開催日 : 2024年2月1日(木)開催終了

DevSecOpsの新潮流!Red Hat OpenShiftとJFrogによる安全なソフトウェアサプライチェーンの実現【キニナルDevOps講座 vol.11】

※セッション資料・アーカイブ動画を後日公開予定です。


このセミナーでは、ソフトウェアサプライチェーンの安全性を確保するためのツールとして Red Hat OpenShiftとJFrogの活用法について解説します。​

セッションでは、DevSecOpsやソフトウェアサプライチェーンの効率化・適用方法やOpenShiftとJFrogを活用したソリューションをレッドハット株式会社 石川様・JFrog Japan株式会社 浦底様よりご紹介いたします。​
既存のRed HatユーザーとJFrogユーザーやDevSecOps、ソフトウェアサプライチェーンについてまだ知識が浅い方々にも、新たな開発プロセスやシフトレフトの手法、セキュリティ強化について理解を深めていただけます。

日時

2024年2月1日(木)14:00~15:00(Zoom接続:13:50~)

セミナープログラム

13:50~14:00

Zoom接続開始

14:00~14:05

開催挨拶、ウェビナー諸注意事項説明

14:05~14:30

Red Hat + JFrog で実現するセキュアなアプリケーション / コンテナプラットフォーム

アプリケーションの迅速な開発や効率的な運用を求めて、多くの企業でコンテナの導入が進められていますが、そのセキュリティについては十分な対策を実施できていないケースも少なくありません。本セッションではRed Hat OpenShiftとJFrogの製品群を組み合わせることで、どのように包括的なコンテナセキュリティを実現し、高速で安全なアプリ開発を可能にするかご紹介します。

junpei_ishikawa.jpg

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部クラウドソリューションアーキテクト部
Specialist Solution Architect

石川 純平

14:30~14:55

JFrog Platform 最新セキュリティソリューション

コンテナ/クラウドネイティブなソフトウェアサプライチェーン全体のセキュリティを担保するJFrog Platformの最新機能をご紹介します。

jfrog_sokop.jpg

JFrog Japan 株式会社

DevOps Acceleration Senior Solution Engineer

浦底 "SokoP" 博幸

14:55~15:00

質疑応答&アンケート記入

対象

こんな方におすすめ!
・DevSecOps、ソフトウェアサプライチェーンの実現に取り組みたい方、興味がある方​
・ソフトウェア開発におけるシフトレフトに興味がある方
・Red Hat OpenShift・JFrogに興味がある方、具体的な利用方法を知りたい方

参加費

無料

定員

無制限

主催

SB C&S株式会社

備考

※下記をご一読の上、お申し込みをお願いいたします。

■注意事項について
・お申し込みいただいた際に、ご登録いただいたメールアドレスへZoomの事前登録URLをお送りいたします。
 お手数ですが、事前登録につきましてもいただけますと幸いです。
・提供する環境や通信環境等に予期せぬ不具合が発生するなどの場合には、
 予期せず開催日時を変更させていただく可能性がございます。あらかじめご了承ください。
・同業他社、および個人の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。


DevOps Hubのアカウントをフォローして
更新情報を受け取る

  • Like on Feedly
    follow us in feedly

本イベントの受付は
終了いたしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

DevOpsに関することなら
お気軽にご相談ください。

Facebook、TwitterでDevOpsに関する
情報配信を行っています。