2020.07.06

【2020年8月4日(火)】Application Modernization最新状況と、Azure Red Hat OpenShiftを利用した開発手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

※本セミナーの投影資料は、最下部よりダウンロードできます。

日時

2020年08月04日(火)13:00~14:15(接続:12:30~)

セミナープログラム

12:30~13:00 Zoom接続開始

13:00~13:15 Agilityを実現するDXのための新しい開発手法
        ・コンテナの必要性とその背景
        ・これからのコンテナ基盤について

        SB C&S株式会社
        ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部
        テクニカルマーケティングセンター ビジネス開発課
        三ッ木 恒幸

13:15~13:55 Red Hat OpenShift Container Platformのご紹介
        ・OpenShift 概要とコアバリュー
        ・OpenShift導入事例

        レッドハット株式会社
        ソリューションアーキテクト
        小島 浩史 氏

        Azure Red Hat OpenShift のご紹介
        ・Microsoft のマネージドサービスとは?AROのご紹介
        ・ARO 4.3 デモを交えてご説明いたします

        日本マイクロソフト株式会社
        クラウドソリューションアーキテクト
        物江 修 氏

13:55~14:00 SB C&S 支援体制のご紹介

        SB C&S株式会社

14:00~14:15 Q&A

参加費

無料

対象

・SB C&S株式会社 販売パートナーさま
・開発や運用に携わる方
・コンテナ技術や関連製品にご興味をお持ちの方

主催

SB C&S株式会社

共催

レッドハット株式会社、日本マイクロソフト株式会社

備考

セミナーサイトの注意事項をご一読の上、お申し込みをお願いいたします。

資料のダウンロードはこちら


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。