お問い合わせ

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス さま

VMware Carbon Black Cloud を導入し、
エンドポイントセキュリティーの高度な基盤を確立
SOC のサポートによって、社内の運用負荷も軽減

  • NS
  • セキュリティー強化
  • セキュリティー

課題と導入理由

需要が高まるキャッシュレス決済インフラのプロバイダーとして成長を続ける株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス。セキュリティーの強化を重要な経営課題として位置付ける同社では、従来のアンチウイルス製品では難しい未知のサイバー攻撃の検知と迅速な対処に向けて、次世代アンチウイルスと EDR の機能を搭載した VMware Carbon Black Cloud Endpoint を導入。エンドポイントセキュリティーの強化を図ると同時に、24 時間体制でエンドポイントを監視する SOC(Security Operation Center) サービスを活用することで、社内のセキュリティー運用の負荷を大幅に軽減しています。

導入ソリューション

VMware Carbon Black Cloud
きわめて高度な脅威にも対抗できる次世代アンチウィルスと EDR 機能を備えたクラウドセキュリティーソリューション

導入効果

導入前の課題
  • アンチウイルスをすり抜ける脅威の検知
  • ファイルレス攻撃など新たな脅威への対処
  • リモート環境におけるセキュリティーの運用管理
  • 社内のセキュリティー運用の負荷軽減
導入後の効果
  • 多層防御によるエンドポイントセキュリティーの強化
  • ウイルス検知時の対応工数の削減
  • SOC のサポートによる社内の負荷軽減

お客様の声

「新たな製品を検討する中で、ネットワークの入口で脅威の侵入を防ぐ従来型の EPP の機能だけでなく、ゼロトラストを前提に侵入後の攻撃を検知するEDRの機能も実装するべきとの判断に至りました」

「SOC サービスの内容が充実しており、運用負荷の大幅な軽減が見込める点は大きなポイントでした。私が以前の職場で EDR 製品を導入した経験から、現在のリソースでは SOC がなければ運用面で負荷が増大するのではないかという懸念がありました。この SOC サービスにはプロキシやファイアウォールの活用のほか、ネットワークセキュリティー全般のサポートも含まれていました」

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス技術推進部 情報システムグループ グループマネージャー冨永 博幸 氏

株式会社トランザクション・
メディア・ネットワークス
技術推進部
情報システムグループ
グループマネージャー
冨永 博幸 氏

「運用の中で攻撃のすり抜けや、ファイルレス攻撃など新たな脅威への対策が課題となっておりました。」

「SOC から報告されるレポートを見ても、ファイルレス攻撃は確実にブロックできており、現在まで緊急度の高いインシデントは発生していません。従来のアンチウイルス製品では難しかった脅威に対する多層防御が実現し、エンドポイントセキュリティーは飛躍的に向上しています」

株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス 技術推進部 情報システムグループ  小清水 司 氏

株式会社トランザクション・
メディア・ネットワークス
技術推進部
情報システムグループ
小清水 司 氏

*所属・役職等は、取材当時のものです。

社名株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス
所在地東京都中央区日本橋2-11-2 太陽生命日本橋ビル
設立2008年3月
資本金30億5,341万5,000円
従業員数278名(2021年4月1日現在)
事業内容電子決済に関連する決済インフラの提供
URLhttps://www.tm-nets.com/
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。