拡張性を重視しすぎたネットワーク、
もしかして・・・!?
マルウェアに感染したら・・・ どうしよう!!

拡張性を重視しすぎたネットワーク、もしかして・・・!?マルウェアに感染したら・・・どうしよう!! 拡張性を重視しすぎたネットワーク、もしかして・・・!?マルウェアに感染したら・・・どうしよう!!

機器設置スペースの不足などに起因して、
サーバーとOA環境が同一のネットワークに
接続されていませんか?

万が一の場合、
取り返しのつかない
重要なデータの漏えいや損失
に繋がる
リスクが高いため、
早急な改善が必要です。

サーバーとOAを同じネットワークに配置

OA/サーバー環境の分割は、
NSX Edge にお任せ!

OA環境とサーバーを分離することで、
万が一の事態が発生したときも、
重要なデータの漏えいや損失を防ぐことができます。

サーバーのネットワークをNSX Edge で分離
安全、高効率、コンパクトな
サーバー環境を
お求めやすいNSXライセンスで実現できます!

NSX Edge は、サーバー1台から
活用できる
NSXソリューションです。

NSX Edgeは、サーバー1台から活用できるNSXソリューションの図

最も低価格なStandardライセンスで、基本的な機能が利用可能に。

  • ファイアウォール、NAT、ルーター、DHCPが利用可能。
  • 上位ライセンスの Professional では L2/L3 VPN、さらに上位のAdvanceではロードバランサーも

追加コスト無しで複数台の構成を実現。

  • NSXのライセンス価格は物理サーバーのCPU数で決定。 NSX Edge 増設は追加コスト不要
  • 最大2,000台まで利用可能(※ 2018年7月現在 バージョン6.4)

VMwareの一貫したサポートなど、ほかのネットワークアプライアンスには無い特長を保持。

  • 冗長構成の組み易さ(ごく簡単な操作を行うだけで Active/Standby 構成が可能)
  • 仮想サーバー部分を含むVMwareの一貫したサポート(問い合わせ窓口は単一)
  • 柔軟な性能変更、スケールアップ/ダウン可。Compact(1vCPU、512MB RAM)から、X-large (6vCPU、8GB RAM)まで

お問い合わせはこちら

関連記事

小規模でこそ見落としがちな、サーバ仮想化の次のステップ

お客さまのICT環境の最適化を推進して運用管理の課題を解決

サーバ仮想化の次に取り組むこと、仮想マシンが無防備のままでは?インターネットの境界部分でセキュリティを強化していても、内部は「スカスカ」という無防備なサーバネットワークが多い。しかし近年の脅威は、このような構成では素早く拡散してしまう。サーバを仮想化し、集約したら、次はネットワークを「内部から」も保護することが重要だ。どうすればシンプルに実現できるだろうか。(ITmedia様 @IT Special 記事より抜粋)

記事を読む

さらにNSXについて知りたい方へSB C&SはNSXの活用に関連した
ソリューションをご紹介しています。

仮想化環境に潜むセキュリティーリスクを最小化

中堅・中小企業でも導入しやすいコンパクトなHCI

VMware NSX + Trend Micro Deep Securityで実現できる
マイクロセグメンテーション
NSXとDeep Securityを組み合わせれば、仮想化環境のセキュリティーリスクの最小化が可能です。例えウイルスの侵入を許しても、封じ込めることで被害を最小限に抑えるダメージコントロールの仕組みを提供します。

ソリューションを見る

NSX Edge の活用ならSB C&S
ご相談ください

お問い合わせはこちら

※製品名およびサービス名等は、各社の登録商標となります。