2018.02.05

【2月・ウェビナー】Kubernetesのエコシステムとその影響

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド、マイクロサービス、コンテナ、DevOps、等の登場でIT業界は大きな変化の時代を迎えてます。数少ない大手ITベンダがコントロールしてた時代から、大量のオープンソース系のベンダーがひしめく世界への変遷です。この混沌とした業界で、大きな求心力として登場したのがDockerとKubernetesです。特にKubernetesはクラウドネイティブな新OSとしての期待が強く、今後の動向に大きな関心が寄せられています。最近の動向とベンダーの動きをご紹介します。

Kubernetesのエコシステムとその影響

Kuberenetsは、Dockerコンテナ群をオーケストレーション(自動デプロイ、スケーリング、アプリ・コンテナの運用自動化)するためのオープンソースソフトウェアです。

現在、Linux Foundationの傘下にあるCNCF(Cloud Native Computing Foundation)が管理するオープンソースプロジェクトとなっています。
また2018年初頭の時点で、Kubernetesはコンテナオーケストレーションにおいてデファクトスタンダードと呼べる存在になっています。
今回のウェビナーでは、その背景と今後の流れ、Kubernetesエコシステムについて北米在住のクリエーションライン株式会社 取締役 鈴木逸平氏が最新情報を含めて解説いたします。

予定内容

  • Kubernetesとは?
  • Kubernetesのエコシステム
  • Q&A

開催概要

ウェビナー開催日:2018年2月21日(水)13:00~14:00
主催:クリエーションライン株式会社

詳細・お申し込みはこちら


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。