お問い合わせ

エンバーポイント株式会社 さま

グローバル組織から独立後、エンドポイントセキュリティーの
新たな基盤をVMware Carbon Black Cloud で短期構築

  • NS
  • セキュリティー強化
  • セキュリティー

課題と導入理由

圧倒的な配信性能を誇るメール配信プラットフォーム「MailPublisher」によって、多くの企業のマーケティング活動を支援するエンバーポイント株式会社。同社は2019年11月にグローバルな組織体制から独立したことに伴い、セキュリティーを含む IT インフラ全般の再構築を急ピッチで進めていました。その中でエンドポイントセキュリティーの強化に向けて、VMware Carbon Black Cloud を採用。次世代アンチウイルスと EDR によるサイバー攻撃への迅速な対処と同時に、限られた人員での効率的な運用管理を実現しています。

導入ソリューション

VMware Carbon Black Cloud
きわめて高度な脅威にも対抗できる次世代アンチウィルスと EDR 機能を備えたクラウドセキュリティーソリューション

導入効果

導入前の課題
  • グローバル組織からの独立に伴う新たなセキュリティー基盤の構築
  • 高度化するサイバー攻撃への迅速な対処、効率的な運用体制
  • リモートからでも機敏に対応できるエンドポイントセキュリティーの実現
導入後の効果
  • 業務への影響を最小限に抑えた短期導入と安定稼働
  • インシデント発生時の迅速な対処と容易な追跡調査
  • 脅威の侵入を検知後、リモートからエンドポイントを隔離し、被害の拡大を防止
  • 分かりやすい管理コンソールを使用した効率的な運用体制

お客様の声

「国内の従業員向けの IT サービスや全社のセキュリティー対策などは、クラウドサービスと外部のリソースを活用しながら情報システム部門が責任を担っています。独立後は一定期間、グローバルからの支援が得られるものの、いずれは自前の管理に移行する必要があります。これらを限られた人員で行うためには、セキュリティーを含めた広範な IT インフラを抜本的に見直す必要がありました」

「Carbon Black Cloud の大きなメリットとして、中小規模の組織でも高度なセキュリティー対策を実施できる点があります。オンプレミスの管理サーバーが不要な SaaS 型の製品であることも、その 1 つです。また、導入支援やマネージドサービスなど、国内でのサポートが手厚いことも採用の決め手となりました」

エンバーポイント株式会社 執行役員 最高情報セキュリティ責任者 山下 英樹 氏

エンバーポイント株式会社
執行役員
最高情報セキュリティ責任者
山下 英樹 氏

*所属・役職等は、取材当時のものです。

社名エンバーポイント株式会社
所在地東京都千代田区有楽町1-7-1
設立1999年12月
資本金1億円
事業内容「MailPublisher」を使った企業のメールマーケティングの総合的な支援、およびコンサルティング業務
URLhttps://emberpoint.com/
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。