GitHub Enterprise

Githubロゴ画像

分散型バージョン管理システムを、エンタープライズで

分散バージョン管理システムであるGitをベースにした共有サービス「GitHub」
「GitHub Enteprise」は、世界中で開発者に愛されているGitHubを、自社のオンプレミスやAmazon Web Services、Microsoft Azureなどのクラウド上で利用できる、ソフトウェア開発プラットフォームです。

特長

GitHub.comとの比較

GitHub Enterpriseには、大企業での利用に適した、セキュアな環境と、管理・運用を効率化する機能が備わっています。

GitHub.com※1 GitHub Enterprise
インフラ基盤 SaaS(マルチテナント型) オンプレミス:vSphere,Hyper-V,Xen,
OpenStack
クラウド:AWS,Azure
特長
  • 無償で使用することも可能(課金あり)
  • 多くの著名OSS開発で使われており、Publicリポジトリが中心
  • コミュニティベースが多い
  • 企業資産であるソースコードを、自社環境内で管理することができる
  • LDAP, SAMLを利用した外部認証が可能
  • コンプライアンスニーズを満たすことができる
  • 証跡の管理、バックアップの管理などが行いやすい
  • オンプレミス上の既存ツールと統合可能
  • Organizationもリポジトリを無制限に作成可能
支払形態 ドル建てのクレジット払い 円建ての請求書払い
技術サポート 英語でのご対応 日本語でのご対応※2

※1 弊社ではお取り扱いしておりません。
※2 マクニカネットワークス株式会社より、最新版でのソフトウェア利用、日本語のテクニカルサポートを提供します。

コラボレーションを高める仕組み「GitHub Flow」

開発者が追加したい機能を、ボタン一つで簡単にブランチを切ることができ、そのブランチで自身の仮説をメインブランチとは非同期のローカルで検証することができます。
ブランチで作成した内容をプルリクエスト機能を使い、メインブランチに対して提案します。
提案や内容についての議論をGitHub Enterprise上で実施。メインブランチにマージ&デプロイするかどうかの判断まで実施できます。

メリット

・チームで開発を行う際、コードの変更作業がぶつかることなく安全に並行開発することができます。リスクを取らずに、アジャイル的に様々なことを試せます。

・議論や過程や結論がすべてGitHub Enterprise上に記録されるため、進捗管理が一カ所で行えます。

GitHub Flowの概要図

GitHub Flowの概要図

製品価格

製品名 価格(税別)
GitHub Enterprise 39,000円/年

1利用者=1ライセンス必要となります。最小購入数は10ライセンスです。


お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。