お問い合わせ

VMware Cloud on AWS

オンプレミスの vSphere 環境を AWS クラウドに拡張してシームレスなハイブリッド クラウドを実現できます。

  • VMC
  • 仮想化見直し
  • プラットフォーム
  • 統合管理

VMware Cloud on AWS の製品概要

VMware Cloud on AWS とは

VMware Cloud on AWS は、VMware の SDDC ソフトウェア(VMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSX-Tなど)を AWS クラウドで利用できるようにし、AWS の各サービスにも容易にアクセスできるようになります。VMware Cloud on AWS は、VMware Cloud Foundation を基盤とし、VMware の仮想化製品と VMware vCenter による管理機能が統合され AWS インフラストラクチャーの専用ベアメタル上で稼働するように最適化されています。

導入メリット

オンプレミスとクラウドで同一のアーキテクチャーと一貫性のある運用環境を使用できるため、VMware と AWS のハイブリッド クラウド環境を使用したビジネス価値をすぐに生み出すことができます。

あらゆる規模のクラウドへの移行を簡素化

個別のアプリケーションからデータセンター全体まで、仮想マシンの台数に関係なくライブ マイグレーションが可能です。

作業のやり直しをなくし、リスクを低減

一貫性のあるインフラストラクチャーと管理機能が使用できるため、既存の投資を活かして、パブリッククラウドの統合が可能になります。

アプリケーションのモダナイゼーション

クラウド環境向けに最適化されたインフラストラクチャーとサービスを活用して、エンタープライズ アプリケーションの価値を高めることができます。

パフォーマンスの最適化

VMware Cloud on AWS では、SDDC の状態に合わせて最適な利用率が維持されるようにホストの追加や削除を自動化できる Elastic DRS を使用できます。ホストの追加や削除は数分で完了できるため、サービスを迅速に展開にさせることができます。

VMware Cloud on AWSの特長

世界をリードする AWS のパブリック クラウドを活用して、vSphere ベースのアプリケーションのモダナイゼーション、保護、拡張を行える、ただひとつのハイブリッド クラウド ソリューションです。

VMware Cloud on AWSの特長の画像

エンタープライズクラスの機能

  • 最新の AWS Nitro System をベースにした柔軟な Amazon EC2 ベアメタル インフラストラクチャーで VMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSX-T による SDDC サービスを稼動し、予測可能な高パフォーマンスのコンピューティング、ストレージ、ネットワークを実現します。
  • VMware vSphere HA、Elastic DRS、障害時の自動ホスト交換、インフラストラクチャーの高可用性(ゼロ RPO)を実現するストレッチクラスタなど、サービスに直接組み込まれた機能を通して、アプリケーションの連続稼動時間を確保します。
  • 動的なポリシーベースの VMware NSX-T によるマイクロセグメンテーションと分散ファイアウォールにより、水平方向への脅威の拡散を阻止します。
  • VMware vSAN によるソフトウェアベースの暗号化によってすべての保存データを保護します。

シンプルで一貫性のある運用

  • 使い慣れた VMware による運用環境をそのまま利用できるだけでなく、VMware Cloud on AWS との連携が検証されている幅広いサードパーティーのテクノロジー ソリューションプロバイダーも利用可能です。
  • VMware vCenter Server を利用して、オンプレミスと VMware Cloud on AWS 双方のリソースを単一のインベントリビューで管理できます。

柔軟な利用形態

  • 1 時間単位のオンデマンド利用が可能です。1 年と 3 年の予約モデルを活用すると割引率が優遇されます。
  • VMware による SDDC 環境全体を 2 時間でプロビジョニングしてすぐに使用を開始できます。
  • ホストの追加や削除が数分で完了します。また Elastic DRS を使用することで、最適な利用率が維持されるようにホストの追加と削除を自動化することもできます。

使い慣れたシームレスな環境

  • 既存のスキル、ツール、プロセスと使い慣れた VMware のソリューションを活用することで、移行や拡張、保護の実行時における、運用上のオーバーヘッドを低減してクラウド戦略を迅速に実現します。

コスト削減

  • 柔軟な利用オプションと無駄な投資を防ぐさまざま機能を活用することで、ビジネスニーズに合わせてコストを柔軟に調整できます。

充実のサポート

  • 問題の種類にかかわらないワンストップのサポート窓口を提供します。
  • インフラストラクチャーのパッチ適用とアップグレードは VMware とそのパートナーに任せられるので、ユーザーはアプリケーションの展開に注力できます。
  • パフォーマンス、可用性、拡張性のすべてについてリソース要件の厳しいアプリケーションの運用がインフラストラクチャーで可能となるため、開発チームはビジネス要件の実現に専念できます。

VMware Cloud on AWSのユースケース

クラウドへの迅速な移行

VMware Cloud on AWS は、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドの両方で、VMware Cloud Foundation をベースにした共通のクラウドインフラストラクチャーを使用できます。これにより、企業は AWS クラウドへのミッションクリティカルな本番ワークロードの大規模な移行を、ワークロードの変換や再設計をすることなく簡単かつ迅速に実行できます。
VMware Cloud on AWS では、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドとの間で vSphere vMotion を使用することで、一貫性のあるポリシーに従い、アプリケーションの双方向へのシームレスな移行を実現します。

サービスとしての災害復旧を提供

VMware Cloud on AWS では、AWS クラウドベースのサービスとしての災害対策 (DRaaS) 機能で既存の VMware ベースの DR ソリューションを強化することで、既存の災害対策ソリューションを簡素化、加速、刷新できます。信頼と実績のある VMware の DR テクノロジー (VMware Site Recovery Manager (SRM) や vSphere Replication など) と、AWS クラウドの大規模なスケーラビリティー、可用性、スピード、コストの利点を組み合わせることで、災害対策と DR テストに関して、コスト削減、運用の簡素化、迅速な保護を実現できます。

データセンターの拡張

VMware Cloud on AWS では、AWS クラウドの大規模な拡張性と世界規模での展開を利用して、データセンターのキャパシティーやリージョン別のフットプリントの拡大に対する需要に迅速かつシームレス、かつコスト効率の良い方法で対応できます。一貫性のあるクラウドインフラストラクチャーのプラットフォーム (エンタープライズ規模の VMware Cloud Foundation、次世代の Amazon EC2 ベアメタルインフラストラクチャー、安全性とパフォーマンスに優れた AWS Direct Connect プライベートネットワーク接続) により、オンプレミスのデータセンターのワークロードを AWS クラウドが提供する大規模なキャパシティーを使用して簡単かつ確実に拡張し、ビジネスの拡大と成長のためのニーズに対応できます。

アプリケーションを最新化する

Amazon S3 のような AWS サービスを活用し、統合型アプリケーションの最新化を行い、エンタープライズアプリケーションの価値を向上させます。新世代および次世代のアプリケーションの構築、あるいは、ハイブリッドアプリケーションを設計するための戦略を構築できます。

VMware Cloud on AWSのライセンス

VMware Cloud on AWSは、VMware の強力な SDDC ソリューションや仮想化機能とAWS の専用ベアメタルサーバーを組み合わせた、シンプルかつ柔軟なオプションを提供します。ホスト単位で契約できるため、低コストでハイブリッド・クラウド環境の構築が可能です。

※ライセンスの価格については、SB C&Sまでお問い合わせください。

プロダクションライセンスに含まれるもの
VMware SDDC ソフトウェア VMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSX-T、VMware vCenter Server、VMware HCX
AWS 基盤 専用の Amazon EC2 ベアメタルインスタンス
可用性と品質 高可用性(HA)とストレッチクラスター
サービスレベルアグリーメント(SLA)
メンテナンス VMware によるライフサイクル管理
(アップデート、パッチとアップグレード)
サポート体制 VMware グローバルサポート
オプション VMware Site Recovery
関連情報
さらに表示する

VMware製品、販売についての資料・お問い合わせ VMware製品、販売パートナー制度に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にご相談ください。