セールスセンターサイト

Symantec Ghost Solution Suite(GSS)

Symantec Ghost
Solution Suite(GSS)

キッティングにかかる手間を
大幅に削減できるクローニングツール

製品カタログを
ダウンロード
導入を相談する

Symantec Ghost
Solution Suite(GSS)とは

すべてのデバイスとOSで業界最高レベルの保護を実現

購入した PC などに各種設定を行い、必要なソフトをインストールする作業をキッティングといいます。

保守期限等に伴うPCの入れ替え時やOSアップデートなどに必要な作業ですが、台数が多くなると作業負荷も高くなります。

そこで有効となるのが、マスターとなる PC と同じ構成を作成する「クローニングツール」です。
Ghost Solution Suiteは、短時間で複数のパソコンを一斉にクローニングできます。

Symantec Ghost Solution Suite(GSS)はすべてのデバイスとOSで業界最高レベルの保護を実現

こんなお悩みありませんか?

“ パソコン購入時に
キッティング/セットアップが面倒、
時間がかかってしまう ”

手作業でキッティングする場合は、ログインユーザー作成/ホスト名やIPアドレス等の設定/アプリケーションのインストール、
アクティベーションライセンス認証/セキュリティ設定/ブラウザ設定/セキュリティパッチの適用/ラベルの貼付等
多くの工程が必要となってしまいます。

  • 初期設定が複雑という悩み
    初期設定が
    複雑

  • 設定ミスや漏れが心配という悩み
    設定ミス/
    漏れ

  • 担当者の業務時間圧迫という悩み
    担当者の
    業務時間圧迫

Symantec Ghost Solution Suiteで解決!

短時間で
同一設定のパソコンの複製が可能に!

機能紹介

短時間で複数のパソコンを
一斉にクローニング

Ghost Solution Suiteは、マスターとなるパソコンやサーバーと同じ構成を展開するクローニングツールです。
1台単位もしくは、複数のパソコンやサーバーを同時にクローニングする事が可能です。

クローニング方法は、起動ディスクを使用する方法と、Ghostの管理画面を利用する方法(PXE機能、
またはGhostのエージェントを使用)がありマスターイメージはCDやDVD、パソコン、サーバー、HDD、フロッピー等に保存できます。

国内では、起動ディスクを使用するクローニング方法が非常に多く活用されており、
クローニングするパソコンには、Ghostのエージェントのインストール不要です。

※クローニングとは:あるコンピューターのマスター情報(設定・環境)を取得し、別のコンピューターに複製することです。
※エージェントとは:個々のクライアントでしかできないことのみを実行し、共通した機能は本体サーバー側などで担う仕組みを指します。
※PXEとは:Preboot eXecution Environmentの略称で、ネットワークを通じて遠隔でコンピュータを起動するネットワークブートの一種です。
 サーバ上のOSイメージを使用して起動することができます。

起動ディスクを使用したクローニングの例

資産管理・データ消去
(※Gdisk)

Ghostの管理コンソールで、社内パソコンの一元管理を実現します。

コンピューターの仕様やCPU、メモリサイズ、ディスクの空き容量、OSのセキュリティ更新プログラムが正常に
インストールされているかなどソフトウェア・ハードウェアイベントリ収集機能でネットワーク上のPCをチェックできます。

また、付属のGdisk(米国国防総省(DoD)準拠のツール)を使用することで、パソコン廃棄時に、
企業内部情報や個人情報を完全に削除します。

活用例

民間企業
民間企業での活用例

パソコンの新規導入時、OSやアプリケーションの導入時

自治体
自治体での活用例

大学・高校・中学などのパソコン室や、市町村の図書館など利用者が多数となる場合

PCキッティングセンター
PCキッティングセンターでの活用例

キッティングセンターにてクローニングツールの使用が増加

その他
その他インターネットカフェやビジネスホテルなどでの活用例

インターネットカフェやビジネスホテルなどのパソコンの一括購入時

PCの大量購入時セット
アップに時間がかかる…

PCの大量購入時の一括セットアップ

検証に使用するPCを毎回1回
ずつ設定しなければならない…

検証で使用するPCを一括設定一括復元

仕様

利用環境

サポート対象
GSS
インストール
Windows Server 2012/R2、Windows Server 2016
Windows Server 2019、Windows Server(1903、1909、2004、20H2)
WinPE 10(プリブート) 1703–2004/20H2
GSS SQL Server MS SQL 2012 /SP4、MS SQL 2014(x64)、MS SQL Express 2014、
MS SQL 2016 SP1/2 EE、MS SQL 2017
MS SQL 2019
GSS 
Client Agent
Windows 7/Embedded、Windows 8/8.1、Windows 10、Windows 10 LTSB 2016、LTSC 2019
Windows 10 1703–1903、1909/2004/20H2、Windows 2008/R2/SP2、Windows Server 2012/R2
Windows Server 2016/Core、Windows Server 2019 - 1909/2004/20H2
Red Hat 5.0–5.11、6.0–6.10、7.0–7.8、8.0–8.2、CentOS 5.0–5.11、6.0–6.10、7.0–7.8、8.0–8.2
SUSE 10–15 SP1/SP2、Debian 7.0/8.0/9.2/10、Ubuntu 10.04–20.04
Mac OS 10.10–10.14 (Agentのみ)

システム構成

1対1のクローニング

1対1のクローニングフロー

1対複数のクローニング

1対複数のクローニングフロー

よくある質問

  • 1タイムライセンスは購入できませんか?

    PCクライアント専用のワンタイムは購入可能です。サーバー専用のワンタイムライセンスは廃止となりました。

  • データセンターのイメージを展開し、E/Uへアプリケーションサーバーとしての提供を行いたいのですが、この場合のGhost ServerライセンスはE/U名義でなくても契約・利用できますか?

    通常のGhost ServerのSubsriptionライセンスでは、第3社利用の利用形態は認可されておりません。
    よって、ご質問の用途においてはGhost subscriptionでの展開は難しい内容となります。

  • ライセンスのカウント方法を教えてください。

    イメージを展開するパソコンの端末台数がライセンス数となります。マスターPCからの展開を行う場合、マスターPCも数量カウントに含める必要がございます。なお、ワンタイムライセンスでは、クローニングは、1Lにつき1回限りとなります。単一のライセンスを使用して複数のデバイスをイメージ化することはできません。

製品カタログ

製品カタログSymantec SELECTION
安心と安全を提供するセキュリティソリューションSymantec SELECTION
PDFをダウンロード

お問い合わせ