Red Hat OpenShift

OpenShift_Logo.png

Red Hat OpenShift

物理、仮想、クラウド、あらゆる環境で運用可能なコンテナプラットフォーム

Red Hat OpenShift」は、LinuxコンテナとKubernetesが統合されたコンテナプラットフォームです。
特定のクラウドにロックインすることなく、容易かつ短時間でアプリケーションを構築、開発、提供することができます。

Red Hat OpenShift

機能

・コンテナの配置とクラスター管理

・管理インターフェース(WebUI, CLI, REST API)

・役割ベースのアクセスコントロール(RBAC)

・データの永続化 - Persistent Storage

・オートスケーリング

CI/CDフロー

Red Hat OpenShift 価格

サブスクリプション 価格(税別)
1年 3年
OpenShift Container Platform Standard,2 Core 421,200円 1,200,400円
OpenShift Container Platform Premium,2 Core 624,000円 1,778,400円
OpenShift Kubernetes Engine,Standard,2 Core 156,000円 444,600円
OpenShift Kubernetes Engine Premium,2 core 234,000円 666,900円

※上記サブスクリプションには、レッドハット株式会社が提供するサポート(Standard or Premium)が含まれております。
Standard:平日9~17時保守
Premium:24h/365d(シビリティ1の場合)保守 / EUS(マイナーリリースの延長サポート)が付帯

※OpenShift Container PlatformとOpenShift Kubernetes Engineの違いについては、こちらをご参照ください。

資料ダウンロード

「コンテナ&OpenShift技術解説」資料
・コンテナ技術基礎とコンテナマイグレーション
・コンテナオーケストレーションの重要性とKubernetes概要
・OpenShift機能紹介
などなど、技術的な観点から分かりやすくご紹介しています。

「Application Modernization最新状況と、Azure Red Hat OpenShiftを利用した開発手法」セッション資料
2020年8月4日に開催されたセミナーの資料を公開中です。
当日の様子はイベントレポートにまとめておりますので、是非ご参照ください。

関連記事

コンテナプラットフォームのエンタープライズ活用における良いところ ~ OpenShift編 ~
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」との違いを踏まえつつ、
「OpenShift」の魅力についてご紹介しています。
ご一読頂くと、OpenShiftの理解がより深まります。

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。