2021.01.22

【2021年3月18日(木)】グローバル企業の約半数が導入している「データ仮想化」超入門~TIBCO Data Virtualizationで実現するアジャイルデータ活用~

何が起こるか分からない昨今、アジャイルにデータを活用する技術として「データ仮想化」が注目されています。
なぜ必要とされているのか?実際の顧客事例も交えて、1時間で「データ仮想化」技術の概要を紹介いたします。

日時

2021年3月18日(木) 15:00 ~ 16:30(Zoom接続開始:14:50~)

会場

Zoomにて開催

セミナープログラム

14:50 - 15:00  Zoom接続

15:00 - 15:05  ご挨拶 

        SB C&S株式会社
        ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部 統括部長
        荒川直樹

15:05 - 15:25 「データ仮想化はじめの一歩」

        なぜ今データ仮想化が大事なのか?企業の抱える課題をビジネスとテクノロジーの
        両側面から紐解いていきます。

        データ仮想化のことを知らない方のための入門セッションです。

        SB C&S株式会社
        ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部
        テクニカルマーケティングセンター ビジネス開発課 課長
        加藤 学

15:25 - 16:00 「御社のデータレイク/DWHを再活性化する TIBCO Data Virtualization」
        ~「データをためる箱を作ったのですが、結局使われていないんです」からのデータ活用 ~

        データ活用に本腰を入れるべく、多くの企業がデータレイク/データウェアハウス/データハブなどの
        データ統合基盤を構築していま
すが、実際には十分に活用されていないという課題をよく耳にします。
        本セミナーでは、データ仮想化、データ統合の領域でガートナー社やフォレスター社から
        リーダー認定を受けているデータ仮想化ソリ
ューション「TIBCOData Virtualization」によって
        データ仮想化によって既
存のデータ統合基盤がどのように強化され、再びユーザーに活用され
        ようになるのかを具体的な事例を交えてご紹介します。

        NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
        エバンジェリスト
        嶋田 貴夫 氏

16:00 - 16:30 アンケートご記入・Q&A

※プログラムは予告なく変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

参加費

無料

対象

以下のような課題をお持ちの方におすすめのセミナーです

  • データ仮想化にご興味のある方
  • データ仮想化についてお困りごとやお悩みを抱えている方
  • エンジニア・マネージャーの方
  • IT潮流にご興味のある営業・マーケティングの方

主催

SB C&S株式会社

共催

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

備考

※下記をご一読の上、お申し込みをお願いいたします。

■注意事項について
・お申し込み頂いた方には、ZoomリンクURLをお送りいたします。
 当日はそちらのリンクからアクセスをお願いいたします。
・提供する環境や通信環境等に予期せぬ不具合が発生するなどの場合には、
 予期せず開催日時を変更させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。