cloud Foundation のメリット

VMware Cloud Foundation は、短期間でハイブリッドクラウド環境へと移行できます。組織のクラウド環境が単一のプラットフォームとして統合されることで、全体的な TCO を削減しながら、管理者の生産性を向上させることができます。

ネイティブに統合されたソフトウェアベースのスタック

Cloud Foundation では、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ、クラウド管理のすべてを包括的なソフトウェアベースのサービスとして利用できるため、プライベートとパブリックいずれの環境でも、従来型かコンテナ型かを問わず、さまざまなエンタープライズアプリケーションを実行できます。また、組み込まれた自動ライフサイクル管理機能が統合された単一の運用ソリューションを提供するため、ハイブリッドクラウド環境への移行が簡素化されます。

エンタープライズクラスのアプリケーションサービスの実現

Cloud Foundation は、市場をリードする VMware のSDDC テクノロジー(VMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSX DC、VMware vRealize Suite)を基盤としているため、従来型のアプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションのどちらであってもエンタープライズクラスに対応可能なサービスを提供します。

柔軟性と優れたパフォーマンスのストレージ

Cloud Foundation は、大幅に簡素化されたストレージ管理を実現するVMware vSAN による、オールフラッシュ構成時のパフォーマンスや、重複排除、圧縮、イレイジャーコーディングなど、エンタープライズクラスで柔軟なストレージサービスを提供します。

強固なセキュリティを実現

マイクロセグメンテーション、分散ファイアウォール、VPN、仮想マシン、ハイパーバイザー、実行アプリケーション、保存データ、クラスタ、ストレージの暗号化など、現在の企業や組織が必要とするさまざまなレベルや環境における強固なセキュリティソリューションを提供します。

クラウド環境の運用を自動化

VMware vRealize Operations や、VMware vRealize Log Insightを活用することで、アプリケーションからインフラストラクチャーまでのクラウド環境全体の運用を自動化できます。これにより、企業や組織における SDDC の計画、管理、拡張を支援し、アプリケーションを意識した監視とトラブルシューティングに加えて、自動化されたプロアクティブなワークロードの管理、調整、修正を実行できます。

インフラストラクチャーの自動プロビジョニングを実現

コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理といった SDDC すべての構成要素が、すぐに利用できるワークロードドメインとして自動的にプロビジョニングされます。

統合的なライフサイクル管理の実現

ワークロードドメインレベルのライフサイクル管理が作業を簡素化し、プライベートクラウドスタック全体を対象にしたパッチの適用とアップグレードを自動的に実行できます。

VMware Cloud Foundation with Tanzu

VMware Cloud Foundation with Tanzu は、HCI の導入を自動化して企業全体の Kubernetes クラスタ展開を迅速化することで、Developer-Ready インフラストラクチャを実現します。

VMware Cloud Foundation のユースケース

統合された単一のクラウドプラットフォームを提供する VMware Cloud Foundation のユースケースをご紹介します。

IT の自動化/ IaaS

VMware Cloud Foundation を使用することで、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、管理を含むスタック全体のインフラストラクチャーを、シンプルな手順でワークロードドメインとして自動的かつ確実にプロビジョニングできます。そのため、サーバー設置やネットワーク構成を手動で行った場合数週間を必要としたインフラストラクチャーのプロビジョニングが、高度な自動化により数時間にまで短縮され、迅速なサービス展開を実現します。

仮想デスクトップ インフラストラクチャ

User Environment Manager、Unified Access Gateway、App Volumes コンポーネントなどの VMware Horizon 7 による、仮想デスクトップを自動的にプロビジョニングできるため、、VMware のベストプラクティスに準拠したターンキー型の仮想デスクトップを展開できます。

クラウドネイティブ アプリケーション

VMware Cloud Foundation では、ワークロードドメインでの VMware NSX-T Data Center 自動展開がサポートされているため、ワークロードドメイン上で VMware Enterprise PKS を使用した Kubernetes ワークロードを展開、実行、管理することができます。

人工知能/機械学習

VMware Cloud Foundation では、VMware vSphere 6.7 の GPU サポートを活用することで人工知能(AI)や機械学習(ML)機能が強化されるため、AIやMLのワークロードを向上できます。

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC)

VMware Cloud Foundationでは、マルチクラスタワークロードドメインを利用して、インフラストラクチャーを自動的にスケールアウトできるため、クラウド管理者は HPC のワークロードで必要なキャパシティーが増加するのに応じて、コンピューティング、ストレージ、ネットワークの各リソースをわずか数回のクリックで簡単にワークロードへ追加できます。

ビッグデータ

VMware Cloud Foundation はビッグデータのワークロードに特有の大規模なデータセットに対応するために、優れたパフォーマンスの VMware vSAN ストレージと大規模なスケールアウトが可能な外部の NFS ストレージやファイバーチャネル(FC)ストレージを組み合わせて使用することができます。ビッグデータのワークロードでジョブに合わせて最適なストレージを使用し、膨大なビジネスデータから価値ある洞察を迅速に引き出すことができます。

データセンターの
近代化

クラウド対応の
インフラストラクチャー

ITの自動化

パブリッククラウド
との統合

ハイブリッドクラウドの実現

セキュリティ

エンドツーエンドの
セキュリティ

エンドユーザー
コンピューティング

デスクトップの仮想化

VMware Cloud Foundationの展開方法

VMware Cloud Foundation には、プライベートクラウドでのソフトウェア展開、コンポーザブルシステム、統合または共同開発されたシステムの利用、クラウドサービスプロバイダーを通じたサブスクリプションベースでの運用など、利用規模や投資金額に合わせたいくつかの展開オプションがあります。

プライベート クラウド パブリック クラウド
ソフトウェアの展開 コンポーザブル 統合システム 共同開発のシステム クラウド サービス
プロバイダー
展開オプション お客様によるセットアップとイメージ展開
(パートナーまたは PSO のサポートを利用)
工場でセットアップおよびイメージ作成済み
調達後すぐに利用可能
サービスとして購入
VMware Cloud Foundation
  • 認定 vSAN ReadyNode
  • HPE Synergy
  • Dell EMC PowerEdge MX
  • FUJITSU PRIMEFLEX for VMware Cloud Foundation
  • Hitachi Unified Compute Platform(UCP)RS
  • QCT QxStack
  • VMware Cloud Foundation on Dell EMC VxRail
  • VMware Cloud on AWS
  • Microsoft Azure VMware Solutions
  • Google Cloud と CloudSimple
  • その他、VCPP

VMware Cloud Foundationのエディション

エディションの比較

VMware Cloud Foundationは、次の5つのエディションがあります。

  • Starter:
    インフラストラクチャーの展開とプロビジョニングの自動化、VMware のコア ハイパーコンバージド スタックのライフサイクル管理の自動化を実現できます。
  • Standard:
    オンプレミスのデータセンターにクラウド管理機能を導入できます。
  • Advanced:
    VMware ソリューションを使用したオンプレミスの SDDC 環境をクラウド運用モデルへと移行し、コスト算出やワークロードの自動化を実現する高度なクラウド管理ツールを利用できます。
  • Enterprise:
    さまざまなクラウドプロバイダーを利用しながら、複数のデータセンターにまたがるプライベートクラウドのインフラストラクチャーを構築するハイブリッドクラウド運用モデルを採用しているエンタープライズ向けのエディションです。
  • Subscription:
    マルチクラウドおよびモダン アプリケーション向けのプラットフォームである VMware Cloud Foundation を、サービスプロバイダー経由のサブスクリプション・サービスとして導入できます。

各エディションで使用可能な VMware 製品のライセンス

コンポーネント *1 Starter Standard with Tanzu Advanced with Tanzu Enterprise with Tanzu Subscription *3
SDDC Manager SDDC Manager for vSAN SDDC Manager for vSAN SDDC Manager for vSAN SDDC Manager for vSAN SDDC Manager for vSAN
VMware vSphere Enterprise Plus Enterprise Plus Enterprise Plus Enterprise Plus Enterprise Plus
VMware vSAN Advanced Advanced Advanced Enterprise Enterprise
VMware NSX Data Center Data Center Advanced Data Center Advanced Data Center Advanced Data Center Enterprise Plus Data Center Enterprise Plus
VMware vRealize Network Insight Advanced Advanced Enterprise Add-On Enterprise Add-On
VMware vRealize Suite Standard Enterprise Enterprise Cloud Universal Enterprise
VMware Tanzu Standard *2 Standard *2 Standard *2 Standard

上記の表は、VMware Cloud Foundation パッケージエディションを構成する個々のコンポーネントを示しています。たとえば、VMware Tanzu Standard Edition に VMware vSphere Enterprise Plus が必要であるなど、エディション毎の必要最小限の互換性を満たしている限り、お客様は自由にアドオンを導入していただけます。

*1 特に指定がない限り、コンポーネントは永久ライセンスとして提供されます。
*2 サブスクリプションとして提供されるコンポーネントです。(VMware Tanzu Standard から VMware Tanzu Advanced へのアップグレードが可能です。)
*3 SaaS として提供される vRealize Cloud Universal を除き、VMware Cloud Foundation サブスクリプションに含まれるすべてのコンポーネントはサブスクリプションライセンスとして提供されます。

CPUごとのライセンス計算について

1 CPUにおけるコア数の制限が追加されました。
詳細は「CPUごとのライセンス計算について」をご確認ください。

関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。