開催日 : 2021年12月9日(木)

第2回ローコード祭り~注目の3製品を一挙ご紹介~

「高速開発」と呼ばれる「ローコード(Low-Code)開発」は、世界的なトレンドとして現在急速に広がっております。ミック経済研究所によると、ローコード開発市場は2023年度に4560億円、年平均16.3%で成長と言われております。

しかし、一言でローコード開発といっても利用用途や目的によって製品はさまざまなため、「ローコードって聞くけど、製品の違いがよくわからない...」そんな方もいるのではないでしょうか。

本イベントでは、SB C&Sで取り扱いのあるローコード製品を3つピックアップし
それぞれの製品を余すことなくお伝えいたします。

ローコード祭り第2回目となる今回は
・kintone (サイボウズ株式会社)
・Unifinity (株式会社ユニフィニティー)
・Claris Filemaker (Claris International Inc.)
について各メーカーの担当者に解説いただきます。

製品ごとの特徴や得意領域について知ることのできる機会かと思いますので、
ぜひご参加ください!

日時

2021年12月9日(木)14:00~16:15(Zoom接続:13:50~)

セミナープログラム

13:50~14:00

Zoom接続開始

14:00~14:05

ご挨拶

ManabuKato_profile3.png

SB C&S株式会社
ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部
テクニカルフェロー

加藤学

14:05~14:30

Agileな時代のシステム開発のあり方

Agileとは、ローコードとは何なのか。 その背景とビジネス価値について、わかりやすく解説いたします。

三ッ木恒幸.png

SB C&S株式会社
ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部

三ッ木 恒幸

14:30~15:00

あなたの「その仕事」を改善するkintoneのご紹介

サイボウズのクラウドサービスkintoneについてご紹介いたします。日々の業務課題を解決しながらも、快適なコミュニケーションを実現します。あなたのチームの仕事が集まる場となるクラウドサービスです。
○チームの業務効率を上げていきたい 
○紙業務をデジタル化していきたい
という方はぜひご視聴ください。

サイボウズ岡山弘樹.png

サイボウズ株式会社
パートナー第1営業部

岡山 弘樹 氏

15:00~15:30

ノーコード・モバイルアプリ現場改善事例を一挙紹介

QRコードや位置情報などが利用できオフライン対応も可能な「現場で使えるアプリ」の便利な活用事例やデジタル化による効果をご紹介します。

Unifinity曽良.png

株式会社ユニフィニティー
代表取締役社長

曽良 俊介 氏

15:30~16:00

「パワフルなテクノロジーをすべての人へ ~ローコード開発プラットフォーム『Claris FileMaker』~」

ローコード開発への注目が急速に高まっていますが、Claris FileMaker はその以前より「パワフルなテクノロジーをすべての人へ」というビジョンのもと進化を続けてきました。今回はデモや国内でのお客さま事例もご紹介しながら世界中で高い評価を得ている理由をご覧に入れます。

Claris_Morimoto.png

Claris International Inc. 
Claris 法人営業本部 セールスエンジニア

森本 和明 氏

16:00~16:15

質疑応答&アンケート記入

対象

下記のうち、一つでも当てはまる方におすすめのウェビナーです。
・ローコード、ノーコード製品に興味がある
・社内外でDXやアジャイル開発を推進する役割がある
・業務システムの開発を担当している
・UI/UX、デザインに興味がある
・アプリケーションエンジニア

参加費

無料

定員

無制限

主催

SB C&S株式会社・サイボウズ株式会社・株式会社ユニフィニティー・Claris International Inc.

備考

※下記をご一読の上、お申し込みをお願いいたします。

■注意事項について
・ご参加いただく方へお申し込みいただいた際にZoomリンクURLをお送りいたします。
 当日はそちらのリンクからアクセスをお願いいたします。
・提供する環境や通信環境等に予期せぬ不具合が発生するなどの場合には、
 予期せず開催日時を変更させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。

お申し込み


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。